« サムライブルーとらっきょう | トップページ | トロッコ »

オーケストラ

今年は見逃せない映画がたくさんあって忙しい。大資本も小資本も、洋画も邦画も、制作者の真摯な姿勢と良心を感じる作品に多く出会えます。観るほうの心持も関係するのかもしれませんが。

もうすぐ上映が終わってしまうと慌てて行ったのが、「オーケストラ」。原題は、The Concert。チャイコフスキーのバイオリン協奏曲が重要な鍵をにぎっています。

主人公アンドレイは、ボリショイ交響楽団の掃除夫。風采の上がらない中年男ですが、かつては天才指揮者と呼ばれていました。30年前の共産時代、ユダヤ人演奏家の排斥を拒絶してその立場を失い、身をやつしていたのです。かつての楽団員たちも、日々を生きることにせいいっぱいで、芸術とは程遠い生活。

ところが掃除中に見つけた1枚のFAXから、偽オーケストラを仕立ててパリで演奏することに。曲目はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲。客演には今をときめく美貌の若手ソリスト、アンヌ=マリー・ジャケを指名。無謀な計画には、アンドレイの深く哀しい思いが。

ソ連時代の暗い政治的背景に翻弄された音楽家達の悲哀。ともすれば暗澹としそうなところを、ペーソス溢れる演技で、見る者の心を軽くしてくれます。そして、アンヌ=マリーを演ずるきらきら輝くメラニー・ロランは希望の象徴。美しい音楽が心地よく響きます。

この映画のすごいところは、たくさんのテーマが込められていることです。芸術、文化、政治、共産主義と資本主義、国家、家族、友情・・・。いろんな思いが、名曲に乗って心の中に流れ込んできます。

私にとって、2010年上半期のおススメ映画ナンバー1。家族や恋人など、大切な人とぜひごいっしょに見て欲しい映画です。

« サムライブルーとらっきょう | トップページ | トロッコ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サムライブルーとらっきょう | トップページ | トロッコ »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ