« 映画-プレステージ | トップページ | カラスとの闘い »

池袋で日本酒を学ぶ

最近は上等なお酒を飲むことに決めている。
上等とは、いい素材を使い、丁寧に作り、
不純物が混じっていないお酒。
安かろう悪かろうは飲まないことにした。

美味しいお酒に巡りあえると幸福に満ちるし
翌日の目覚めも気分がちがう。
しかし、高ければおいしいかと言うと、
必ずしもそういうわけでもない。

美味しいお酒を見分けるにはどうすればいいのか。
まずは知る事が大事。正しい酒呑を目指そうと、
社内でponshu会を開催。テーマは「日本酒を学ぶ」。
(飲むための口実!?)

しかし不肖私、生まれてこの方、
反省する程酒呑みだと思うが
残念ながらウンチクはない。そこで高崎から、
私の酒呑師匠であるアサヒ商会の広瀬社長をお招き。

会場は、池袋、坐唯杏(zaian)
広瀬社長曰く、普通の食材を高級料理にする天才の店。
どれどれ好物、自家製の〆鯖をいただくと・・・
んー、美味しくて鳥肌がたった。

飲んだお酒の数々。

まずは秋鹿酒造の「霙もよう」
発泡性のにごり酒。にごりも発泡も目がない私。

同じ秋鹿の「へのへのもへじ」
自分ちの田んぼの山田錦で作ったお酒。
つまり酒蔵が、お米から作るのである。

次は「るみ子のスッピン」(森喜酒造)!
と師匠はいうが残念ながら在庫なく、
代打で「妙の華」を冷とぬる燗で。
同じお酒も、温度で風味ががらりと変わる。

そろそろ新潟が登場、「鶴齢」(青木酒造)。
新潟のお酒は端麗辛口が流行りだが、
このお酒は麹本来の旨みがよく出ていると師匠。

このあと、「宗玄」(宗玄酒造)と
「白影泉」(下村酒造)を味わったが、
私はこの辺から、ちょっと記憶があやふや・・・。

時計を見ると、もう4時間以上飲み続け。
お蕎麦で〆て、ponshu会は終了ということに。
少しずつとは言うものの、結構飲んだかな。
でもいいお酒だったから、翌日は爽快!

« 映画-プレステージ | トップページ | カラスとの闘い »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お姫様方ご満足の様子でよかった。
飲ませがいのある美女ばっかりで
とても楽しくおいしい5時間でした

先生の解説を聞きながらの美酒。
大変幸せなひととき(5時間!)でした。
日本酒の魅力を知った我々「美女(?)軍団」は、
今日もお肌もツルツル。
広瀬大先生と社長に、感謝・感謝です。
ありがとうございました♪

広瀬先生ならびにお姫様たち、楽しかったですね!
次回は何が飲めるかな?
酒蔵にも行きたいし。
またよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画-プレステージ | トップページ | カラスとの闘い »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ