« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

バンク・ジョブ

今日は年末ジャンボ宝くじの抽選日。今年は買い損ねた。昔は宝くじなんてどうせあたらないからと買わなかったけど、最近は買わなきゃ絶対に当たらないからと買うことにしたのだ。残念。 (-ε-)

ところで昨日は書類整理のために会社に行ったのだが、ビル周辺にはお正月を迎える雰囲気というものがあまり漂ってなかった。普通の休日って感じで、まあ落ち着くといえば落ち着く。入居しているビルは三ヶ日は空調が止まるらしい。仕事する人いないのかなあ。凍えるな。

さて昨夜は一昨日に続き、英国の闇を題材にしたほとんど実話といわれている映画を観る。

バンク・ジョブ

1971年にロンドンで実際に起こった英国最大の銀行強盗事件が題材。貸金庫から莫大な現金や宝石が盗まれ大騒ぎになったにもかかわらず、国防の機密に関わるとして突然マスコミの報道が一斉にストップし、全ては闇に包まれた事件。当時私はまだ小学生だったから全く記憶にありません。

映画では、その貸金庫に預けられている王女のスキャンダル写真を奪うために、警察の特務機関であるMI-5がしくんだ罠であるとしている。しかし貸金庫には図らずも、王室のみならずさまざまなスキャンダルが隠されていた。罠とは知らず銀行強盗を働いてパンドラの箱を開けてしまった主人公たちは、さまざまな闇の思惑に追い詰められ、最後に命をかけた賭けに出る。。。

繁栄から衰退へ向かう70年代のイギリス。エリートの退廃と庶民の脱力がクールに演じられ、重苦しい社会の雰囲気が映像から滲み出る。大英帝国病の根っこのひとつである王室の呪縛を、政府も国民ももてあまし気味で扱いかねているのがわかる。

それにしても、こんなふうに王室をさまざまな映画や小説の題材にして、上げたり下げたりできるイギリスってすごいなあと思う。日本ではありえないことです。

ブーリン家の姉妹

昨日の朝起きると、始発から新幹線が止まっているというニュース。娘が旅に出る予定だったので一瞬青くなるが、東海道新幹線は通常通り運行していると聞き、胸をなでおろす。

11時ごろ東京駅まで娘を送っていくと、東北・上越・長野・山形・秋田新幹線も運転が再開していたが、まだ乗り切れずに溢れている人・人・人・・・。天候のせいならまだしも、コンピュータシステムのトラブルでは、予定を狂わされた人々の溜飲はさがりそうもない雰囲気。

東京駅から浅草橋に買い物に行き、お天気がよいので深川方面に足を伸ばす。街はお正月の準備で大忙し。我が家は今年は喪中なのでお飾りもなく、二人分の黒豆や数の子をほんの少し買い求める程度。夜は新宿へ映画を観にいく。

ブーリン家の姉妹

16世紀の英国、ヘンリー8世と、二番目の妻であったアン・ブーリン、愛人であった妹メアリー・ブーリンの言わば三角関係。アン・ブーリンは後のイギリスに黄金時代をもたらすエリザベス1世の母であるが、エリザベスを産んですぐ、ロンドン塔で処刑されると言う壮絶な最期を遂げた悲劇の女性。

この映画では、アンは自意識の高さから自らの人生を破滅に導く太陽のような華やかな女性として描かれており、対照的にメアリーは、他人を思いやり人生に受け身な月のような優しい女性として描かれる。ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンが美しい。

いずれにしろ、封建社会において女性は政争の道具であり、男の子を産むための道具であり、ほとんど人格がないに等しいということがよくわかる。英国の歴史の奥深さ(闇の暗さ)を痛感する、見ごたえのある映画だった。美術効果もすばらしい。

ハッピーフライト

先日新宿樽一で同窓の友人と忘年会をしたときに、映画に見識の高い友人が「ハッピーフライトは、職業をまっとうに捉えてていねいに作ってあるいい映画だよ」と発言。

大企業の人事に勤める彼がそういうならばと、終わってしまわないうちに早速観にいくことにした。今年最後の歯医者に行った後で、空にはきらめく星。今年一番の冷え込みで、Gパンの下にタイツまで穿いて、まるでスキー場に行くかのような格好で新宿ピカデリーへ。

ハッピーフライトは、田辺誠一演ずる機長昇格試験に臨む若きパイロットと、綾瀬はるかの国際線新人CAが主役ですが、ふたりが絡むわけでも恋が芽生えるわけではありません。

飛行機が無事に航行するためには、機上の操縦室、キャビンのスタッフだけでなく、グランド、コントロールセンター、整備場、管制塔の全てが有能に、それぞれの職責を全うし機能しなければならないという、あたりまえなんだけど大変なことが、軽快なタッチで描かれています。

ANAが全面的に撮影協力をした映画なので、多少宣伝要素は差し引く必要がありますが、お仕事に一番大事なのは「いい仕事をするというプライド」であることを、よく表していると思います。

いろんな業界を舞台にしてこういう映画を作ればおもしろいかも!

X'masディナー

今年のクリスマスは、家で過ごすという家庭が多かったようで、昨夕のデパートの食品売り場もすごい人だった。

我が家のディナーは、夫がローストチキンを焼き、娘が即席デコレーションケーキを作った。私はサラダとお酒の仕込み担当。

夜の9時ごろから調理が始まるので、食べられる頃にはもう深夜。リバウンドの一途を辿る私のお腹・・・。

200812250026000

富士は日本一のお酢

この酢で食べると、酢牡蠣が抜群に美味しいという新聞記事を見て、週に2~3回は酢牡蠣を食べるほど牡蠣好きな我が家は、早速デパートに酢を探しにいきました。

その名は「富士酢」。富士といっても静岡県や山梨県で作られているわけではなく、京都の飯尾醸造という会社が作る米酢。京都は京都でも、日本海に面した、天橋立のある宮津という町にある会社だそうだ。

どうして富士酢が美味しいかと言うと、いろいろ理由はあるのだ。

まず第一にお米にこだわっていること。無農薬の新米を使い、JAS規格が「米酢」に定める米の量の5倍を用いるのだそうだ。

それから「静置発酵法」という自然発酵法。通常出回っているお酢は、アルコールを加えて化学的な力を用いて数時間~数日で発酵させるのだそうだが、富士酢は酢ともろみの力だけで自然に発酵させ、それに100日かかるそうだ。

その他、いろいろなこだわりと手間隙をかけ、さらに蔵に住み着く菌の力で、とにかく美味しい酢が生まれるのだ。

実は私はお酢のツンとした香りが少々苦手。だから酢の物はあまり積極的に食さないのだが、この富士酢は確かにまろやかで、酢をかけるだけで素材の味がぐっと引き立つ!

お値段は500mlで630円。一般のものの倍くらいの値段だが、素材にこだわり手間ひまかかっているわりに、特別に高価というわけではない。

大量生産過剰消費が崩れつつある現在。いいものを自然の力でじっくり作る、ものづくりの会社が残っていることは、本当に救いだと思う。

美味しい富士酢
Fujisu

CIAと宇宙人

この秋は映画を観る回数がなぜか減った。年末年始は東京にいるし、特にやることもないので、読書と映画三昧だ。前哨戦で、久しぶりにロードショー2本。

ワールド・オブ・ライズ。若い頃のレオナルド・ディカプリオはちびっこギャングみたいだなと思ったが、「ブラッド・ダイアモンド」あたりからぐっと男っぽくなって、渋さが出てきた。いい感じ。

びっくりしたのはラッセル・クロウ。レオナルド・ディカプリオの上司役で、お腹でっぷり、目的のためには手段を選ばぬ、いやらしいメタボ中年役。

この役のために、20kg増量したんだそうだ。ラッセル・クロウがぱっとしない、と書かれた映画評もあったが、このプロっぽい変身振りは好き。どうやってもとに戻すんだろうか。

ストーリーはCIAモノでフィクションだが、こういうことも現実にありそう、こわいなーと思った。

地球が静止する日。あまり興味はなかったのだが、他に時間が合う映画がなくて。映像がダイナミック。宇宙モノはネタ切れの感あり。

銀座で Merry X'mas!

関東ニュービジネス協議会(NBC)恒例のX'masパーティを、銀座ICONICで開催。ICONICはレストランひらまつのグループ。コンラン&パートナーズが手がけるレストランで、品格ある現代的なインテリア。wine

エレベータを降りると、眼前にはホテルのようなクローク。右手に100名は入るメインダイニング、左手には昼はカフェ、夜はバーとなるプラザバーと、チャペルのある大きな個室がひとつ、小さな個室が3つ。窓からは銀座の夜景が広がる。

今年は着席ディナーでゆったりと大人のクリスマスを演出。ゲストには歌手の紫門さんを招き、透き通った美しい声を聞かせていただいた。食事は、鯛のカルパッチョやフォアグラのソテーなど、イタリアンを中心に味も量もちょうどよかった。

極めつけは、すばらしい景品のあたるビンゴ。wiiや小型PC、花畑牧場のキャラメルのほか、ブルーマンのペアチケットやアクセサリーなど、会員さんたちから多数ご協賛いただき、盛り上がる、盛り上がる。

但し、景品は箱で隠されていて中身が見えず、早く当たったからといっていいものがもらえるとは限らない。成金ティッシュなんてもらってもねえ、と思うけど結構うけてたりして。dollar

今年は先行き不透明で、恒例のX'masパーティも縮小モード?という声もあったが、消費を抑えるとますます不況感が強まることになるので、強気で華やかに開催した。結果的に、80名の参加者からはいい会だった、元気が出たよ、などの声をいただいた。

そしてなにより、日ごろ忙しい会員さんたちがお世話役になって、献身的に準備や当日の進行をしてくださった真心が、参加した皆さんに通じたんだと思う。事務局の皆さんも、チームワーク良く黒子に徹し、すばらしいです。

心の温まったX'masパーティが終わり、今年もあと10日。元気出して行こう!(*^ω^*)ノ彡

学べる幸せ

利用者側から見た業務上のIT活用能力を問う「初級システムアドミニストレータ試験」。ヘルプデスクなどユーザーサポート業務を主力とするコスモピアでは、スタッフにぜひ取得しておいて欲しい資格のひとつとしている。

しかし、来春より「情報処理技術者試験制度」が見直され、「初級シスアド」試験は平成21年春期を最終回として、以後は廃止されることが決まっている。その後は、ITパスポート試験など新しい枠組みに整理されるが、その内容や評価がまだ見えてこない。

そこで、来年4月に実施される最後の初級シスアド試験にぜひ合格しておこう!と、受験対策講座を社内で実施した。

日中の担当業務を終えて本社に集まってきたスタッフ数名と一緒に、私も受講。初級シスアドが求める知識とその意義、出題の傾向と時間配分、効率的な勉強の方法などを講師がレクチャ。

シスアドに関わらず、全ての学習の姿勢に通ずる、示唆に富んだいい内容だったと思う。こういう時代こそ、自分の価値を高めることが大事。学ぶって気持ちいいなあ。

講座終了後、ビル内の中華料理日比谷園を覗くと、受講生たちが一服していたので私も参加。マーボー豆腐を食べながらの生ビールが美味しかった。ぷはぁー ( ^ω^)

やっと女になった!?

時折、自分のブログが客観的にどう見えるのか、をチェックしているgooのブログ通信簿

昨日から遡って10件分を評価したら、ついに性別が「女性」になった。w(゚o゚)w

45歳女性・・・って、ほぼそのまんまじゃん。(えっ!ちがうだろって?)

これまではずっと、30代~50代の「男性」と評されてて、要するに私はオヤジか~と思ってたんだけど。

そしてタイプは、体育祭委員⇒文化祭委員⇒一般生徒⇒給食委員と変遷。

ここんとこ、食べることばかり書いてるから、給食委員はわかるんだけど。

体脂肪増加したし。(`ε´)

男性、女性はどこがちがうのかな。文体で判断してるらしいけど、まだちょっとわかんない。

・・・である調だと男性かな?たとえば今日は、男?女?

そこがつかめれば、紀貫之みたいになれるのに。

もっともネット上では、なりきりは常套手段ですね。

Tushinbo_img1

おすすめの本です

おすすめの新刊本を2冊、ご紹介。 o(*^▽^*)o

まずは、友人知人のブログでリンクしているやさい生活★きれい生活のSHIHOさんの本。

野菜ソムリエSHIHOが教える キレイになる野菜エコレシピ」(SHIHO著、大和書房刊)

近所のあおい書店に行ったらいい場所に飾ってあったので、早速購入。

チャーミングでスリムなSHIHOさんは、ご自身の肌の調子が悪くなったときに食の大事さに目覚め、野菜をせっせと摂取して身体の中から改善した体験の持ち主。

オリジナルのレシピと野菜にまつわるエッセイをブログに公開。

怠け癖がつくのがこわいと、週3回のブログ更新を欠かしたことのない頑張り屋さんで、簡単なのに美味しいレシピが人気のブロガーだ。

36種類160レシピの野菜料理の本、1冊あるとほんとに便利です。

もう1冊は、わが社の宣伝。

ストレス・ゼロの快速パソコン術」(コスモピアパソコンスクール著、青春出版社刊)

根強い人気の新書シリーズの第4弾で、今度はVista版!

パソコン作業のイライラを解決、1冊あるとこっちもほんとに便利です。

今夜はひとりごはん

昨夜は恒例の会社の忘年会。会場は月島の海鮮もんじゃ片岡。2階の貸切座敷に24名。

築地に近いだけあって、ぷりぷりの貝付ホタテやピチピチの車海老の鉄板燒からスタート。おいしーい、楽しーいヽ(´▽`)/

今年の忘年会は20代の新人2名で企画。さぞや緊張したことでしょう。お疲れ様。会社の忘年会が終わると、年の暮れって実感が迫る。

houserestauranthouserestauranthouserestaurant

さて昨夜と逆で、今夜は私ひとりがお家でご飯。でも帰ってきてお腹空いたと言われるかもしれないし。外食続きで冷蔵庫には素材が余ってるし。

こんなときは・・・スープ!

鶏もも肉に塩胡椒すりこんでそぎ切り。大根、人参、ネギをごろごろっとした大きさに。ニンニクは丸のまま、生姜は一塊を千切り、いつも残ってしまうセロリの先のほうもざくぎりで放り込み、ベイリーフ2枚を入れてたっぷりの水で1時間グツグツ。

もう一品は煮卵。家族で買い物が重なってあまってたので、この際全部ゆで卵に。殻を剥いて、醤油みりん酒に水を足して30分ぐつぐつ。卵の入浴みたい。

じっくり煮たら、さあ、いよいよ、ひとりごはん。おつまみの煮卵にかぶりつきながら、お酒は広島の西條鶴の純米大吟醸。

スープは椀に生の水菜をざくっと入れ、熱々の汁と野菜を注いでレモンを絞る。1杯目はめんつゆで和風に。2杯目はナンプラでエスニックに。肉のエキスを吸った大根がいくらでも食べられる。最後はスープだけを、ハーブソルトで味付け。

なんだか、優雅な独身の気分。明日はこのスープにじゃが芋やきのこを加えれば、そのままメインだ、らくちん。へへへ、たまにはこういう週末も楽でいいなあ。ヾ(´ε`*)ゝ

200812131945000

豆乳鍋で身体を癒す

師走に入って、もう3分の1が過ぎた。不況といえど、宴会シーズン。

今年は体調管理のために、飲み会は週2回までと決めた。

しかし回数が減った分、1回あたりの飲み量が増えてる。イカン、イカン(lll゚Д゚)

ホットカーペットの上に横になって、肝臓を温め励ます日々。

昨夜はアルコール抜きで、豆乳鍋。豆乳は紀文の調整豆乳を利用。

調整豆乳と無調整豆乳の成分の違いは、調整豆乳のほうがナトリウムやカルシウムが多いらしい。

ナトリウム?そうか、塩分ね。

無調整のほうが鉄分があるらしいから、本当は私には無調整のほうがいいのかなあ。

無調整豆乳でお鍋したときは、表面に湯葉ができて楽しかったが、調整豆乳だとできないのね。

でも、味は調整豆乳のほうがまろやかで、鍋としての評判はよかった。

以前は鍋を作るとき、肉を入れて火を通してから、野菜を種類別に整然と加えていた。

しかし最近は、最初に野菜を混ぜこぜで山盛りに入れて、その上に肉を乗せてグラグラしたほうが美味しいという事がわかった。

そのほうが野菜のうまみが出るし、野菜の摂取量も増えるみたい。

それから、豆乳鍋に豆腐を入れたら、これは不要だと家族に言われた(-ε-)

しかし、油揚げは人気だった。

仕上げはうどん。残ったスープは朝ごはんでリゾットにしたら、ホワイトソースのようで美味しかった。

豆乳、バンザイヽ(´▽`)/

寿命

訃報が続いている。

身内は大往生だったからしかたないとしても。

大学の同級生が病気で亡くなったと友人がメールで教えてくれた。卒業してから会ったことないが、顔ははっきり思い浮かんだ。

そしたら翌日には、高校の1年上の先輩が交通事故で亡くなったと、やっぱり友人からメールが来た。直接口をきいてたわけではないけれど、今週末に会合でいろいろご指導いただくはずだった。

歳が近い人が亡くなると、特に親しくしていなくても落ち込んでしまう。

高校時代の友人と会ったときに、既に亡くなってる同級生の数を数えたら、結構いるのでびっくりした。

寿命って、誰が決めるんだろう。自分の寿命は、どうなってるんだろう・・・

初冬の山梨へ

珍しく休日に家族が揃ったので、山梨方面に紅葉を観に小旅行に行くことに。

中央線を特快と普通を乗り継いで、山梨市まで約2時間半の行程。万年睡眠不足の人たちは熟睡、私は読書に移動時間を費やす。

昼食は、笛吹川フルーツ公園のフルーツセンターでバーベキュー。えーっ、12月に高台でバーベキュー・・・と逡巡したが、始めてみると南斜面で日差しはぽかぽかだし、鉄板の熱で身体が温まる。

200811301406000_5 遠く山並みに、太陽に輝く富士山!

さてたくさん肉を食べたので、ほったらかし温泉まで約1kmのアスファルトの道のりをたらたら歩いて登ることに。歩く人などだれもいないので、のんびりのんびり。

ほったらかし温泉では、パノラマが広がる「あっちの湯」に。紅葉のシーズンがピークを過ぎたし、2時過ぎとまだ早いので、温泉も比較的空いていた。露天に浸かって手足を伸ばし、富士山を眺めて1時間。

身体が温まり元気が出たので、またフルーツ公園まで歩いて降りる。その頃には温泉に入る人々の車が続々と上ってきた。

帰りはフルーツ公園で、富有柿やラフランスを買い、駅前の「のんきばぁーば」で、岩魚の塩焼き、馬刺し、ほうとうを食べる。ワインは地元の蒼龍の酸化防止剤無添加の白。

すっかりくつろいで、帰りの電車はまたまた家族は熟睡、私は宮部みゆきの「日暮らし」下巻をちょうど読み終わり。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ