« YBI「実践型増益経営塾」のご案内 | トップページ | 萩の椿を搾ったオイル »

YBI「実践型増益経営塾のご案内」その2

昨日ご紹介した、横林寛肪先生の「実践型増益経営塾」について、少し詳しくご案内します。

【実践型増益経営塾の特長】

・経営学の実践:延べ800社・8000人を増益に導いた講師の増益経営学が習得できます。
・基本の増益経営学:横林式増益経営全般、実例を紹介しながら解り易く解説します。
・解り易い教え方:家庭教師のような教え方により、受講者(経営管理者)が育ちます。
・実践型の増益塾:実例に基づいた計数管理手法で増益に導きます。
・増益経営の実現:受講者(経営管理者)が、管理手法で利益流失を止め利益創出をします。
・他社経営の習得:講師の宿題の発表を通し、受講会社の経営ノウハウが吸収できます。
・企業の体質強化:増益経営塾を通して、企業の体質強化と企業成長が図れます。

【実践型増益経営塾のねらい】

中小企業が苦手とする管理手法を用いて、会社のあちこちで発生している利益流出を食い止め、利益体質の企業に改革します。又、計数管理手法で増益に導き、強靭な利益創出企業を作る。併せて、増益理論と宿題の反復を通して、経営管理者の管理水準を高め、企業の体質強化と経営管理者の能力開発によって、優良企業を構築する。本塾の指導内容は、800社近くのコンサルティング経験に基づく実践的増益経営手法です。

【実践型増益経営塾の進め方】

1)指導内容(テーマ)に沿った増益経営学を、10テーマに分けて受講者に指導を行います。
2)指導方法:講義内容を受講者に宿題として与え、次回講義日にその宿題を受講者が発表し、受講者のレベルアップを通して受講会社を利益体質の会社に導く。併せて、講義内容の未理解者や受講会社が事業経営で困っている場合は、個人レッスン時間を設けます(無料)。
※受講会社は、自社の経営内容を開示することで、受講会社相互の参考・手本となり大きなメリットが生じます。
3)指導期間:月1回(原則として金曜日)×10回(本年5月~翌年2月)
4)指導時間:10:00~17:00(昼休み60分、原則として宿泊経費が発生させない日帰りを奨励します)
5)定員:15社限定(受講者は、原則として1社Max2名とします。少数人員により密度を高めます)
6)会場:アルカディア市ヶ谷 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL 03-3261-9921(JR市ヶ谷駅徒歩2分、地下鉄新宿線及び地下鉄有楽線市ヶ谷駅A4徒歩2分)

【実践型増益経営塾の特典】

1)現場指導:受講会社の中で現場の個別指導が生じた場合、講師が現場に出向くことがあります。
2)株式公開指導:受講会社の中で、株式公開指導を必要とする場合、わが国第一人者の講師(横林)より株式公開の個別指導が受けられます。
※現地に出向く旅費・宿泊費および指導料は、受講会社の実費負担とします。
3)成果:世界同時不況は、売上高増大や経費削減に期待出来ないから、適性仕入高による最適在庫高、生産速度UP、営業マンの顧客訪問、新製品開発による売上拡大、不況下でのメリット設備投資などで製品の粗利率を向上させ、企業に利益を齎せてきました。そのプロセスを通して、幹部社員は能力開発に繋がり、企業の体質強化を齎しました。

【実践型増益経営塾の申込方法】

1)参加費:1社 55万円 1社当り2名迄参加可能です(1回につき追加2万円)。
本参加費はセミナー会社の30%で格安です。
2)申込方法:
・参加申込書をFAX、郵便、E-mailでお送り下さい。
・おりかえし、参加証、会場案内図、請求書をお送り致します。
・参加費は、開講日迄に一括払いでお振込みをお願い致します。
3)申込締切日:平成22年4月16日(金)
4)申込先・問合先:株式会社YBI
〒 176-0012 東京都練馬区豊玉北2-12-19
Fax :03-45984-7725   Tel :03-5984—7710
E-mail:h.yokobayashi@gmail.com


【実践型増益経営塾の講師プロフィール】

横林 寛昉(よこばやしひろあき)
株式会社YBI代表・山口大学客員教授、工学博士、技術士。4社の社外取締役、5社の顧問、20社の株式公開を果たす。経営コンサルタント、ベンチャーキャピタリスト、執筆家、大学教授と多彩な顔を持つ異色の人物。
トステム取締役時代、企業内企業(株式公開)、M&A、新規事業開発で、経営の神さん故P.Fドラッカーから高い評価を受ける。独立後、独自で開発した計数管理によるユニークな増益管理手法で延べ800社の企業と幹部社員8000人を指導し、指導会社の98%を増益に導き、マスコミからは「増益請負人」と称され大きな反響を受けているが、本人は「幹部社員教育人」と言っている。一方で、大学院、中央官庁、自分が主管する経営塾で将来日本を背負う企業家育成、ベンチャー企業家の育成に余念がない。日本初のエンジェルとしても大きな注目を集めている。著書に、「実例に基づく増益経営」「会社を伸ばす実践経営学」「実践増益経営学」「増益のしかけ」(何れも東洋経済新報社)、「利益を生み出す経営モデル&実践シート」(すばる舎/1995年4月度東京八重洲ブックセンターのベストセラー)他9冊。通産省産業構造審議会委員、軽金属学会常任理事、法政大学大学院客員教授、通産省アントレプレイナー教育研究会など多くの諸官庁のベンチャー企業育成の要職に就いている。また、「YBI増益経営フォーラム」(Web上の経営相談/無料)、8つの私的経営塾(無料)など。

2009020400012478111

« YBI「実践型増益経営塾」のご案内 | トップページ | 萩の椿を搾ったオイル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご紹介に、多くのスペースを割いて頂きありがとうございす。
私のコンサツタント暦は、トステムで10年、独立してから15年計25年になります。
長引く不況から脱出する為には、新製品開発、新規事業開拓、大型設備投資による“攻めの経営戦略”で売上拡大を図るべきでだと考えております。
YBI『実践型増益管理塾』の特徴は、増益経営学を10項目に分け、横林式増益理論の講義&その講義内容(グラフと図表で計数化する)に基づき、受講者が自社の経営実態を発表し、発表者の経営内容に関し、講師から経営改善や増益方法のコメントや受講者が発表したグラフと図表の見方などの指導を通して受講者の能力開発と自社に増益を導くものです。
独自で開発した横林式計数管理手法は、集大成に入っており、皆さんと一緒に、大型不況だからこそ発見出来る貴重な増益経営ノウハウを構築しましょう。
軽井沢にて:YBI横林

横林先生、いつもお世話になっております。コメントご丁寧にありがとうございます。「横林先生を囲む会」には伺いますので、よろしくお願いします。

「横林を囲む会」は、私がお世話になった経営者を対象に例年開催し、全国から経営者が110名前後参加しています。今年で9回目を迎え、開催日は4月14日(水)9:00~17:00於アリカイディア市ヶ谷(東京市ヶ谷)です。今年のテーマは、大不況打開策として『新製品(&新規事業)開発により売上拡大を目指す』。横林のスピーチに続いて、本テーマーで成功した会社が5社事例発表をします。そして、11チームに分かれリーダーが中心に1チーム10名前後のメンバー達がグループデスカッションや参加者から経営全般の質疑応答で横林が回答します。この「囲む会」に、ゲストスピーカーとして千本倖生さん(イーモバイル会長)、米倉誠一朗教授(一橋大学)、原田明夫さん(元検事総長)らも参加願ったことがあります。
参加希望の方は、田子社長経由でお知らせ願えれば、案内状を送付致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YBI「実践型増益経営塾」のご案内 | トップページ | 萩の椿を搾ったオイル »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ