トップページ | 2006年8月 »

百観音の献灯会

中野区に住んで10年以上になるが、
まだ知らない所がたくさんある。

沼袋の百観音もそのひとつだった。

正式には、明治寺百観音

明治45年、
明治天皇の病気の回復を祈念して建立されたというから、
歴史はそんなに古くない。

西国や秩父など100か所の霊場札所の
ご本尊を模したという観音様の石像が境内に176体あるそうだ。

毎年7月最後の日曜の夜に、
その観音像に蝋燭をお供えする献灯会が行われる。

そういうおまつりがあることは、この10年間、
何気なく気がついてはいたのだが、
どういうわけか今年にかぎり、強く心が揺さぶられた。

献灯会は午後9時までだが、
家族が揃ったときにはすでに8時半。

観音様が呼んでいる。急がなきゃ、急がなきゃ。。。

初めて足を踏み入れて、驚いた。
本当にたくさんの観音様。

暗闇の中で、ゆらゆらと
蝋燭の柔らかい灯りに浮かぶ観音様たち。
厳かというよりは、幻想的である。

ひとつひとつの観音様、
ポーズも顔も、大きさも、向いている方向も違う。
どこからどうやって運んだのだろう、
奇岩の上に立っていたり、
洞窟のなかにひっそり佇む観音様もいる。
思い思いに、でもみんな優しいお顔。

500円で蝋燭を買い、自分の好きな観音様に供える。
観音様の人気投票みたい。

若者のグループが、おちゃらけながら
自分の観音様を選んでいる。
心がうつくしければ、表現方法なんて
少々ふざけてたっていいのよ。
若いってそういうもの。そんなことも許される雰囲気。
寛容なんだな。

蝋燭の灯りに浮かぶ人々の顔も、観音様のように優しい。

子どもを抱いた観音様には、ひときわたくさんの蝋燭が。
親から愛情を得られず、ひどい仕打ちで亡くなった子どもや、
夏休み、楽しいはずの海や川で、
思いがけず事故に遭い命を落とした子どもたち。
天国で楽しい暮らしができますように。。。

観音様、どうして今年は私を呼んでくれたのでしょう。
きっと意味があるにちがいない。

試練は多いけれど、心は強く温かくして進んでいこう。
そう思いながら、自宅へと自転車のペダルを踏んだ。

椿山課長の7日間

「椿山課長の七日間 」浅田次郎著(朝日文庫)

デパートに勤める椿山課長、46歳が突然死。。。

って、私と同じ歳じゃん。
他人事って気がしない。
新年早々、ひとつ下の従妹が白血病で、
同級生が肺がんで亡くなったから、
ああ、もう死は隣り合わせのところまで来てるんだなって感じた。

でも、今はまだどんなことがあっても死ねない。
家族も会社も、おいて死ねるところまでは成長していないから。

椿山課長も、このまま死ねないって思ったから、
7日間だけ女性に姿を変えて、現世に戻してもらった。

そこで初めて知る、妻、息子、父、部下、
かつての女友達の真実。
切な~い現実を突きつけられる。

人マチガイで暗殺されたやくざの組長と、
交通事故で亡くなった裕福な家の小学生の男の子も、
とき同じくして現世へ戻り、辛く感動的な真実を知る。
そして絡み合うストーリー。

う、う、う、、、、泣ける。

浅田次郎の小説って、本当に琴線に触れる。
辛く哀しい話が多いけれど、

いつも最後は救いがある。

「天国まで百マイル」や「地下鉄(メトロ)に乗って」
短編では、「姫椿」に入ってる「シエ」が好き。

歴史物よりは家族物が好きだな。

叙々苑で焼肉

叙々苑六本木本店に、経営者仲間が集合。
皆、業績も好調のようで、話題も顔も明るい。

集まったメンバーは、
年代でいえば30代~60代の男女15人。
業種でいえば、IT、不動産、保険、食品メーカー・・・
と実にさまざま。
皆、経営者団体の仲間で、
春の合宿を企画から運営まで支えてくれたメンバーだ。

この日のリーダーは、
ホテルに店舗をもつ毛皮会社のセレブC社長。
30代前半、責任感溢れ、頼もしく、しかも可愛い。
大人の女性に可愛いは失礼かもしれないが、
本当にとてもチャーミングなんだもん。

若手起業家と六本木で食事会、なんていうと世間では、
お金に執着したゴーマンでバブリーな集まりを
想像されるかも。
でもこの仲間は、とても優しい人たち。

いつも、社員のことやお客さんのことや、
家族のことや仲間のことを考え、
そのためなら一肌もふた肌も厭わずぬいじゃう人たちだ。
一緒にいると、心が温かくなる。

叙々苑は、オープンして30年。
芸能人が多いことでも有名だ。この日もTVで見慣れた顔が。
たまたま知り合いの人がいたので、
最後の記念撮影に飛び入り参加してくれた。

お肉が分厚くて、サラダなどサイドメニューも美味しい。
最近嗜好が淡白になってきたが、
やっぱり焼肉は美味しいし、何より元気が出るね。

皇居を見ながらビール!

わが社の会計顧問の先生の事務所は、
皇居のお堀に面した丸の内のビル。

大きな窓から見る皇居の緑は、
大都会の真ん中とは思えない贅沢なシチュエーション。

そのビルの屋上では、1年に1日だけ、
特設ビヤガーデンが開催されます。
入れるのはビルのテナントと、その関係者のみ。
昨年は都合が悪く参加できなかったので、
今年は一目皇居を上から拝見しようとお邪魔しました。
通常は屋上は立入禁止、ちょっとでも人影が見えたら、
宮内庁からすぐ警告の電話がかかるんだそうです。

上から見ると、皇居は広い~。
わが社の側にある赤坂御所についていつも、
こんな広い場所が青山と赤坂の真ん中にあるなんて~、
と思うけれど、
天皇陛下のいらっしゃる場所はその比ではありませんね。

しかし、当然ながら、お住まいは森の中で
屋根すら見えません。

見えるのは宮内庁の建物と、
年賀でご一家が手を振るときにお立ちになる建物の屋根のみ。

あとは深い深ーい森なのです。

梅雨明けやらぬ曇り空でしたが、
皇居をぐるり取り囲んだ高層ビルが
チカチカとしはじめる夕暮れどきには、
皇居の庭にオレンジの街灯がともります。

湿度の高い風が頬を撫で、
ポツリと雨のしずくを感じたので、早々に退散いたしました。

トップページ | 2006年8月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ