« ハーブのお茶 | トップページ | 新潟と川崎でイベント »

樽から目覚めた新酒

出張で新潟に向かっている。
Maxときだと1時間半で着いてしまう。
速すぎて景色も見えない、と思ったが
二階建の一階だからか。旅はゆっくりが好き。

新種の季節、昨夜はシャトーTSの試飲会に参加。
シャルドネ、ヤマソービニヨン、プティ・ヴァルドの3種。
どれもみな、さっきまで樽の中で熟成していたもの。
寝起きを起こされた若い娘のような味だ。

ゲストは田崎真也さんで、
三つのワインについて解説してくれた。
このたび世界の権威あるワインソムリエ協会の
技術委員長に就任されたそうな。
とてもわかりやすい解説で感心した。

ヤマソービニヨンは、カベルネソービニヨンと
日本の野性のやまぶどうを交配した、
まさに日本のワイン。
野性的な味と田崎氏は表現していたが、
どこか懐かしい味。

プティ・ヴァルドはこれまで知らなかったが、
ボルドーなどではカベルネソービニヨンに
ブレンドされることが多いらしい。

それもなかなかむずかしいぶどうらしくて、
うまくできたときだけスパイスのように加えるらしい。
シャトーTSの畑はプティ・ヴァルドに向いてるらしく、
プティ・ヴァルドだけで作ったワインは
世界的にみてもめずらしいらしい。

それにしても、こうやってウンチクを聞きながらいただくと、
感動も癒増すというもんだ。
まして今年はシャトーTSに三度も行って
ぶどうの成長も垣間見、収穫まで体験したからなおさらだ。

最後にオーパスワンが一杯ずつふるまわれた。
うーん、素人でもわかる美味しさ。
・・・なんて昨夜のワインを思い出していたらもうすぐ新潟。
今夜は美味しいお米の新酒が飲めるかな。

« ハーブのお茶 | トップページ | 新潟と川崎でイベント »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハーブのお茶 | トップページ | 新潟と川崎でイベント »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ