« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

あわや惨事に・・・

昨日は御用納めで夕方から会議室で納会。
三々五々集まり参じて22時半にお開き。
迎えにきた家族と大江戸線青山一丁目のホームで待ち合わせ。
長い長いエスカレータを降りてホームに辿り着く。

家族はどこかなとホームを見やると50Mくらい先の線路にうごめくものが。
黒っぽい男性が重い荷物をホームに持ち上げようてしているように見える。
何事かと歩みを進めると、線路にいるのはわが家人ではないか。

いやだ、またなにしてるの?と動転して駆け寄ると、
荷物に見えたのは酔っ払って落ちた中年男性。
家人が下から抱え上げ、ホームの上から非力そうな男性とともに引っ張るが
酩丁して脱力した男性は想像以上に重く引き上げられない。

もうひとり40代位の男性がひらりと線路に飛び降り加勢してくれ
なんとか引きずりあげてふたりもホームに上がると
思わす胸を撫で下ろした。

その間時間は何分くらいだったのだろう。
あとで考えるとだれかが非常ボタンを押して、
ブザーが鳴っていたような気がするが、
不安感はあおってもアラームには聞こえない音調だった。

さて救出された男性は、ホームの端に座り込み
そのままだと危ないと家人が脇をかかえると、
いやだいじょうぶすみませんすみませんと呟きながら

またふらふらと歩きだそうとして
危ないからベンチに座ってなさいと別の男性に一喝されると
よろよろと椅子に座って足を痛そうになでながら半分眠ってる。

その後ようやく頼りなさそうな駅員が二人、よたよた走って来た。
口々にあの人がホームから墜ちたのだと言うと
情けない顔で現場をうろうろ。
本人は相変わらず、もうだいじょうぶだいじょうぶと呟いて。

そのうちもう少し上の駅員がやってきて
頭から血が出てるので駅務室で応急処置をしようと。
エスカレータから転げ落ちて血だらけになった先客もいるからねと。

家人の話だと、ホームの端を千鳥足で歩いているのを見て
この人墜ちるんじゃないかと予感がしたらしい。
そのうち吊り革を掴むような仕草をしたと思うと
一瞬で視界から消えたという。

お世辞にも運動神経がいいとはいえない家人が
よくぞ反射的に線路に飛び降りたものだが
間隔の短い銀座線だったらと思うとぞっとする。
そのせいか神経が高ぶって明け方まで眠れなかった。
全く人騒がせな酔っ払い。私も気をつけよう。

x'mas映画

クリスマスに見た映画2本。

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記

ニコラス・ケイジ主演のアドベンチャー映画。
ディスニーですから。
勧善懲悪だが、悪者にも最後は花を持たせる
子どもも見て安心の大冒険。

再会の街で

9・11ですべての家族を失って
心が壊れてしまった元歯科医。

彼の心の傷をなんとか癒そうと努力する
大学時代のルームメイトは
彼に振り回されているうちに
自分の心に巣食っていたストレスに気がつき始める。

失ってしまったものはもうどうしても
取り戻すことができない失望感がやるせない。

失う前に大事にしようと気づかせられる
ぐっと来る映画です。



オリーブオイルの美味しい生活

オリーブオイルにはまっている。
毎日野菜にたっぷりかけて食べているが
道を歩いているときにふと味を思い出し、
唾液がでてくるほど執着している。

そんなとき本屋で発見した本
「オリーブオイルの美味しい生活
 ~ウンブリア田舎便り」
(朝田今日子著・文春文庫)

著者は絵画の勉強でローマに渡り、
イタリア人ジャーナリストと結婚して、
イタリア中部のウンブリア州の
小さな村に住み着いた30代の女性。

ウンブリアは生産量は少ないが
品質はイタリアで一番という
オリーブオイルの名産地。
日本のお米でいえば魚沼産こしひかりだそう。

オリーブオイルを中心に、
自然の恵みを最大限活かした食生活を紹介。
解体から始まる豚の生ハムや
アーティチョークなど旬の野菜
オリーブオイル漬けのさまざまな保存食品など
労力はかかるが本当に美味しそう。

11月半ばになると村人は総出でオリーブを収穫し、
圧搾所にもちこんでオリーブオイルにしてもらう。
実の出来不出来もさることながら、
圧搾所のレベルで味は大層ちがうらしい。

各自自家用のオイルを持ち帰り、
残りは圧搾所に引き取ってもらうそうで、
著者の庭にもオリーブの木があり
村一番のアッシモさんの圧搾所でオイルにしてもらう。
写真をみるからに、美味しそうなまさにオリーブジュース!

そのオリーブオイル、日本で購入可能である。
著者が夫と日本のお母さんの協力により
阿佐ヶ谷に開店したブオーノイタリア
オイルは1種類で、瓶売りと缶売り。

早速500ml入り缶2835円を購入。
12月初旬に届いたばかりの絞りたて。
色も香りも青々、そしてとてもスパイシーだ。
そして後味にほんのり甘みを感じる。

手でちぎったレタス、キャベツに、
新鮮なパセリやフェンネルの葉、
刻んだクルミを盛って、
オイルと岩塩だけで食べたらそれだけでご馳走だ。

ハーブのブレンドティー

鍼灸治療院でブレンドしてくれた
私専用のハーブティーが美味しくて。
再現したく、内容物を皿に出し、
ハーブの種類ごとに分別。

できるだけまねしてブレンドしてみた。
ネトル、ミント、ラズベリーリーフ
レモングラス、レモンバーム、ローズヒップ・・・。
熊笹、アメリカジンセング、甘草が足りない。

女性の身体に優しいブレンド。
しかしぜーんぜん味が違う。
パンチが不足。配分の差かな?
足りないものの、味の影響かな?

身近にインフルエンザが発生した模様。
予防注射は摂取したが、
念のため、今朝のハーブは免疫強化系。

インフルエンザの特効薬ともいわれる
エキナセア、エルダーフラワー。
そしてローズヒップとネトルとミントを少々。
日本茶のような優しい色のお茶になった。

そして今会社で飲んでいるのは、
市販の「ベルバラダイエット」という名のお茶。
ローズレッド、エリカ、パセリ
ハイビスカス、ネトル、ローズヒップ。

赤くてきれいなお茶。
葉や花はかなり細かく刻んであるのが
美味しいブレンドのコツかな。
今夜はこれをまねしてみよう。

今度はハーブティのお店でも始めるの?
なんて揶揄されながら
ハーブを並べて楽しむ日々。

首が廻らず・・・

今月はずっと首が廻らない。
会社の経営のことじゃないからご安心を。

寝違えたかな。もう2週間くらい。
毎日明け方、首がいたくてもんどりうっている。
身体がきつければ普通は横になって休むが
首の場合は横になると痛むからいやになる。

昨日はこの冬一番の寒さで、
身体が縮こまってズキッときたみたいで
日中もズキズキ頭に響いて困った。

そこで行きつけの鍼灸治療院へ。
入った途端、首が大変なことに~と泣きを入れ
鍼とお灸と吸玉とオイルマッサージ、
それにピクンピクンとパルスを腕に通した。

おかげで少し楽になって、
夜は暖房の前で頭をたてたまま
うつらうつらと居眠り。

今年の営業もあと6日。
首のせいで、し残しの仕事がいっぱい。
鍼の先生には、休めってことですよ
と言われたが、年賀状の宛先整理はどうしよう。。。

というわけで、年始の不義理は
首の痛みのせいですので
皆さんご勘弁下さい。
(と、言い訳にしてしまいました。)

講演と鳥獣戯画

週末土曜はさいたまのクリスマス女性起業セミナーで講演。
既に事業を始めている人も多く
交流会も活発に盛り上がった。
埼玉NBC会長や仲間も駆け付けてくれて心強い。

夕方は六本木の東京ミッドタウンに立ち寄り
サントリー美術館の鳥獣戯画展へ。
16日で終了ということもあり入り口で30分待ち。

鳥獣戯画は京都高山寺収蔵。
甲乙丙丁4巻あり、教科書でよく見かける
蛙が兎を投げ飛ばしている図は甲の最初の方だ。

原本の他にいろんな時代の模本を展示。
日本人は昔から漫画が上手だなあ。

東京ミッドタウンは
クリスマスイルミネーションで
人がいっぱい、レストランも満席。
時間潰しにアロマのお店をひやかす。

キリスト生誕のとき賢者が届けた
三つの贈り物のひとつ
フランキンセンス(乳香)の精油を買う。
先日映画「マリア」を観て欲しかったのだ。

古代エジプトの時代から
祭壇に薫いたり薬としてもちいたりと
大変貴重な品だっただけあり、
フーン、高貴な香だわん。

そうこうしてるうちに時刻は九時半を過ぎ
レストランも予約客が帰り始めた。
イタリアン「Napule」でスプマーニに前菜、
ピザ、リゾットを注文しプチクリスマス気分。

帰りは池袋に廻って
部活の納会をしている娘を捕獲して、
ぎりぎり終電でやっとこさ帰宅。
ああ、長い一日だった。

食べすぎ・・・

表参道・新潟館ネスパスの「食楽園」で
新潟郷土料理を会食。
年末の木曜夜だからだろう、予約で満席。
しかも年配のサラリーマンばかりだ。

表参道という場所柄、
若い女性がどこも溢れかえっているが
ここはおじさんたちの癒しどころだな。

料理はおまかせにしたが、
栃尾の油揚げとのっぺ汁、
湯豆腐はリクエストしておいた。

出てきたメニューは順番に、
のっぺ汁、湯豆腐、栃尾の油揚げ、
日本海お魚のお造り盛り、コシヒカリちぢみ、
大きな牡蠣の天ぷら、そしてお食事。

食事はお茶漬け・おにぎり・おそばから選べて
私は冷たいおそば、他の人は
魚沼産コシヒカリのおにぎり2個ずつ。(大きい!)

お酒は、越後ビール、〆張鶴の純米吟醸、
佐渡・北雪の純米大吟醸など。
もう満腹で死にそうで、帰り道も苦しくて。
さすが公営、あの値段でこのボリューム、ものです。

家に帰ったら、胃腸の消化促進に効く
ハーブティーをブレンド。
レモングラス、ペパーミント、
ジャーマンカモミール、ネトルを同量で。

レモングラスとミントのきつさを
カモミールがマイルドに調和し、
飲んでいるとすっきりし落ち着いてきた。
(ネトルは、ペパーミントと間違えて入れた。)

食べ過ぎに気をつけなくっちゃ!

古奈屋もどきカレーうどん

「カレーうどんの古奈屋」の記事を読んで
育休中の社員がメールをくれた。

  うちは、カレーを作った締めくくりは
  麺つゆ少々と牛乳でのばして
  古奈屋もどきのカレーうどんにしています。
  鍋もキレイになってちょうどいいんですよね・・・。

なぬっ。耳寄りな話。
ちょうどカレーを作りすぎてもう4日目なのだ。
さすがに飽きてきたところなので挑戦。

鍋を覗くと、1人分くらいのカレーが
底のほうにこびりついていた。
その中に、適当に牛乳をドバドバと入れ、
弱火で煮ると、薄めのクリームシチューのように。

味見をすると、確かに薄いので、
麺つゆを少し足してみる。
冷凍うどんをなべでゆでて、
カレーの中にどぼんと入れて少しぐつぐつ。

ちなみにうどんは、加ト吉の冷凍讃岐うどん。
加ト吉は経営でミソを付けてしまったが、
冷凍うどんとか海老フライは、
スーパーのラインナップの中では美味しいと思う。

うどんに汁がよく絡まったら出来上がり。
家族の評判は上々。
カルボナーラみたいだねと娘もご機嫌。
カレーを作ったら、定番になりそうだ。

インフルエンザの予防接種

年老いた母が毎日のように
早くインフルエンザの予防接種をしろと
メールしてくるので、重い腰を上げた。
予防接種では効かないという説もあるが、
ま、安心のために。

事前に体温を測ると、37度2分。
あれっ。熱がある?
説明書には37度5分以上は受けられません
と書いてあった。

予診でお医者さんが、耳で測る体温計で測ると
36度6分で、オッケーね、ということになった。
看護婦さんが、痛いですよ、痛いですよ、
と威すので、ちょっとどきどき。大人でも注射はいや。

注射代は4500円。高ーい。
健康保険組合から2000円補助が出ますが。
それにしても、注射代はかなり差があるらしい。

インターネットでいろいろ調べてみると、
原価は1000円弱くらいで、
診察料が3000円くらい、
計4000円くらいが妥当のようだ。

4500円は高いけど、青山一丁目の土地代と、
夕方6時前に行って待たずに受けられる、
という効率を考えると、仕方ないか。

待合室でポスター眺めていたら、
港区では65歳以上は無料らしい。
中野区の老人医療を調べると・・・2200円だ!
同じ都内でこんなにちがうのか。

母は横浜で、1000円だったと言ってた。
どこに住むか・・・
は行政サービスをよく比べたほうがいいのだな。

宴会シーズンが始まった

12月に入り、宴会シーズン。
一頃と比べると、大人しくなったものだが
飲む機会は多く、体調管理が重要。

先週はまず、女性経営者の大先輩が
叙勲されたお祝いでホームパーティ。
経営者団体でかつてチームを組んだ仲間が集まり
和気藹々の会合となった。

既に引退された方も、
当時まだ20代でいまや立派な
若手リーダーと成長した経営者も集まり
なつかしい顔ぶれで楽しい会だった。

週の真ん中は、鍼灸治療院へ。
女性専門の治療院でいろいろ悩みをきいてもらう。
鍼、灸、吸玉、オイルマッサージで全身メロメロ。

吸玉はまだ背中に大きな跡が。
毛細血管が切れているわけだが、
身体が元気だと本来は跡が残らない圧なのだそうだ。

そしてお待ちかね、会社の忘年会。
今年はちょっと背伸びして、
品よくいきましょう、ということで
東京ミッドタウンのBOTANICAへ。

いつものように大騒ぎはしなかったが、
前菜からローストビーフ、デザートまで全て美味しくて、
ホスピタリティも質高く、ロケーションも素敵で
みんな満足でニコニコ顔で解散。

諸般の事情で参加できなかった人は
残念でしたー。
今週も会合続きでがんばろう。

自家製マッサージオイル

冬になると悩みの種は、乾燥肌。
子どものころからこの季節はかさかさで、
足のかかとも割れてしまう。
今年はそれが早い。

それで、自家製マッサージオイルをブレンドした。
市販の旅行用の化粧水ボトルの容器を用意し
キャリアオイルとしてセサミオイルを満たす。

それに、レモングラスとシナモンの
アロマオイルを数滴。
さらに、バラの抽出液と、
オレンジフラワーの抽出液をプラス。

ふたをしてよくシェイク。
成分を混ぜ合わせる。
あとは必要量を手に取り、
乾燥が気になるところにすりこむ。

足の裏にもたっぷりつけて
自分で足裏マッサージ。
最近よく足がつるので
ふくらはぎもよくマッサージ。

レモングラスはさわやかな香で、
気分も心地よい。
最初はベトベトしているが、
よくすりこむと肌に浸透していく。

優しく愛情をこめて、自分を大事にしてあげる。
お風呂上りの至福のひととき。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ