« 夏休み子ども科学電話相談 | トップページ | 雷雨の週末 »

かものはしプロジェクト

昨夜は、関東ニュービジネス協議会(NBC)の女性委員会&ワークライフバランスとCSR研究部会に参加。企業の社会的責任の一環としてのボランティア活動について、若くて素敵なお二人の話を伺いながら考えた。どんな偉い人の話よりも、行動している人の話は胸を打つ。

NPO法人かものはしプロジェクト 村田早耶香さん
「~カンボジアの子ども達の笑顔のために~起業で社会問題解決に挑む」

社団法人C.I.S.V.(国際こども村)日本協会
五十嵐朝青さん(コーチ・トゥエンティワン)
「11歳からの平和教育とそこから得たもの~10年を経た今感じること」

raincloudsun

かものはしプロジェクトは、カンボジアの児童買春で心身ともに傷ついた子どもたちを救うために、村田さんら3人の大学生(当時)が立ち上げた、代表的なソーシャルアントレプレナー(社会起業家)。IT事業で得た収入と、法人・個人からなるサポーターの支援により活動している。

現地にコミュニティファクトリーを作って、職業訓練と仕事を供給。いぐさを編んだバッグやブックカバーは、色合いもかわいくなかなかおしゃれ。生産できる量はまだ少ないが、訓練の成果は徐々に上がっているので、企業のノベルティなどに利用してほしいそうだ。

村田さんとは、彼女がフェリスの学生の頃に初めて出会った。今と変わらない真摯なまなざしで、「カンボジアの買春被害の子どもたちの窮状を救いたい。」と言ってた。

次にあったときは、東京都の学生ビジネスプランコンテストの審査会場。「ボランティアを事業として実行したい」とその事業計画を発表し入賞した。しかし非常に難しい事業なので、本当に立ち上げ継続していくのは無理なんじゃないか。正直言って、内心はそう思った。

昨日数年ぶりにお目にかかり、その後の足跡を拝聴した。かわいい女子大生の風貌のままなのに、なんとハードな活動の実績。彼女も最初は、「就職して20年くらいキャリアを積んでから、そのあと社会の役に立つことをしよう」と思ったそうだ。

しかし、カンボジアで傷ついた子どもたちを目の当たりにし、その20年間にいったい何人の子どもが傷つきスポイルされていくだろうと思ったら、いてもたってもいられなくなったのだという。その言葉を聞いて、自分が恥ずかしくなった。代表の村田さんは、今日も活動のPRのため、早朝から福井へ向かっているはず。

かものはしプロジェクトは現在サポーター募集中。現地生産しているい草を用いた素敵なグッズを取り扱ってくれる企業やショップも募集中のようです。興味関心を抱いた方はぜひ、ホームページをご覧ください。

NPO法人かものはしプロジェクト

« 夏休み子ども科学電話相談 | トップページ | 雷雨の週末 »

交流」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み子ども科学電話相談 | トップページ | 雷雨の週末 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ