« 時をかける少女 | トップページ | 「タイタンの戦い」「アリス・イン・ワンダーランド」「シャッター・アイランド」 »

坂東巡礼その13~茨城県笠間

晴天続きのGW。札所巡りで遠出をしたのは4日です。前日の夜から家族にも早起き早起きと暗示をかけて、朝炊けるようにタケノコご飯をセットし、ウーロン茶を淹れて冷蔵庫に。朝早く、おにぎりとお茶をリュックに入れて、家族で日暮里から常磐線普通電車に乗りました。

目的地友部駅までは電車で約2時間。車窓から見える田園風景は、ちょうど田植えの季節。土浦までの田んぼは大体田植えが終了し、土浦以北はこれからのようです。友部駅に着くと、笠間市内を廻る観光循環バスに乗車。このバスの時間に合わせて電車に乗ったのです。乗り放題200円。

201005041221000 201005041126000_2 201005041129000_2

さてまずは一目散に、二十三番札所観世音寺へ。日動美術館入り口で下車し、ゆるゆると坂を上ると、目の前に石段が現れます。息を切らしながら登ると、小さな境内の中。読経して拝礼の後、納経のために本堂に上がると、ご住職が井戸水で淹れたお茶をふるまってくださいました。

縁起によると、開祖は651年、狩人の粒浦氏が千手観音を安置したのがはじまり。鎌倉時代の初めまで霊場として栄えたが、1214年、のちの笠間氏が台頭して占有し寺を破壊。が、僧侶の亡霊に悩まされ観音堂を再建、笠間氏の繁栄とともにあったが、1590年笠間氏の滅亡により寺も衰退。

その後は住職の手により細々と守られてきたが、明治の廃仏毀釈に遭いあちこちに遷移。長い歴史の中で受難続きのご本尊も、現在はこの地でご住職に篤く祀られご安泰のよう。苦労が多くても地道に精進していればご利益は訪れる、そんな気持ちになれるお寺でした。

201005041145000 201005041201000

観世音寺の境内からさらに登ると、こんもりお山の笠間つつじ公園につながります。今まさにつつじの季節、つつじまつりに大勢の人が訪れます。てっぺんからは、笠間の町が一望。先日登った筑波山も見えます。

201005041223000

つつじ公園から降りたら、笠間の町をぶらぶら。日動美術館は時間の都合でスキップ。途中、造り酒屋の店先にタケノコが50円で売られているのを発見。敷地にニョキニョキ生えてきたのを朝掘ったのだそうです。買占めたいところですが重いので、大きいのを1本購入。力持ちの娘が持ってくれます。

201005041240000_2 201005041244000

そして笠間と言えば、日本三大稲荷のひとつ、笠間稲荷神社があります。651年創建とされ、奈良時代の「常陸国風土記」には記述が見られると言われます。祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。堂々とした大きな神社で、狐の像がたくさん。大きな神様だから、お遣いもたくさんなのでしょうか。

稲荷の周りは、古い商家が並んでいます。門前には、造り酒屋である笹目宗兵衛商店の蔵を開放、ギャラリーや食事どころ、ショップとして活用されています。しぼりたてを生のままビンにつめた松緑ふなくちを購入。お昼は創業明治八年という老舗「狸庵つたや」でもりそば。すっきりした美味しさでした。

食事が済んだら循環バスで、笠間芸術の森公演へ。笠間焼のイベント「陶炎祭(ひまつり)」に行きました。これまた美術館を中心とした広々とした公園です。200を超える笠間焼の作家やお店が出展。飲食のコーナーもあります。夏のような天気と人々の発する熱気でもう、くらくら。生ビールと焼き鳥で元気をつけました。

201005041513000_2 201005041516000

さてさて、日が暮れてきて、笠間の町とお別れの時間。ふたたび常磐線に乗って、山の端に沈む夕陽に日本の原風景を感じながら帰途につきました。札所巡りをしてなかったら、一生縁がなかったかもしれないと思うと、なんだか不思議な気分です。家族そろっての小旅行は楽しかった。まだまだ茨城の札所は続きます。

« 時をかける少女 | トップページ | 「タイタンの戦い」「アリス・イン・ワンダーランド」「シャッター・アイランド」 »

坂東三十三ヶ所巡礼」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

笠間つつじ公園はツツジですか。
軽井沢に24日から来ていますが、造園工事に明け暮れして、庭に出放っしで、庭仕事で1日7,000~8,000歩の農夫をしています。でも、2台の重機の内1台となり、造園工事も終わりに近付いてきました。
こちらは、コブシ(白)、ドイツレンギョ(黄)、ミツバツツジ(桃)、シデコブシ(薄桃)、桜(濃桃)、石楠花(濃桃)、大木のマグノリア(黄)とジュンベリー(白)のツボミが膨らみ、ピンクとホワイトのヤマボウシへと続き、庭一面がにわかに華やかなりました。
雪で開花が遅れていた樹木や植物達も、今日は恵みの雨で喜んでいます。
23日に、約2,000株の宿根草を植え込む予定でしたが、軽井沢ハーフマラソンで往路を屋敷前の道路が使用され、車が使えないので30、31日に延ばしました。
明日、帰宅しますが、軽井沢から帰るのが辛い思いです。
春めいてきた軽井沢にて Dr.Y

Y先生、軽井沢の花便りありがとうございます。道中、お気をつけて。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 時をかける少女 | トップページ | 「タイタンの戦い」「アリス・イン・ワンダーランド」「シャッター・アイランド」 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ