« ぼくの・稲荷山戦記/夜の神話 | トップページ | 母の浴衣 »

20歳と年金

ムスメがハタチの誕生日を迎えた。
もう20年も生きてるのか。
よくまあ無事に大きくなったものよ。
私もくたびれるはずである。

ハタチといえば大人、であるが
公明正大に飲酒できるようになったのと
選挙権が与えられたとはいえ
あと何年もスネを齧られるわけだから

親としてはさほどの変化もないことだなあ・・・
と思っていたら、来た来た、社会保険庁から
成人おめでとうございます、とバースデーレター。

年金加入のお知らせです。
20歳になったら学生も年金加入が義務なのです。

しかし、アルバイトはほとんどできず収入のない娘には
月額14100円の年金は払えない。
そこで学生納付特例という制度があって、
先延ばしで追納することもできる。

しかし、就職後に給料から本来分と追納分、
さらに加算分(利息みたいなものか)を払うのは
若い間は苦しかろうなどと思うと
やっぱり親が払っておくのかなあ、と親心。

それにしても娘が高齢になる頃に
年金制度が成立してるのかな。

とにかく娘が、ハタチになって、
親のスネはさらに細るのでした。
お腹の肉ならいくらでも細って欲しいのに。

« ぼくの・稲荷山戦記/夜の神話 | トップページ | 母の浴衣 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくの・稲荷山戦記/夜の神話 | トップページ | 母の浴衣 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ