« かわいい侵略者 | トップページ | 坂東巡礼その8~栃木県出流 »

グラン・トリノ

グラン・トリノ

クリント・イーストウッドが監督・プロデュース・主演の映画。GWに絶対観たいと思っていた映画をやっと観ることができました。

でも、ちょっと恐かったのです。胸塞がれる思いになってしまうのではないかと。結果としては、やっぱり哀しい思いは残りますが、じんわり温かい映画でもあります。

クリント・イーストウッド演じるウォルトは、挑戦戦争に従軍後、フォードで職工として働いたが、最大の理解者である妻を亡くした現在は、年金で一人で暮らすがんこジジイ。息子や孫とはうまくいかず言いたい事も言えないで狼のようにウーと唸り、、隣人には人種差別の罵詈雑言を浴びせるどうしようもないジジイ。しかし、心の底に秘めた情愛や正義感の深さに触れた人は、強くひきつけられる、そんな役柄です。

クリント・イーストウッドの監督作品と言えば、「ミリオンダラーズベイビー」や「硫黄島からの手紙」など、どうしようもない結末に心をふさがれながら、そこに何がしかの救い、たとえば尊厳とか誇りとかといったことの価値を見出す作品が多い。

70代後半のクリント・イーストウッドの活躍は、人生90年の時代の私たちの社会との関わり方を示しているように思われます。やっぱり、後期高齢者なんて呼び方はまちがってますね。私たちは、老いた父や母(もうちょっとわかいひとにとっては祖父や祖母)に、もっといろんなことを教えてもらわなければなりません。手遅れにならないうちに。

« かわいい侵略者 | トップページ | 坂東巡礼その8~栃木県出流 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かわいい侵略者 | トップページ | 坂東巡礼その8~栃木県出流 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ