« お茶漬けの日々・・・ | トップページ | 台湾に来ています »

アロエの花が咲いたよ

我が家の狭い敷地の中にも、
植物がいろいろ勝手に生えている。
その中でももっとも繁殖しているのは「アロエ」

空から見たら、畳1畳分くらいに広がっているが、
実は小さな発泡スチロールの箱がアロエのおうち。

このアロエの故郷は萩の家。
トゲトゲの葉っぱの皮をむくと、
ゼリーのようなみずみずしい果肉。

物心ついたときには、やけどにペタンと貼られたり、
胃が悪いときに母が飲んだりしていた。

そのアロエ、ポキンと折られて、
横浜の兄の家のベランダに植えられた。
そのアロエをまたポキンと折って、
我が家の発泡スチロールに挿したのも、もう20年位前のこと。

植え替えもせず、炎天下に水もやらず、
放置していたらどんどん大きくなっていった。

そして一昨年のこと、突然にょきにょきと
ヘビが天を仰ぐような形のつぼみが登場!
鎌首のようなかたまりがひとつひとつほぐれて、
血を流すような赤い花が咲いていく・・・

種の保存の危機を感じると、
生物は生命を残す行動に出ると聞いたことがある。
子どものころからアロエがあったが、花を見たことはない。
これは狭い箱の中で巨大な身体になってしまった
アロエの断末魔の叫び!?
ひょえ~~~こわい~~・・・

以来毎年この季節になると、アロエの花のつぼみが登場。
今年はついに10本も。
気持ち悪いと思った花も、かわいらしく思えてきた。

インターネットでアロエを調べてみると
ある程度大きくなって、日当たりがいいと花がつくらしい。
しかも、最高気温が30℃前後になったら
40~50日間水を与えないほうがよいと書いてある。
実はあんた、居心地がよかったんか???

近所の人が、一枝下さいと、アロエをポキンともいでった。

さてこのアロエ、根本は一株しかないのに、
もはや植え替えは不可能なほど巨大になった。
これからどうすればよいだろう、と途方にくれながら
毎日つぼみを数えている。

« お茶漬けの日々・・・ | トップページ | 台湾に来ています »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

アー、見たいです。

ずっと以前に、確かにアロエの花、見た事があります。
かつて薬として口に含んだアロエは、青汁以上の苦味と青臭さの記憶でしたが、市販のヨーグルトに入った角切りはまるでナタデココ。種類が違うのか加工法なのか、まったく異なる食物と化していて不思議です。

いつも思うのですが、文章のリズム感が格別で心地よく読ませていただいています。音読したいくらいです。

※TBはしばらく止められた方がよいかもしれませんね。

アテナさん
今夜数えたら、11本になってました!今度写真に撮りますね。

kaoru1107さん
よく見かけるのはキダチアロエ、ヨーグルトに入っているのはアロエベラという種類みたいですよ。一家に一鉢、アロエは最もポピュラーな民間療法のひとつですね。
TBほんと困りますね。

以前資生堂の名誉会長の福原義春さんに「人からもらった胡蝶蘭の越冬に成功して6つ花が咲きました」といったら、「あれは自転車の運転と同じで一度覚えてしまうと後は簡単です」といわれたことがあります。福原さんは全日本蘭協会の会長さんです。こつをつかめばいいと言うことでね。
アロエも同じですね。

我が家のアロエも放置状態にも拘わらず子供の苗がたくさん付いているんです。それらをもぎって他の鉢に植えたんですが、もう植える場所が無くて最近は放置放置!確かに毎年アロエの花が綺麗に咲きますね!
今度は食用アロエを育てます!

のっつあんさん、胡蝶蘭の越冬はすごい!
コツってなんですか?
アロエの場合は放置がコツみたい。

キョンキョン士さんちはバナナもあるし、菜園もあるし。肉さえやめれば、自給自足ももうすぐですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135438/4095029

この記事へのトラックバック一覧です: アロエの花が咲いたよ:

« お茶漬けの日々・・・ | トップページ | 台湾に来ています »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ