« 坂東巡礼その11~栃木県日光 | トップページ | 第9地区 »

坂東巡礼その12~茨城県筑波

先週は金曜の夜中から土曜の朝にかけて、思いがけない4月の雪でしたが、日曜にはちゃんと春の陽射しが戻ってきました。お日さまのありがたさが身に沁みて、思わず家を飛び出しました。せっかくですから、坂東三十三ヶ所巡り、茨城県に突入することにしました。

茨城県の札所は6ヶ所ありますが、広い地域に点在しており、一番わかりやすそうな筑波から廻ることにしました。北千住からつくばエクスプレスの快速で終点つくばまで33分。つくば駅前から筑波山シャトルバスで約45分で、「筑波山神社入り口」に到着します。ここまでアクセスは実に快適。そこから鳥居をくぐって約15分くらい坂道を登っていくと、二十五番筑波山大御堂に到着します。

大御堂はこれまで歩いた古刹と比べると小さなお寺で、庭の池では筑波山名物ガマガエルがグワーグワーと鳴いてます。お寺の歴史を紐解くと、そもそもは782年に徳一上人が開祖した山岳信仰の筑波山神社と一体で、中禅寺知足院として栄えていましたが、明治の廃仏毀釈で打ち壊しの目に。昭和5年に再建しご本尊を安置するも昭和13年には山津波で埋没。昭和34年に漸く現在の大御堂の再建に着手し、昭和36年に完成という、苦難の歴史をもつお寺です。

201004181259000 201004181259001

大御堂に参拝した後、すぐ近くの筑波山神社へ。本殿の屋根は大きな龍のようにうねり、大きな大きな金色の鈴が吊るされています。筑波山神社の神様は、筑波山の二峰、男体山におわしますイザナギノミコト、女体山におわしますイザナミノミコト。境内では「ガマの油売り」の口上保存会の人が、さあさあお立会い、と実演中でした。広々とした境内には、かつてそこに中禅寺があったことを思い起こさせる旧跡がありました。

201004181238000 201004181240000

せっかくここまで来たので百名山のひとつ、筑波山にケーブルカーで登山。御幸ヶ原駅に到着すると、左手に男体山、右手に女体山の頂上が見えます。頂上まで歩いて15分というのでまず男体山に登ると、途中から岩がゴロゴロ、おまけに昨日の雪がまだ残っていてびちょびちょで、結構恐い。頂上には、祠があり、まさしくこれが山岳信仰の神様。足元が悪いので、女体山は登らず、かたくりの花を眺めて帰りました。

201004181438000 201004181348000 201004181423000

百名山に数えられるだけあって、筑波山は高さはさほどではないけれども、眺めがよくパワーが感じられる山。東京都内でいえば、高尾山のような存在でしょうか。神社周辺は温泉街になっていますが、旅館もお土産屋さんも、ちょっと残念な感じ。地の利から言って、もっと人を集められる場所のような気がします。しかし、これ以上たくさん人が集まると、神様がおちおち休んでられないかもしれませんね。

« 坂東巡礼その11~栃木県日光 | トップページ | 第9地区 »

坂東三十三ヶ所巡礼」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

坂東巡礼は、茨城県に足が延びましたね!男体山(筑波)のカタクリが上手に撮れていますね。日光の男体山には、牧野学博士発見のコウシンソウ(天然記念物)に3年通い、やっと咲いているところを撮る事が出来ました。

カメラの紫花は、シラネアオイ、トリカブト、リンドウ等も原色が出ません。雨天の紫花は原色に近く撮れますが、片栗は花弁を閉じますから、シヤッターチャンスがありません。

紫花は好きな花です。今春は、イベントに追われ、自宅(練馬)庭の片栗が咲いているのに気付かなかったのですが、田子さんの片栗を楽しみながら、軽井沢に来ると既に咲き終わっている筈の片栗が旧山荘で沢山咲いていました。

ここでは、100種近くの高山植物を育てており、GW迄に新築の庭に移植予定でしたが、雪の為に新芽が遅れ、移植は5月中旬迄先送りにします。例年ですと、コブシが咲く頃ですが今だつぼみ堅く、GWには桜も観られないでしょう。

横林先生、セミナーが終わられて、軽井沢でほっと一息されているのがコメントに伝わります。今年は変な天気ですが、おからだに気をつけてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂東巡礼その11~栃木県日光 | トップページ | 第9地区 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ