« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

時をかける少女

時をかける少女」実写版がそろそろ終わりそうなので観にいきました。ひとことで言って、泣けました。筒井康隆原作の「時をかける少女」の映像化といえば、そもそも1972年にNHKの少年ドラマシリーズで、「タイムトラベラー」というタイトルでドラマ化されました。

歳がばれますが、当時私は6年生。12歳という多感な年頃の胸には、理科室・ラベンダーの香り・未来から来た少年という組み合わせがとても印象的で、TVにかぶりつくようにして熱中しました。最後のシーン、ヒロイン芳山和子がすべての記憶をなくし思い出も消えてしまうのが、切なくて切なくて、胸がキューンとしたのを覚えています。

一般的に一番有名なのは、原田知世主演の角川映画「時をかける少女」。ユーミンの主題曲は今もカラオケの定番です。2006年に制作されたアニメ版「時をかける少女」もとても良くできていたと友人が言ってましたが、残念ながら、見損ねています。そのほか、TVも含め何度も映像化されてるようです。

仲里依紗主演の今回の「時かけ」は、薬剤師のシングルマザーとなった芳山和子の娘あかりの話。事故に遭って意識不明の母の秘密を探りに、1972年にタイムトラベルするのですが、まちがって1974年に行ってしまいます。そこで出会った人々との関わりの中で、大人になっていくあかり。

おかしなことに、ヒロインが制服姿で登場した途端に、涙腺がゆるゆるしてきました。いろんなことに感情移入しちゃって。仲里依紗の演技も、表情がくるくる変わってチャーミングでいい。エピソード2といった内容で話は変わりますが、時かけの切なさは健在。丁寧に作られた邦画です。キャストは既に、80年代生まれの子に席巻されてますが、大人にもおススメ。

第9地区

GWに向けて人気映画続々。レオちゃんも観たいしアリスも必須。でも満席でなんとか座席が確保できたのが「第9地区」。

南アフリカ共和国の上空に突如現れた宇宙船。故障して動かなくなった船内から保護されたエイリアンは、第9地区と呼ばれる地域で共生する。難民化したエイリアンは増える一方で治安が悪化、地球人との間に軋轢が生じ、なんだらかんだら・・・、という映画。

エイリアンは、甲殻類が二足歩行しているような姿かたちで、エビと呼ばれ蔑まれます。エビというよりは、カブトガニ、あるいはダンゴムシのよう。ダダダダ、ベチャッ、ドカーン、グチャッ、というシーンが多く、思わず目を塞ぐことも。まさに、TVゲームを見ているようなビジュアル。

画面展開はスピーディで、構成も斬新な印象。環境条件の違う惑星からきたエイリアンが、なぜ地球でそのまま呼吸できるのかとか、気になり始めるとストーリーに矛盾を感じることは多々ありますが、舞台が南アフリカ、演ずるのは既知でない南アフリカの俳優陣、というのが妙にリアル感をあおります。ヒーローやヒロインもいません。

TVゲーム的と思えば面白いが、その背景に社会的なメッセージを読みとろうとすると、重い話とも読めます。観客のイマジネーションをそそる映画です。

坂東巡礼その12~茨城県筑波

先週は金曜の夜中から土曜の朝にかけて、思いがけない4月の雪でしたが、日曜にはちゃんと春の陽射しが戻ってきました。お日さまのありがたさが身に沁みて、思わず家を飛び出しました。せっかくですから、坂東三十三ヶ所巡り、茨城県に突入することにしました。

茨城県の札所は6ヶ所ありますが、広い地域に点在しており、一番わかりやすそうな筑波から廻ることにしました。北千住からつくばエクスプレスの快速で終点つくばまで33分。つくば駅前から筑波山シャトルバスで約45分で、「筑波山神社入り口」に到着します。ここまでアクセスは実に快適。そこから鳥居をくぐって約15分くらい坂道を登っていくと、二十五番筑波山大御堂に到着します。

大御堂はこれまで歩いた古刹と比べると小さなお寺で、庭の池では筑波山名物ガマガエルがグワーグワーと鳴いてます。お寺の歴史を紐解くと、そもそもは782年に徳一上人が開祖した山岳信仰の筑波山神社と一体で、中禅寺知足院として栄えていましたが、明治の廃仏毀釈で打ち壊しの目に。昭和5年に再建しご本尊を安置するも昭和13年には山津波で埋没。昭和34年に漸く現在の大御堂の再建に着手し、昭和36年に完成という、苦難の歴史をもつお寺です。

201004181259000 201004181259001

大御堂に参拝した後、すぐ近くの筑波山神社へ。本殿の屋根は大きな龍のようにうねり、大きな大きな金色の鈴が吊るされています。筑波山神社の神様は、筑波山の二峰、男体山におわしますイザナギノミコト、女体山におわしますイザナミノミコト。境内では「ガマの油売り」の口上保存会の人が、さあさあお立会い、と実演中でした。広々とした境内には、かつてそこに中禅寺があったことを思い起こさせる旧跡がありました。

201004181238000 201004181240000

せっかくここまで来たので百名山のひとつ、筑波山にケーブルカーで登山。御幸ヶ原駅に到着すると、左手に男体山、右手に女体山の頂上が見えます。頂上まで歩いて15分というのでまず男体山に登ると、途中から岩がゴロゴロ、おまけに昨日の雪がまだ残っていてびちょびちょで、結構恐い。頂上には、祠があり、まさしくこれが山岳信仰の神様。足元が悪いので、女体山は登らず、かたくりの花を眺めて帰りました。

201004181438000 201004181348000 201004181423000

百名山に数えられるだけあって、筑波山は高さはさほどではないけれども、眺めがよくパワーが感じられる山。東京都内でいえば、高尾山のような存在でしょうか。神社周辺は温泉街になっていますが、旅館もお土産屋さんも、ちょっと残念な感じ。地の利から言って、もっと人を集められる場所のような気がします。しかし、これ以上たくさん人が集まると、神様がおちおち休んでられないかもしれませんね。

坂東巡礼その11~栃木県日光

一昨年の夏より、坂東三十三ヶ所観音霊場めぐりをしています。その前は9日かけて、秩父三十四ヶ所を廻りました。心身ともにきつかった時期に、無心になって秩父の寺社を巡ることで、自分を空っぽにして見つめなおすことができました。やみつきになって坂東を廻り始めましたが、秩父に比べてエリアが広い。公共交通機関を使って日帰りで参ると、最近は一日に一ヶ所がやっとです。冬が終わったので、いよいよ先週末より再開いたしました。

今回向かうは、栃木県で一箇所残していた奥日光の中禅寺です。朝早く出発と思いましたが、いつものごとくぐずぐずし、おまけに目指した東武特急は満席で、東武日光駅にたどりついたのは結局12時半を廻っていました。駅前から湯元温泉行きの路線バスで約45分、雪の残るいろは坂を通って中禅寺湖入り口に到着しました。

春が来たとはいえ、日光はまだ道が空いており、湖畔の観光店もまだ寝ぼけまなこ。店先で日光彫のおじさんに、美味しいお店はと聞いても、ここは観光地だからねえ、そんなに格別美味しいものはないよ、とのお答え。おそばは?ときくと、あそことあそこはまあまあと、そんなに期待するなという口ぶり。背に腹は代えられず、となりの蕎麦屋でゆばそばを注文、期待しなかっただけにとても美味しく感じました。日光の人は朴訥。

さてそこから湖畔を約15分、陽射しはじりじりと暑いくらいです。門前町は、シーズンオフで閉めてるんだか、つぶれてしまったんだかわからないようなさびれた気配の中に、中禅寺の鳥居が現れました。坂東札所十八番、784年に勝道上人によって創建されたお寺、世界遺産に登録された輪王寺の別院です。中禅寺の堂からは、目の前に中禅寺湖、右手に男体山のシャープな威容、向こうに冠雪の山並。心が洗われるような眺めです。

201004101431000_2 201004101450000 201004101501000 

勝道上人は、男体山に極楽浄土があると考え、何度も挑戦しては挫折。16年かけて漸く登頂に成功し、山の入り口に建立したのが中禅寺です。そして、山頂から眺めて発見したのが、火山の噴火によって川がせき止められできた中禅寺湖でした。明治35年に大山津波が起こって寺社が流され、現在の地に再建。かつて中禅寺があった男体山登拝口には、現在は二荒山神社中宮祠があります。

中禅寺のご本尊は、立木観音。上人が湖上に船出したときに、千手観音が出現。根がついたままの桂の立木にその姿を彫ったと伝えられています。大山津波のときに湖に流されましたが、湖底から浮き上がり再建されたお寺に安置。胴体は高さ6mの一本の大桂、千手は寄木造という珍しい仏像。お顔はやや角ばった丸顔で、目の大きなチャーミングな観音様です。その周りを、源頼朝が寄進した四天王が力強く守っています。

納経をすませたら、もともとは中禅寺があったという、二荒山神社中宮祠にも参りました。日光山二荒山神社本社と同じく、男体山・女峰山・太郎山の三山を祭ります。境内には、男体山奥宮登拝口の山門があり、5月から10月の間だけ、登ることができるそうです。その時期には全国から多数の参拝者が集まるそうで、登ってみたい気もしますが、かつて山津波で寺社が流されたことを思うと、ちょっと恐い。山の霊気に、畏れを感じました。

201004101540000 201004101542000

実はこのたび、生まれて初めて日光の地に足を踏み入れました。関東で日光に行ったことがないというと、びっくりされることが多いのですが、機会がなかったのです。もっと観光の手垢にまみれた所かと思ってましたが、思ったより素朴。お土産に、塩羊羹と生湯葉刺身を買って帰りました。時間が足りず、世界遺産を訪ねることはできませんでしたので、札所めぐりが終わったら、きちんと温泉付きで観光客をしたい。でもまだ2年はかかりそう。次回からはいよいよ茨城県です。

中国という巨大市場の行方について教えていただきました

昨夜は女性経営者が集まる勉強会に出席しました。講師は沈才彬(シン・サイヒン)氏。日本で500回くらい講演しているけれども、女性の会では初めて、という沈先生。中国でも「陰盛陽衰」、つまり女性が元気で男性は元気ないという言葉が流行、日本でも中国でも女性の存在感はますます高まっています、と会場を和ませて講演が始まりました。

天安門事件の起こった1989年に来日、三井物産戦略研究所中国経済センター長を経て、2年前より多摩大学経営情報学部教授、日本に永住している方です。勉強になったことを、ノートしておこうと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ベルリンの壁崩壊後、旧ソや東欧の共産主義国家が崩壊したのになぜ中国だけは台頭したのか。

それは、鄧小平氏が社会主義市場経済という当時非常識と思われた発想を政策に取り入れたから。中国が米国や日本ほか他国と摩擦を起こすのは、あまりに急ピッチで発展しすぎたために、お互いの心の準備ができていないからだ。

米国発金融危機から中国が一番先に脱却できたのはなぜか。

1)中国は共産党一党主義であるから、外部危機には強い。しかし裏を返せば、国内の政変には弱いという特質がある。

2)中国は海洋国家と大陸国家の二つの側面をもっているから。海洋国家は外需依存、大陸国家は内需依存。中国は内需が大きいのでダメージが小さかった。

3)中国はリーマンショックの翌日に、いち早く金融引締政策から緩和政策に転換した。これも、一党主義のなせるわざで、政府の決断や実行が速いのである。

中国のリスクは、国民の抑えていた不平不満の暴発。一党主義で政変に弱いから。国内の地域格差や、官僚の腐敗、民族紛争などの問題を抱えている。人民元は近い将来、5%前後の切上が行われるだろう。しかしそれは米国からの圧力に屈するわけではなく、インフレ対応という国内事情によるものだ。

今後10年間は、年平均7%の経済成長は続くだろう。短期的に観ると、不動産バブルの崩壊はあり得る。しかし物理的なニーズを考えると、中長期的には住宅の価格は上昇するはず。

国内事情により、経済の挫折は今後も起こりうる。しかしそれは一時的なものだろう。なぜならば、中国は工業化も都市化もまだ途中であり、膨大な中間層・富裕層が存在する限り、国内需要はまだまだ増加の一途であるからだ。

日本企業は、世界戦略の舵取りを米国中心から新興国中心に転換すべき時期に来ている。また、対中国については、世界の工場としての活用から、巨大市場としてのマーケット戦略に転換すべきである。

日本の経営者の中には、中国は恐い国、ルールがルーズな国、というイメージを持っている人もおおいかもしれない。しかし、中国市場は巨大であり、かつ成長を続ける。そして、グローバルスタンダードに向かっていることも必然。日本から見て、悪いほうには進んでいない。

中国は成長国家。日本は成熟国家。リスクが大きければ不安定だがパワーが大きい。リスクが小さければ安定しているがパワーは小さい。そのちがいだと考えて中国と付き合う必要がある。日本は今こそ、「親米睦中」を外交戦略にすべきである。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

沈先生は、とてもわかりやすく客観的で正確な言葉を用いたお話しぶりで、予定の時間は大幅に超えてどんな質問にも、実に丁寧に適確に答えてくださいました。その穏やかで誠実な姿勢が、私にとって感動的でとても勉強になりました。

「マイレージ、マイライフ」ほか

この春は面白い洋画が多かった。見たい映画が目白押しで、見損ねてしまった作品も。不況で経済力が落ちたからだろうか、派手なものよりも、人間の内面を深く掘り下げたようなものや、新しい取り組みに挑戦するものが多く、進化しているように思う。ではまだブログに書いてない作品をまとめておきます。

まずは、「マイレージ、マイライフ」。ERで出会って以来、時をともにしてオジサンオバサンになってるような、勝手に同級生的親近感を感じる、ジョージー・クルーニーが主演です(笑)。この人、人間として完璧と思っちゃう。

話の展開も速く、達者な役者ぞろいで、テンポの良い映画ですが、実は重いテーマがたくさん含まれていました。ハッピーエンドでもアンハッピーエンドでもない終わり方。最近のハリウッド映画って、こういう突き放したような視点が多いような気がする。メッセージの押し付けではなく、観る者が自分で考えよ、みたいな。

次に、「シャーロック・ホームズ」。題材はクラッシックで、製作手法はモダンな、完成度の高いエンターテイメント。ハリーポッターとマトリックスを足して2で割ったようなテイストです。続編が楽しみ。

ロバート・ダウニーJrとジュード・ロウの組み合わせがいい。特に、ジュード・ロウ演ずるワトソン博士が、ロバート・ダウニーJr演ずるホームズに、愛想をつかして離れようとしながら離れられないところが、ゲイっぽく見えるのは穿ち過ぎ?

抱擁のかけら」。見せます、ペネロペ・クルスの魅力、って感じの映画。このストーリー、私はあまり好きでない。なにが言いたいのかよくわからなかった。ツレは、これはコメディだよ、そんなまじめに考える映画じゃないよ、なんて言ってたけどどうなんでしょう。「それでも恋するバルセロナ」のときのペネロペ・クルスが一番好きだな。のびのびと個性を発揮してて。

それにしても、日本の映画界は一時と比べてほんとに元気ないなあ。せっかく若手や女性のいい監督が次々に出てきているのに、製作資金が集まらないのですね。不況は世界中なのに、どこに違いがあるのでしょうか。誰か教えてください。

ハート・ロッカー

ついに観ました。アカデミー賞6部門を受賞した「ハートロッカー」。いやあ〜、肩が凝りました。

時限装置との闘い、見えない敵との闘い、孤独と恐怖・・・。残された任務日数のあと数日が、果てしなく感じる。果たしてその日まで生きていられるのかどうか・・・。

最初から最後まで、息苦しい緊迫感が続きます。観終わったあとに、思わずふぅっとため息。身体中に力が入っていたのがわかります。

こんな戦争映画は観たことありません。監督が女性であるということは関係するのでしょうか。イラクで命をかける爆弾処理班の兵士たちを、ヒーロー扱いするわけでなく、リアリズムな目で、しかし愛情をもって見つめる視点。

ハート・ロッカーとは、行きたくない場所、すなわち棺桶を表すのだそうです。

おそれいりました。

水の都東京で桜を愛でる

早い早いといわれながら、寒い日が続いて、結局4月に見頃を迎えた今年の桜。母を連れて行くのに、隅田川沿いでおすすめのお花見スボットはどこ?とtwitterで尋ねると、水上から観るのがいいよとジモティも方からアドバイスをいただきました。そこで奮発して、憧れの屋形船に乗ってみることにしました。

201004041438000_2 手配したのは、中金という船宿。品川駅から第一京浜を海側に曲がり、旧目黒川を堰止めたところにあります。船宿の入り口から奥に入ると、裏側が運河に面して、堰を囲むようにして船宿が並びます。江戸情緒の風情があり、初めてなのに懐かしい感じがします。

201004041513000 中高年の団体やカップルなど約30人が同じ船に乗り込み、午後3時に出航。テーブルには美味しそうな料理がならび、よく冷えたビールが出てきました。早速乾杯し、卓に狭しと並んだお料理をつまみながら、運河の風景を眺めます。

201004041534000_3 船は、天王洲を右手に見ながら水上を左に曲がり、レインボーブリッジをくぐって、やがて隅田川をすいすいと上っていきます。水上から見るとどこを走っているかがよくわからず、あれはなんだ、これはどこだと、一生懸命考えました。その間も次々と橋をくぐりますが、それぞれの橋が色もデザインも個性的できれいなのに感心しました。

201004041559000 料理は十分に時間をとりながら、続いて揚げたての天麩羅が登場。まずは肉厚の海老。穴子、きす、さよりは江戸前でしょうか。いかとかぼちゃとししとうもあり、もうおなかいっぱいになったころ、メインステージの言問橋手前に到着しました。しばし川面でゆらゆらと、河岸の桜を愛でたり、東京スカイツリーを見上げたり。今日は思いのほか肌寒かったので、船の中から眺められたのは幸せでした。

201004041614000 201004041624000 201004041624001 201004041656000
5時になると舳先をターンして、再び隅田川を下っていきます。こうしてみると、川岸はどの地点もきれいに整備され、人々が犬を連れたり自転車に乗ったりして散歩しています。陸で生活していると見落としがちですが、東京は水辺の街であることがよくわかりました。

201004041731000 築地市場の前を通って天王洲に近づくころには日が沈み、夜景が浮かび上がるのも素敵です。今度は夜の屋形船で、お台場あたりをゆらゆらしたいな。水上交通機関の東京水辺ラインも近いうちに乗ってみよう。水の都、東京。新しい楽しみも見つけて、楽しい春の訪れを満喫しました。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ