« 生存の危機の暑さ | トップページ | 王様の休日 »

ディア・ドクター

今もっとも才気煥発な西川美和の原作・脚本・監督、笑福亭鶴瓶主演「ディア・ドクター」。

人口1500人の高齢化した過疎地の医療問題をテーマに、失踪したニセ医者と、すっかり信じ込んでいた住民の交流を描く。

鶴瓶の飄々とした演技が、時に厳かで時にインチキな、憎めないニセ医者にはまり役。舞台となった常陸太田の田園風景は、日本の原風景として涙が出るほど美しい。まだこういうところが国内にもあるのだな、と感動。

マイナーな地域が抱える問題だが、同様の問題を抱えている地域が日本中に無数にある、メジャーな問題。うーん、いろんな意味で考えさせられる。

映画館はほぼ満席、見ている人は若いカップルあり、年配者あり。幅広い層の観客ををつかんでいるという意味でも、秀作であることがわかる。

« 生存の危機の暑さ | トップページ | 王様の休日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生存の危機の暑さ | トップページ | 王様の休日 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ