« 映画-フラガール/パフューム/ドリームガールズ | トップページ | 犬の気持ち »

映画-ハッピーフィート

「ハッピーフィート」

私の大すきな、皇帝ペンギン。
地球上で最も過酷な運命を背負った動物といわれている。

卵を産んだらまもなく、母ペンギンはエサを探しに外洋に出る。
その間お腹の下に卵を抱え込んで、
おしくらまんじゅうのように集まってブリザードを耐える父親。
卵から孵った子どもペンギンを育てる保育園。
なんだかとっても不思議で美しい動物。

映画「皇帝ペンギン」ではその生態が
悲しいほど美しく神々しく表現されていました。
そしてこの「ハッピーフィート」は・・・

なんじゃこりゃー、ってストーリー展開。

パパの育児(育卵)の失敗のせいか、
できそこないのマンブル君は、
皇帝ペンギン社会で異端児扱い。
失意のうちに旅に出る。

でも旅先で出会った陽気なアデリーペンギンたちは
マンブル君の個性を認め、尊敬してくれる。
元気と勇気を得たマンブル君
ペンギン社会を脅かす何者かの存在を究明しに、
仲間たちとさらなる旅にでるのである。

南極という白と青だけの舞台で
無数のペンギンが歌って踊るなんて
壮大な絵柄はアニメならでは。

« 映画-フラガール/パフューム/ドリームガールズ | トップページ | 犬の気持ち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画-フラガール/パフューム/ドリームガールズ | トップページ | 犬の気持ち »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ