« ようやく梅干し土用干し | トップページ | 皇居を望むビアパーティ »

坂東巡礼その9~栃木県益子

今週も、朝早くから家族が出かけ専業主婦の日曜日。猛烈に暑そうですが、2ヶ月ぶりに奮起して、板東札所巡りをすることにしました。ひとりで身軽なので、歩く距離が多そうな益子の札所に行くことに。

目指すは二十番西明寺。池袋から湘南新宿ラインで小山まで約70分、水戸線に乗り換え下館まで20分、そこから真岡鉄道で益子に向かいます。

真岡鉄道はSLで人気。真岡と書いて、「もおか」と読みます。ちょうどSLが入線したところで、図らずも乗車。ポッポーと汽笛を鳴らし、モクモク煙を吐いて走る姿を、沿線でたくさんのマニアが撮影していました。青々とした田んぼの風景を眺めながら、シュシュポポ、シュシュポポ。

200907261131001

朝8時過ぎに家を出て、益子の駅に着いたのは11時半ごろ。ピカピカの太陽は頭上に輝いています。西明寺は駅から4.5km。交通機関はないので、ひたすら歩くしかありません。途中市街地で昼食を、と思いましたが、そもそも飲食店があまりなく、お店はほとんどお休み。

2km過ぎたあたりで街路を曲がり、田園地帯に入ります。道はアスファルトで整備され、人にも猫にも会いません。こんな猛暑にこんな所を歩いている物好きは、私一人。じりじりと太陽の光が肌を焼きます。ときどき陶器の窯元がありますが、商売っ気なく、みんなお休み。

4km過ぎた地点で山の麓に到着、残り500mはきれいに整備されていますが、結構急な登り。県立自然公園に位置した豊かな森林のおかげで、いくらか涼やかになりました。

200907261226000_2 200907261229000_3 200907261235000 200907261235001

12時半、西明寺に到着。737年行基によって創立された古い古いお寺です。境内には、国の重要文化財に指定された楼門や三重塔があります。蜂がぶんぶん身体の周りを飛んで、品定めされてるようです。

帰りは道がわかってますから、タオルを頭にかぶってわき目もふらず、ひたすらすたすた歩きました。駅前の観光案内所の喫茶店に入り、とちおとめジャムかけアイスでクールダウン。駅でお土産も売ってないなんて、本当に商売っ気のない町だわ。

13時51分の真岡鉄道に乗って来た経路を帰ります。17時半帰宅。あ~暑かった。お腹すいた~。首の周りや腕が日に焼けました。お風呂に入り、小山駅で購入した悟空餃子をおかずにご飯。皮がもちもちして、ニンニクがしっかり効いています。肉体疲労時にはぴったり。

夕食後は散歩がてら、家族で近所の明治寺百観音の献灯会に。境内でガムラン演奏をしているところで、ろうそくの日がゆらゆら揺れて幻想的でした。

« ようやく梅干し土用干し | トップページ | 皇居を望むビアパーティ »

坂東三十三ヶ所巡礼」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく梅干し土用干し | トップページ | 皇居を望むビアパーティ »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ