« 鴨川ホルモー | トップページ | 寝GW »

坂東巡礼その7 〜群馬県

坂東巡礼その7<br />
 〜群馬県
群馬県の札所は二ヶ所。まずは高崎を目指し、8時過ぎに自宅を出発。本当は6時起床7時出発が目標だったけど寝坊。普通電車で行く身には、この1時間は大きい。

10時42分高崎着。11時30分榛名湖行き群馬バスに乗り約30分、ドドメキ下車。何の案内もなくボカンとしてると、バスの運転手さんが後ろに戻って左に曲がれと教えてくれた。その通りに進み始めるが、気配がないので心配になって通りすがりのおばあさんに道を聞くと、こっちじゃない、戻れという。

もいちどバス停にもどり今度は進行方向に歩けども、近づいてる予感がしない。スーパーを見つけてもう一度道を尋ねると、やはり最初の道であっていた。40分の時間と体力のロス。気をとりなおし、約30分歩くと、眺めのよい高台にやっと十五番長谷寺(ちょうこくじ)。

この寺は、聖武天皇の勅願で建立され、役行者が開基と言われている古いお寺。小ぶりながら、仁王門も本堂も赤く塗られ、なかなか華やか。お経を唱え、納経帳に朱印。

200905031313000 200905031257000 200905031311000

ここから水澤観音に行くのにバス停まで徒歩では接続が間に合わず、禁じ手ですがタクシーを呼ぶ。待ってる間に連れは農家の直売所で楽しいお買物。今日は大きいリュックを背負ってやる気まんまん。竹の子、ふき、うど、にらなど嬉しそう。

車で箕郷側に下り四ツ谷というバス停で、高崎から来た伊香保行きのバスをキャッチ。13時42分に乗り、14時過ぎに水沢着。ここは日本三大うどんのひとつ、水沢うどんの町。門前にたくさん軒を並べる。みな大きな店づくりで、お客が外まで溢れている。ネットでチェックしておいた松島屋で番号札をもらい、十六番水澤寺へ。

推古天皇の頃に高句麗から渡来した恵潅僧正によって開かれた。榛名山に抱かれる水沢山の麓にあり、豊かな新緑と湧水で、その名のとおりみずみずしい息吹を感じるお寺。六地蔵を祀る六角堂の中で地蔵様の立つ輪堂を3回廻すとご利益があるらしい。

200905031426000 200905031428000 200905031435000

お参りをすませると、いよいよお楽しみの水沢うどん。なにが楽しいって、その土地土地の名物にお目にかかれること。古えの巡礼者達も楽しみは同じ。水沢ではうどんに舌鼓を打ったはず。松島屋のうどんはオーソドックスな美味しさで、つゆも薄味ほんのり甘い。飽きのこない優しいお味です。古民家風の広々とした空間で一息ついて、娘のお土産に半生うどんを購入。

200905031552000

さて伊香保温泉はもう目と鼻の先だけど、お風呂はお預け、また今度。バスを乗り継ぎ渋川駅に出て、高崎、赤羽を経由して帰宅。今日は思ったより曇天だったので楽だったが、公共交通機関が不便なのが辛かった。ともかくも、群馬県制覇!

« 鴨川ホルモー | トップページ | 寝GW »

坂東三十三ヶ所巡礼」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

midoriさん、ついに埼玉と群馬も制覇しましたね。
おめでとうございますsign01
充実のGWでしたね。
豆腐ラーメンも、水沢うどんも、とても美味しそうです…noodle

amiさん、ありがとうございます。前半は元気バリバリで、GW中に栃木も1箇所くらい行けるかな、と調子こいてましたが、後半は寝込んでしまいました(;д;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴨川ホルモー | トップページ | 寝GW »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ