« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

どんどんのうどんは青春の味なのだ

故郷の萩に帰ると必ず食すもののひとつに、うどんがあります。新幹線で帰るときは、新山口駅でまず「駅うどん」を食べ、萩市内では「どんどん」のうどんを毎日のように食べます。

中高生の頃は、部活帰りによくたべたものです。ハードな練習の後の空腹時に食べる肉うどんの美味しいこと。甘めの汁が、疲労を回復してくれるのです。おまけに学割ってのがあって、学生はもっと安く食べられるの。昨年帰萩してどんどんに行ってみたら、やっぱりありました、学割うどん。

そのどんどんが、箱崎の東京シティエアターミナルにあるぞ、というのは数年前から知っていましたが、なかなか行く機会がなかったのです。

本日昼時に茅場町まで行く用があったので、TCATまで足を伸ばしてみましたら、あったあった、高速の高架の下に、今や東京でもポピュラーな讃岐式セルフのうどん屋さんスタイル。注文カウンターには行列ができていましたが、なにせファーストフードですから、そんなに待たずに自分の順番に。

さて何を注文しようかな、と考えて、やっぱり青春の味、肉うどんにしてみました。それから、萩のたまげ茄子の天ぷら。最近山口県が力を入れている農産物です。おにぎりのコーナーには、ちゃんとわかめむすびもありました。周囲にわかめをまぶすのが萩の食べ方。そして、入れ放題の青い刻みねぎ。

お味のほうは、肉も汁も甘くて懐かしい味でした。しかし、讃岐うどんと書いてあるのにはびっくり。ちがうでしょ、これは讃岐うどんじゃなくて、萩(もしくは山口)うどんでしょ。香川の人も異を唱えるんじゃないかなあ。でもまあ、讃岐うどんと書いてあるほうが、人気は高いのでしょうがね。

とにかく、ここのところ宴会続きで胃腸(肝臓?)が疲れていたので、優しいお味にほっとしました。また食べに来よう。

暑気払い

昨夜は恒例の暑気払い。会場は、赤坂見附の「春吉」です。靴をぬいで上がる小上がり風のお店で、掘りこたつの板を自在にはずせば、テーブルは自由にレイアウトできます。

お料理は、お刺身の三点盛から始まり、イチジクと生ハムのサラダ、神戸ビーフのたたき、豚バラと豆腐の唐辛子鍋など。食欲が増してお酒が進みます。

日本酒は、山田錦の里、播州の地酒「白鷺の城」を冷やで。お米本来のほんのり甘みが、鱧の湯引きによく合いました。

貸切でまったり過ごし、気がついたら11時!お店を4時間も占領しちゃった。春吉さん、ごめんなさい。バタバタと忙しい日々、一夜のガールズトークでストレス解消!・・・になったかな?

美塾初級コース卒業!

美塾というメイク教室の初級コースに通っていたのですが、昨日晴れて卒業いたしました。パチパチ(o・ω・)ノ))

初級コースは別名「劇的」。自分自身の顔の特徴と個性を見極め、それを活かすメイクを自分のために習得するのです。2時間×4回受講しました。

はるかかなた昔、女子大生の頃に自分なりにメイクを工夫したものですが、その後はどんどん退化。最近は、「なんですっぴんで平気なのか」などといわれる始末。でもすっぴんじゃないんだよ、といつも言ってたのですが、今回受講して、ポイントがずれていたことがわかりました。

昨夜は最終回で、卒業試験。30分で自分なりに習った成果を表し、その後マスターできてない部分をアドバイスしてもらいました。なんと、他の受講生が仕事で急に来れなくなり、贅沢なことにマンツーマンレッスン。

自分の顔に真剣に向き合うことは最近なかったのですが、鏡をシゲシゲ見る習慣がつくと、心なしか肌が元気になったような。シミやシワも隠さないメイクですが、あまり気にならなくなってきました。

どこがポイントかって?それはナイショー!誰か劇的に気がついてくれるかな???(*´ェ`*)

皇居を望むビアパーティ

200907281817000会計指導をお願いしている須永公認会計士事務所は、丸ノ内のお堀端の一等地のビルにあります。その屋上で1年に一回行なわれるビルを挙げてのビアパーティに、今年もお邪魔しました。

日頃は屋上に入れません。ましてカメラを向けようものなら、丸ノ内警察が血相変えて、飛んでくるはず。しかし1年に1回だけは、このロケーションを満喫できるの200907281817001です。

明るいうちからバンドの演奏が流れ、ゆっくりと陽が暮れていくこのパーティだけは、声をかけていただけるなら喜んで馳せ参じたい、と思うのにはわけがあります。このブログの最初の記事が、このビアパーティなのです。

この眺めを見ながらビールを飲むと、過去の今頃を思い出します。西陽が強くて汗がしたたった夏もあり、雨で延びた年もあり。

ここ数年は公私ともに試練が多く、頑張れ頑張れと自分を励ましてきたから、今年もこうして夕暮れの皇居をながめながらビールを飲んでいることが、とてもありがたく思えます。

それにしても、青山の地べたから見る空は狭いけど、皇居に面した丸ノ内のビルから見る東京の空は広いなあ。今年はぎりぎり雨を逃れ、暑くもなく寒くもなく、避暑地のような夕暮れのビアパーティです。

200907281818000 200907281852000

坂東巡礼その9~栃木県益子

今週も、朝早くから家族が出かけ専業主婦の日曜日。猛烈に暑そうですが、2ヶ月ぶりに奮起して、板東札所巡りをすることにしました。ひとりで身軽なので、歩く距離が多そうな益子の札所に行くことに。

目指すは二十番西明寺。池袋から湘南新宿ラインで小山まで約70分、水戸線に乗り換え下館まで20分、そこから真岡鉄道で益子に向かいます。

真岡鉄道はSLで人気。真岡と書いて、「もおか」と読みます。ちょうどSLが入線したところで、図らずも乗車。ポッポーと汽笛を鳴らし、モクモク煙を吐いて走る姿を、沿線でたくさんのマニアが撮影していました。青々とした田んぼの風景を眺めながら、シュシュポポ、シュシュポポ。

200907261131001

朝8時過ぎに家を出て、益子の駅に着いたのは11時半ごろ。ピカピカの太陽は頭上に輝いています。西明寺は駅から4.5km。交通機関はないので、ひたすら歩くしかありません。途中市街地で昼食を、と思いましたが、そもそも飲食店があまりなく、お店はほとんどお休み。

2km過ぎたあたりで街路を曲がり、田園地帯に入ります。道はアスファルトで整備され、人にも猫にも会いません。こんな猛暑にこんな所を歩いている物好きは、私一人。じりじりと太陽の光が肌を焼きます。ときどき陶器の窯元がありますが、商売っ気なく、みんなお休み。

4km過ぎた地点で山の麓に到着、残り500mはきれいに整備されていますが、結構急な登り。県立自然公園に位置した豊かな森林のおかげで、いくらか涼やかになりました。

200907261226000_2 200907261229000_3 200907261235000 200907261235001

12時半、西明寺に到着。737年行基によって創立された古い古いお寺です。境内には、国の重要文化財に指定された楼門や三重塔があります。蜂がぶんぶん身体の周りを飛んで、品定めされてるようです。

帰りは道がわかってますから、タオルを頭にかぶってわき目もふらず、ひたすらすたすた歩きました。駅前の観光案内所の喫茶店に入り、とちおとめジャムかけアイスでクールダウン。駅でお土産も売ってないなんて、本当に商売っ気のない町だわ。

13時51分の真岡鉄道に乗って来た経路を帰ります。17時半帰宅。あ~暑かった。お腹すいた~。首の周りや腕が日に焼けました。お風呂に入り、小山駅で購入した悟空餃子をおかずにご飯。皮がもちもちして、ニンニクがしっかり効いています。肉体疲労時にはぴったり。

夕食後は散歩がてら、家族で近所の明治寺百観音の献灯会に。境内でガムラン演奏をしているところで、ろうそくの日がゆらゆら揺れて幻想的でした。

ようやく梅干し土用干し

まだ梅雨明けしない西日本。九州山口は雨が降り続き、あちこち土砂崩れで大変なことになっています。自然がたくさん残っていても、山が崩れてしまうなら、防ぎようがありません。

山口の友人にお見舞いのメールしたら、避難勧告が出て大変だと。断水で不自由してるそうです。明日も大雨とか。心配・・・。

それに比べて東京は、久々の炎天。洗濯物がたまってたので、3回洗濯機を回し、一度戻していた梅干しをざるに並べて干しました。なかなかいいでき。

3時に予約した歯医者に向かうと、あまりの陽射しの強さにくらくらっ。歯医者さんに、顔が真っ白よ、と心配されました。最近は2ヵ月に1回歯医者でメンテナンス。隅から隅まで磨いてもらい、口のなかがすっきりです。

夕飯は、野菜たっぷり豚肉の冷しゃぶに焼き茄子、冬瓜の煮物。CAVAのロゼ。みんなすごい食欲で冷しゃぶおかわり。ニンニク、ねぎ、みょうがを加えて、スタミナ料理。デザートは白桃。夏は美味しいものがたくさんあっていいですね。西日本の作物が気掛かりですが。

200907252214000

皆既日食は雨

朝起きると、やっぱり・・・雨・・・、とがっかりした人が、どんなにたくさんいたでしょう。東京は残念な天気。小笠原やら上海やら、この日のために各地に飛んだ友人達はどうだったかな。

昨夜は娘が食事当番。途中で、冬瓜の皮が剥けない、と携帯に泣きが入ったので、あまり期待しないで帰りました。メニューは冬瓜と厚揚げの煮物、鶏肉と野菜の豆板醤炒め、それに前日の夏野菜たっぷりのトマトスープを温めなおして、冷えた白ワインとともに。

ありあわせの材料でメニューを考えた割には、豪華にできたね。火の通り加減、味加減もなかなか。日頃なんにもしないから、生活力ないんじゃないかと心配してたんですが。

なにより、家に帰ってできたてのご飯と冷えたワインが出てくるなんて、幸せ~~ヽ(´▽`)/

王様の休日

すっかり定着したこの時期の連休。始めのころは、この休み邪魔!と思ってたけど、最近のようにいきなり猛暑日が連続すると、夏本番の入り口で、体調を調節するのにちょうどいいですね。

土曜日は、同窓会の企画会議で高校同期15人が集合。ふつうこういう世話役の会議って、会を増すごとに無責任に人が減ってくもんだけど、この会は回を増すごとに協力者が増えていて感動。秋の本番がおわると淋しいかも。昨年幹事を務めた先輩たちは、この連休にみんなで富士登山・・・気持ちがわかります。

会議のあと紙コップで恒例の酒盛り。スパークリングワイン2本、ビール大瓶5本、ロング缶2本、レギュラー缶1ダースが空きました。これ、多い?最初の会議の頃よりは、だいぶ酒量減ったと思うんだけど。(o^-^o)

日曜は土用の丑の日。映画を観たあと、うなぎを買いに閉店間際の伊勢丹へ。宮川でうなぎを買った後に、ふら~と魚売り場に行くと、最後のほうで刺身5皿で1000円に!定価は3500円~4000円相当。うわっ、豪華な夕飯になりそう。冷えたチリワインの白を買って帰り、お刺身の一部はカルパッチョにして野菜と一緒にたっぷり食べました。ワインは通常は赤が好きだけど、夏はきりりっと冷えた白ワインで食欲増進です。

月曜の休日は、家族が出かけてしまったので、正真正銘の休暇日。洗濯して、梅干を干して、半身浴して、ベッドで本を読みながらゴロリゴロリしているうちに爆睡。昼過ぎに起きて、昨夜の残りの白ワインとタコの刺身とチーズでブランチ。

夜は、いただきもののブルゴーニュの有機栽培シャルドネの白。おつまみは、チーズと枝豆、めばるの煮付、ナンプラー風味の野菜炒めに、夏野菜たっぷりのスープと、統一性のないメニューですが、栄養は摂ったど。(*^m^)

9時前にベッドで横になって本を読みながら寝たら、12時前には目が覚めて眠れなくなってしまいました。ナイトキャップに梅酒。とにかく私にとっては王様のような休日で、精気を養った連休でした。

ディア・ドクター

今もっとも才気煥発な西川美和の原作・脚本・監督、笑福亭鶴瓶主演「ディア・ドクター」。

人口1500人の高齢化した過疎地の医療問題をテーマに、失踪したニセ医者と、すっかり信じ込んでいた住民の交流を描く。

鶴瓶の飄々とした演技が、時に厳かで時にインチキな、憎めないニセ医者にはまり役。舞台となった常陸太田の田園風景は、日本の原風景として涙が出るほど美しい。まだこういうところが国内にもあるのだな、と感動。

マイナーな地域が抱える問題だが、同様の問題を抱えている地域が日本中に無数にある、メジャーな問題。うーん、いろんな意味で考えさせられる。

映画館はほぼ満席、見ている人は若いカップルあり、年配者あり。幅広い層の観客ををつかんでいるという意味でも、秀作であることがわかる。

生存の危機の暑さ

言うまい言うまいと思っているけれど、つい口をついてしまいます。あぢ~ね~、死にそう・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

昨日は病院に検査の結果を聞きにいったのだけれど、14時半の予約で14時ごろ行ったにもかかわらず、2時間待たされた。エコ温度の待合室で待っていると、からだがうまく熱を放出できなくて、座っているのがつらくて。うとうとしながら、このまま意識が混濁しやしないか、恐怖感にかられました。

夜、犬を転がしながらくつろいでごろごろしてたら、喉がだんだん痛くなってきた。冷房で風邪引いたかな・・・。いやしかし、この痛み、風邪とはちょっと違う気がする。そして朝起きたら、喉が狭くなった感じ。うまく唾液が飲み込めない。

風邪じゃない。アレルギーっぽい。何のせいだろう、と考えて思いついたのは・・・山椒だっ!!!

先日山椒の実を大量に煮たときに、味見を繰り返していたら突然同じような症状が出て、2日間エライ目にあったのです。そして昨夜は中野の居酒屋で夕飯を食べたのですが、そういえば、鯛のかぶと煮にたっぷり粉山椒がかかっていたのでした。

ってことは、近々うなぎの蒲焼を食べるだろうけれど、山椒をかけちゃ駄目ってことか。が~~ん・・・私ったらやっぱり、山椒を食べられない身体になっちゃったんだわ。(´Д⊂

朝、そんなことにショックを受けながら、出勤前に洗濯物を干していたら、吐き気までしてきた。げげっ、これは熱中症かな。

なーんて、昨日から弱音ばかり吐いて、娘に「打たれ弱い」と評されてる私です。しかしこの暑さ、生存の危機だよね。生きるって、大変だわ (lll゚Д゚)

梅雨明けた!

関東で梅雨明け宣言。今年は早い!sun外に出たら、日差しがピカピカして眩しいのなんのって。いよいよ夏本番ですね。

昨夜は、関東ニュービジネス協議会の定例会で、マイクロソフトの樋口泰行社長を講師としてお招きしました。

松下電器のエンジニアから、マイクロソフトの社長に至る変貌の道のりを、淡々と軽妙に話されました。ソフトな風貌からはうかがい知れぬ熱いエネルギーを端々に感じました。

話の中心はダイエーの再建。生々しい現場の苦労や苦悩が、樋口さんの口を通すとスマートに聞こえるから不思議。並々ならぬ、バランス感覚の持ち主とお見受けしました。

パーティの後、リニューアルオープンのtableBでガールズトーク。シェフが変わって、お料理がおしゃれになったよ。ワインも変わりました。冷えた白をゴクゴク。最近ますます周囲の女子度がアップしております。ψ(`∇´)ψ

都議選速報中です

昼下がり、まるで梅雨が明けたような陽射し。都議選、21才と11ヵ月の娘は初めての投票。長らく選挙がなかったんだな。

投票場所は、娘の母校の小学校。統合でもうすぐ廃校になる。私にとっても、PTA会長を務めた思い出の学校。

初めて投票する娘は、どきどきしてるみたい。初めてってのは、何にしろ一生に一度だからね、この新鮮な気持ちを忘れずに。

さて投票はだれにするかな。うーん、立候補者を優先するか、政党を優先するか、悩むところ。まあこれは、勝負あったな。

日が長いうちに、犬洗い。まず毛玉をほぐそうと櫛削ると、冬毛がとれるとれる。こんなに毛皮着てたんじゃ暑かったね。

バリカンかけて、シャンプーして、すっかり夏の装い。涼しげなポメ子のできあがり。うれしそうに駆け回ってるから、気持ちいいんでしょうね。

今日のお酒は、イタリアの赤いスパークリングワイン。GAVIOLI LAMBRUSCO DI TORBARA、1070円。ほっき、ホタテ、さざえが1個150円だったのでお刺身に。茄子や甘長青唐、厚揚げを網焼き。タコとズッキーニ、パブリカ、椎茸をニンニクとオリーブオイルでさっと炒める。ああ、夏だなあ。

ラジオでは選挙速報。大方の予想どおり、民主圧倒。今後経営に、どういう影響がでるのだろう。びみょー(・・?)

いけちゃんとぼく

いけちゃんとぼく

主人公ヨシオが物心ついた頃からいつも一緒にいる「いけちゃん」は、他の人には見えない不思議な生き物。辛い時も悲しいときも、そばで見守り励ましてくれる。

父親が浮気相手の家で亡くなり、母親は生活のために働きづめ。外に出れば毎日のようにいじめっ子になぐられる。自分より弱い子をいじめてみて落ち込む。そんな生活の中でヨシオは成長していき、次第にいけちゃんは見えなくなっていく。

原作は、西原理恵子の絵本「いけちゃんとぼく」。映画は全体的にほのぼのとしたトーンで、サイバラ独特の毒は薄められているが、甲斐性のない大人の男と、男運の悪い大人の女はここでもやっぱり登場します。ともさかりえ演ずる母親の生活に疲れた暗さとか、ある日突然ケバくなって駆け落ちする近所のお姉さんのセンスの悪さとか。

私たちが子どものときにも、いけちゃんはいたけれど忘れてしまったのかもしれない。しみじみとした映画。

ダイエットをジャマしないで欲しい

昼ごはんを買いに出たら、台風のような強風。暑くないので風に吹かれていると気持ちいいのですけれど、これから雨がパラパラするのかな。故郷の萩は大雨みたい。

カロリーコントロールでダイエットして、今年になって5kg近く痩せました。5kgっていうとえーって感じだけど、半年かけて5kgだから、言わなきゃあまり気がつかれないみたい。小学生並みに足が小さいので、体重が増えると足に負担がかかるのです。現在がベストな状態。ここからは維持をしたいと思っています。

しかし、連れは私のダイエットを邪魔して、食べろ食べろといいます。こういう人いるよね。他人が痩せようとすると、邪魔する人。私にも身に覚えがあります、ごめんなさい。ヾ(_ _*)

今朝もすやすや眠ってたら、おい起きろ起きろと揺さぶられ、ラジオでダイエットは駄目だって言ってるから聞きなさい、と。

イタタタタ、起こされた途端、こむら返り。ふくらはぎがつりました。鉄が欠乏してるかな。時計をみたら、まだ5時じゃーん。゚゚(´O`)°゚ NHKラジオでは、医者らしき人がダメダメと、ダイエットのデメリットを列挙。

「ほらっ、カロリーコントロールをすると不安症になるって医者が言ってるぞ。最近ため息ついてるのは、そのせいにちがいないぞ。ウツになるぞ。困るぞ。」

「私の不安の素は、ダイエットではじゃなくて、あなたなの、ア・ナ・タ。凸(`、´X) そんなことより寝かしてよっ!!・・・」って言ってるのに聞きゃしないし。

そんなやりとりがあって、今朝は寝不足。連れは家を出る間際まで、ほらね、ダイエットしちゃだめなんだよ、って繰り返し言ってた。あのさー、放っておいて欲しいんだよね。好きでダイエットしてるんだから、さ。(#`Д´)

バナナ+ミルク+ゴトコラ

最近私の朝食は、1杯のバナナミルクです。

昨年前半はバナナダイエットをしていましたが、ブームでバナナが品薄になったのでダイエット方法を変更。今年はすっかり落ち着いて値段も下がりましたので、バナナが食卓に復活。

朝食にバナナミルクを作るようにしたら、慢性睡眠不足の娘から、元気が出ると好評のため定着しました。で、最近はそれに、我が家に生えているゴトコラの葉を茎ごと3枚加えてミキサーにかけることにしました。これで栄養的にも完璧?です。

バナナとミルクとゴトコラ。材料費は一人あたり30円くらい。美味しくて、栄養たっぷりで、お手軽。コストパフォーマンス高いです。

バーゲンでストレス解消

今夏はことのほかバーゲンが早いといいます。7月1日から一斉にスタート、6月から始まっている所もありました。不況の折、早く在庫を掃きたいというのがその理由でしょう。

季節の変化がだんだん早まってるような気もするので、猛暑はこれからといえ、すぐに秋がきてしまいそう。夏物も最低限にしておこうかなと買い控えがち。

私はさほど衣裳欲はないのですが、消費行動はやっぱり、てっとりばやいストレス解消。バーゲン会場に行くと人格が変わりそうで、「お買い物中毒な私!」にならないか心配です。

日曜日の午後は、横浜から母、家庭教師のバイトから娘、昼前まで寝ていた私、女三代が新宿に集合してお買い物。京王百貨店、伊勢丹、新宿ペペを廻り、私は靴とワンピース、母はTシャツとサングラス、娘はGパンとブラウスとレインブーツを買いました。

お買い物がすんだら、チャヤマクロビ伊勢丹新宿店で夕食。身土不二、一物全体を原則とし、肉や白砂糖などを極力避けたマクロビオティック。男の人はあまり好きでないみたい。3675円のディナーコースで十分堪能。

いやあ、すっきりしたわ(≧m≦)

巨大なホワイトクーピーはなんでしょう?

Ismfileget

↑この巨大なクーピーペンみたいなものは何でしょう?

正解は・・・H-II ロケットの実機です。長さ50m、重さ260トン。1990年代に打ち上げられました。H-II ロケットはH-IIA ロケットにその座を譲って役割を終えました。それにしてもでかーい。こんな巨大なものが宇宙に飛んでくなんて不思議。 w(゚o゚)w

で、私は何をしているのかというと、JAXA筑波宇宙センターに見学に行ったのです。正門から入って受付を済ませると、まずH-II ロケットがどかーんと迎えてくれました。

200907031343000 残念ながら、生の宇宙飛行士 にお目にかかることはできませんが、宇宙飛行士の選考の過程で用いられる閉鎖した空間や低圧空間などを見ることができます。

モーニングに連載中の「宇宙空間」では、主人公のムッタがちょうど宇宙飛行士に選ばれたところ。漫画のシーンと目の前の施設が頭の中で重なって、三次元映画を見ているよう。でもこれは、現実なんだなあ、宇宙飛行士に選ばれる人ってあたりまえだけど本当に凄いですね。

宇宙服。スタッフの方が、これはひとつの宇宙船だと思ってください、と言ってました。人形の宇宙船、と思うとなんだか面白い。100kgくらいの重さがあるので、地球上ではとても着てあるけません。

そうそう、お土産売り場で、親しいパン・アキモトのパンの缶詰が販売されてるのを見つけました。若田さんと一緒に宇宙に飛んだパンの缶詰。ここに至るまでの苦労を聞いていたので、思わず手に取り、うふふ、海外で友人に会ったような気分。

それから、つくばエクスプレスに乗って、筑波が近くなったのにびっくり。今は昔、80年代前半につくば博会場に通った頃は、土浦経由でとても時間がかかったことを思うと、隔世の感があります。一般見学ツアーがありますから、一度は行くといいんじゃないでしょうか。

200907031321000200907031347000

今週は一体何人の人に会うかな?

今週は、週の初めから会議や会合続き。美味しいものにもありつけています。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

月曜は、お世話になった人の送別会を、Lawry's The Prime Rib,Tokyoで。30人もの人が集まって大盛会。送られる人の人徳ですね。ワインはカリフォルニア。ここのやわらかなローストビーフ、大好き。ほっぺが落ちそう!だけど、一番小さいサイズでも量が多くて。デザート残してしまいました。(@Д@;

火曜は朝からビジネスプランコンテストの審査会で缶詰。会議室の眼下には、多摩川の河口が見えます。大きくてゆったりと流れる川。日曜に散策した奥多摩の清廉なせせらぎがここにつながっているかと思うと、なんだか気持ちがゆったり大きくなります。

夜は、お世話になっている会計士の先生のお宅にお招きいただき、手料理をご馳走になりました。8年位前に入居され伺ったときと全く変わらぬきれいさ。白い壁はあくまで白く、床もピカピカでほこりひとつありません。変わったのは、窓からの眺め。高層ビルが増えたなあ。

すっごく忙しいのに、掃除サービスを入れてるわけでもないのに、このきれいさ・・・( ̄Д ̄;;お料理もワインもすっごく美味しくて、超高級レストランも顔負けって感じです。できる人はなんでもできるのですね。

秘密兵器もたくさんありましたよ。シャンパンの栓抜き、チーズの削り器(ジロールというんだそうです。とってをくるくる廻すと、チーズがカーネーションの花びらみたいになるの!)、ガラスのはちみつ容器、タジン鍋(←これで蒸し焼きしたイトヨリ・海老・アサリと野菜が抜群に美味!)・・・。美味しいし、面白いしで、すっかり長居をしてしまいました。

昨夜は、関東ニュービジネス協議会の新入会員向けガイダンス&懇親会。今回も元気で素敵な方々がたくさん入会され、仲間が増えて嬉しい。事務局が用意してくれたやきとりと枝豆をつまみながら、楽しく歓談しました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

1年の半分が終わった・・・と思うと、なんだか疲れがどっと。いやこれは半年の疲れではなく、週末の奥多摩の疲れかな。今年ももう半分!まだ半分?がんばれがんばれ。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ