« 穏やかな週末 | トップページ | 茶藝館閉店します »

女は強い?犬の話です

犬の話は厳禁!と娘に言い渡されているのだが。
でも書いちゃう。

我が家のペットはルルという名の小さなポメラニアン。
大人しくてキュート、体重が2kgくらいの雌である。

やってきたのは8年前。
当時我が家にはアルデミスという5歳のハンサムボーイがいた。
ちなみにアルデミスの由来は
「美少女戦士セーラームーン」と行動を共にする猫の名前。
アルが来たころはセーラームーンが
家中に溢れていた時代なのである。

アルはとにかく人にも犬にも懐こくて、
相手が自分の20倍のレトリバーでも抱きついちゃう。
大型犬に無視されて、キャイーンと鳴くさまは哀れを誘う。
一匹だけではかわいそうになって、
そろそろお嫁さんでも連れてこようかなと思っていた矢先、
歌舞伎町の場末のペットショップで
目が合ってしまったのがルルである。

フローレンスなんちゃらという血統名で
仔狐のような顔した、名前の通り愛らしい娘であったが、
生まれて既に8ヶ月近く経ち
いわばトウがたって最終処分値段になっていたのだ。

ペットショップのおばさん、売らんがために、
この仔の母親は超美犬で200万位するのよ、
その仔がこの値段なんて破格なのよ、なんて言ってたが、
抱き上げた犬は
早く私をこの因業婆から助け出して
と眼で訴えるのである。

かくしてお嫁さんとしてやってきたルル。
しかし、年が離れすぎたのか、哀れアルは
ルルに夫として迎え入れられることなく、
単なるふとんとおもちゃがわり。

それでもアルは、ルルが怒られるときには
ウウッとうなって守ってみせたり
嫌がってるのに全身舐めまわしてやったり。
若い嫁に尽くした心労がたたったか
哀れアルは9歳の誕生日を目前に
吐血して早死にしてしまった。

そこからはルルの天下。
ルルがいたからペットロスにもならずにすんだ。
家中の愛情を独り占め。

アルと違って、一匹で寂しいという感じではない。
むしろ、家族の愛を奪うライバルがきたら
ストレスで死んじゃうんじゃないかしら。

最近は食欲も増えて、
ますます元気でかわいい。
やっぱり犬の世界も、女の方が強い!?

« 穏やかな週末 | トップページ | 茶藝館閉店します »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ルル、かわいいんでしょうね。
アルも天国で元気にしていてくれたら
うれしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 穏やかな週末 | トップページ | 茶藝館閉店します »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ