« 走れ、走れ | トップページ | ひとつの区切り »

クローンと南極

私の中のあなた

白血病の姉を救うために、遺伝子操作でドナーとして創られた11歳の妹が、もう姉にからだを提供するのはいや、と両親を訴える。姉思いの妹がなぜ・・・?

キャメロン・ディアスは上手に脱皮。天才子役の呼び声高いアビゲイル・ブレスリンはときおり見せる物憂げな表情が大人っぽくて物語に深みを与えているし、余命短い患者同士の初恋を演じたソフィア・ヴァジリーヴァとトーマス・デッカーも、希望と諦観を織り交ぜた演技で胸に迫ります。

丁寧に作られた、想像以上によい映画でした。

南極料理人

全ての生き物が生存しない南極ドームふじ基地での、男ばかり8人の生活のドタバタを、料理担当者の目を通して語る映画。ひさびさに、声をあげて笑って見ました。ある意味、「プール」の対極。それにしても、どこで撮影したのかな?

« 走れ、走れ | トップページ | ひとつの区切り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

古い日記にコメントでごめんなさい。
岡山からの出張帰り、新幹線車中のPCで「私の中のあなた」を観賞。これは私にとってこの数年でベストかもしれないです。客観的な出来不出来より、自分の内側で共振してしまいました。ジョン・カサベテスとジーナ・ローランズから生を受けたニック・カサベテスらしい見事な映画。

kaoru1107さん、ご無沙汰しています。新幹線の中で鑑賞・・・そういう時代になったのですね!、目の前のいろんな課題が盛り込まれた、社会に問題提起する内容なのに、娯楽性も高く、これぞ映画の存在価値を感じる作品だと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 走れ、走れ | トップページ | ひとつの区切り »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ