« 江戸の月 | トップページ | トヨエツ主演映画の原作2本 »

22才の別れ

映画「22才の別れ」を見た。
友人から、40代にはぐっとくるよ、と聞き
一人でそっと観にいきました。
周囲を見渡すと、同世代が多く、ほとんど一人。

この映画の監督は大林宣彦で、
伊勢正三のヒット曲からイメージして作られた作品。
舞台は高校時代(大分)、大学時代(東京)、現代(福岡)。

主人公は福岡に赴任している43才の独身男性。
リストラか上海赴任でエリート街道に残るかの
人生の選択を迫られているところに
苦い別れをしたかつての彼女の娘と偶然の出会いが。

22才の誕生日に別れた彼女は
故郷で結婚し、出産の時に急逝。
彼女がいつも口ずさんでいたのが「22才の別れ」。
そして、娘は22歳を迎える・・・

因果は巡る、みたいな話。
東京での貧しい下宿生活のシーンが身に沁みる。
高度成長期で華やかなだったような錯覚があるが、
記憶のフタを開けると、いつも金欠だったし。

世代論の映画でもある。
団塊の世代、ポスト団塊、60年代生まれ、
そして現代の若者(80年代生まれ)が絡み合う。
そして作った監督は、戦前生まれの来年70歳。

この映画、世代の違う人と見るのはつらいと思う。
見終わった後、一人でよかった、と思った。

ところで、三浦友和が立派に?さえない中高年役。
高校生の頃、友和派と草刈正雄派に分かれるくらい
アイドルだったのに・・・。これもぐっときました。
青春時代ははるか遠く。

« 江戸の月 | トップページ | トヨエツ主演映画の原作2本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん前のエントリーにコメントしてごめんなさい。

田子さんと同年代の僕としても、気になっていた映画でした。残念ながら金商法対応に忙殺され、見過ごしてしまいましたが、DVDになったら是非拝見したいと思います。

22歳の別れを実際に経験している僕としては、いろいろと思うところがありそうだなあ(笑)。

なんだか最近センチメンタルになっているので、見てはいけないような気もしないでもないですけれど、いまだにこの曲ギターで弾き語りできるから(爆)、やはり見ないといけませんね。

tearecipeさん、コメントありがとうございます。
多分男性のほうが、ぐっと来ると思いますよ。
私にこの映画を勧めてくれた友人も同世代の男性ですし。
男性のほうが、過去の恋愛にセンチメンタルですね!
ジャスミンティでも飲みながら、ぜひご覧くださいませ。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸の月 | トップページ | トヨエツ主演映画の原作2本 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ