« 坂東巡礼その12~茨城県筑波 | トップページ | 時をかける少女 »

第9地区

GWに向けて人気映画続々。レオちゃんも観たいしアリスも必須。でも満席でなんとか座席が確保できたのが「第9地区」。

南アフリカ共和国の上空に突如現れた宇宙船。故障して動かなくなった船内から保護されたエイリアンは、第9地区と呼ばれる地域で共生する。難民化したエイリアンは増える一方で治安が悪化、地球人との間に軋轢が生じ、なんだらかんだら・・・、という映画。

エイリアンは、甲殻類が二足歩行しているような姿かたちで、エビと呼ばれ蔑まれます。エビというよりは、カブトガニ、あるいはダンゴムシのよう。ダダダダ、ベチャッ、ドカーン、グチャッ、というシーンが多く、思わず目を塞ぐことも。まさに、TVゲームを見ているようなビジュアル。

画面展開はスピーディで、構成も斬新な印象。環境条件の違う惑星からきたエイリアンが、なぜ地球でそのまま呼吸できるのかとか、気になり始めるとストーリーに矛盾を感じることは多々ありますが、舞台が南アフリカ、演ずるのは既知でない南アフリカの俳優陣、というのが妙にリアル感をあおります。ヒーローやヒロインもいません。

TVゲーム的と思えば面白いが、その背景に社会的なメッセージを読みとろうとすると、重い話とも読めます。観客のイマジネーションをそそる映画です。

« 坂東巡礼その12~茨城県筑波 | トップページ | 時をかける少女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂東巡礼その12~茨城県筑波 | トップページ | 時をかける少女 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ