« 五人つきのお餅 | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

アバター

先週、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」をついに観ました。もちろん3Dです。眼鏡の上から3Dカメラをかけるのは、結構つらい状態で肩が凝りましたが、スターウォーズを観たときの感動に近いものがありました。

ものすごく新しくて、一方で懐かしさを感じる映画。どこかで観たことのあるような気がするのは、ストーリーか、あるいは映像の印象か。もののけ姫との共通点を指摘する人もいます。

映画史上最速で全世界興行収入を50億ドルを突破。興行収入歴代トップの同監督作品「タイタニック」を抜いて、史上最高となるのも時間の問題と言われています。

パンドラ星に住む先住民ナヴィと、侵略者地球人の確執と再生。体長3メートル、緑色で爬虫類のような顔をしたナヴィは最初不気味に思えますが、観ているうちにだんだんと愛らしく思えてきます。

パフォーマンス・キャプチャーを用いたCG技術が、人間の顔の筋肉の動きを精密に再現し、とても感情豊かに表情を導き出すからです。

マイケル・ジャクソンの「This Is It」のメッセージとも呼応するように思えます。マイケルは、パンドラの住人として生まれ変わってるかもしれないね。( ^ω^ )

続編が楽しみです。

« 五人つきのお餅 | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五人つきのお餅 | トップページ | かいじゅうたちのいるところ »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ