« 紅葉を求めて | トップページ | 丸川珠代参議院議員のお話を聞く »

オリーブオイル専門店

年代の節目節目には、味覚が変わる。
近頃はあまり肉類を欲しなくなり、
無性に野菜、それも生の
青っぽいが食べたくて食べたくて。

レストランのサラダはドレッシングの味が強いので
もっぱら家で、レタス、キャベツ、ハーブ類などを
てんこ盛りにして、オリーブオイルやビネガーをかけ、
塩コショウを少々加えて草食動物のように食べる。

そのように食べていると、
野菜そのものの味もさることながら
オリーブオイルの味が気になってきて
だんだん凝るようになってきた。

といっても、オリーブオイルの瓶の
イタリア語やスペイン語、ギリシャ語は読めないし、
名前も覚えられないので、棚の前でじーっとながめ、
エイヤっと買うのである。まあ大体、値段と味は比例。

このたび新宿伊勢丹に、オリーブオイル専門店登場。
狭いブースに、30種類くらいのオリーブオイルが並び、
嬉しいことに、フランスパンの切れ端につけて
試食することができる。

お店の名前は、OLIOTECA(オリオテーカ)

こちらではイタリア産のオリーブオイルを、
味の特徴から北部、中部、南部に分けて紹介。
主に、北部はくせのないマイルドな味、
南部は青々したちょっと生っぽい味。
中部は、スパイシー&ビターと表現されている。

今回は、有機のオイルと決めていき、
結局中部地域、トスカーナ州シエナの
OLIO DI PODERE(オリオ・ディ・ポデーレ)」を購入。
合わせて、ほんのり甘みのバルサミコ酢も購入した。

そして今朝の朝食は、フランスパン、
生ハム、チェリートマト、キャベツ、ベビーリーフに
オイルとバルサミコ酢をかけただけだが、
美味しい~、贅沢な気分~。

私の現在の嗜好に、家族は着いてきているか
少々不安はありますが。

« 紅葉を求めて | トップページ | 丸川珠代参議院議員のお話を聞く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事で気になって仕方ありませんでした。で、先日立ち寄りました。
急いでいたので実家の母向けのお歳暮のみ。あまり青さが強いのもどうかと思い、ROCCA DI MONTEGROSSI(ロッカ・ディ・モンテグロッシ)を。
今度はゆっくり自分用を選ます。専ら炭水化物にからめますが、肉を焼くのにも使います。但し家族は食しないのですけれど・・・。

おいしそうですね!
私は先週、ヌーヴォーのサンバレッリというのを買って食べてます。
次は、樹齢400年、驚異的低酸度というBARDIを買う予定です。
ぜひ同じ店で扱っててるバルサミコ酢も試食してみてください。
美味しいから!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉を求めて | トップページ | 丸川珠代参議院議員のお話を聞く »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ