« 福岡日帰り出張 | トップページ | 米ぬか »

沈まぬ太陽

久しぶりに母と会って、新宿のデパートの靴鞄バーゲンに。母は冬用のウォーキングシューズを買いました。アシックスのゴアテックスのブーツを半額でゲット。

バッグはタイムセールに参戦。最初は手も足もでませんでしたが、とにかく手当たり次第につかむ、というのが戦法なのね。 

買い物のあと、映画「沈まぬ太陽」を観ました。なんと、3時間を超える長編。間に10分のインターミッションがあります。中身が濃くて、見応えあり。日本の中年以上の男優総出演。往年の二枚目俳優が、憎々しげな悪役やろうかいな政治家を演じ、それもまた見終わった後におしゃべりの種に。

この映画は実在の人物組織は無関係と断ってますが、主人公と属する組織にモデルがあることは周知。で、事実をなぞりながらみるために、一層切実感があります。

主人公恩地元の人生を、労働組合委員長として活躍する60年代、海外に左遷された70年代、520人の命を奪った飛行機事故の対応と外様の会長と改革に着手する80年代のステージが行きつもどりつして描かれます。特に雄巣鷹の下りは圧巻です。

最近のナショナルフラッグの衰退ぶりを見るにつけても、なるべくしてなったと思われます。この映画がお蔵入りしなかったこと自体が、世の中の変化を感じさせます。

« 福岡日帰り出張 | トップページ | 米ぬか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡日帰り出張 | トップページ | 米ぬか »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ