« インセプション | トップページ | 武蔵野巡礼その2の1~武蔵大和 »

坂東巡礼その16~千葉県銚子

この週末も酷暑酷暑。でもtwitter見てると、友人たちはずいぶんアクティブに行動しています。負けてはならじと日曜日、坂東札所三十三ヶ所めぐりにでかけました。目指すは千葉県の銚子です。

中野で中央線快速に乗ったのは10時半。御茶ノ水で総武線、千葉で外房線に乗り換えて、銚子に到着したのは13:35。さらに銚子電鉄に乗って二駅、観音駅まで参ります。

201007251346000_4HPによると銚子電鉄は、漁師の足として明治42年に開業。千葉県の最東端である外川まで、6kmあまりを19分で走ります。何度も廃線の危機にさらされながら、地元やファンに支えられ存続。鉄道事業は年商の4分の1に過ぎず、大半はぬれ煎餅など食品製造販売に頼っているということですから、努力の程が感じられるというものです。

201007251352000_4 私が乗った車両は、桃太郎電鉄を描いたポップな外観に、子どものころ電車ごっこをしたのを思い出すような乗車券。犬吠岬に向かう若者や家族連れで、のどかな夏の風情です。鉄子ならずとも魂ゆさぶられます。銚子電鉄自慢のぬれ煎餅は、香ばしいお醤油の香りで、お年寄りや小さな子どもにもやさしい美味しさです。 

観音駅を降りると、二十七番円福寺へ。納経所のある寺院と本堂が離れていますので、順番は逆ですが、まず納経をすませて本堂へ。境内の建築物は、まだ新しくて朱も鮮やかですが、歴史は古いお寺です。

縁起によると、724年利根川河口の水中に光るものがあり、夢告を受けた二人の漁夫が網を投じたところ、十一面観音が出現。800年代に訪れた弘法大師が開眼し、千葉氏の流れを組む海上氏の庇護の下に発展。しかし惜しむらくは太平洋戦争の爆撃で建築物が全滅。戦後、仁王門や本堂が再建され、一昨年には五重塔も建築されました。本堂の前には大仏が、本堂の中では仏像や観音像が、参拝者を迎え入れてくれる明るいお寺です。

201007251412000 201007251413000

201007251436000 さて、参拝が終わったら、遅まきながら楽しいランチタイム。地元の人に美味しいお魚食べられるところは、と尋ねると、銚子港に向かって歩いていくと川沿いの道にたくさんありますよーとのこと。途中で放し飼いの犬に2匹会いました。今どき大らか。魚市場の中も、お休みでのんびりしています。

201007251457000 201007251510000 美味しそうなお店がいくつかありましたが、その中の「常陸」へ。おそらくお昼ごろは満員だったでしょうが、すでに3時を過ぎて店内はゆったり。磯牡蠣や刺身の盛り合わせ、丼などを注文しました。牡蠣は身がぷっくらとしてミルキー。刺身はどれも美味でしたが、特に金目鯛が美味しかった。大満足の味に、思わず部活で同行できなかった娘に写真をメールして自慢しました。

漁港前では、おじさんが軽自動車を止めて何か露天販売していたので覗いてみると、しじみ売り。ザル1杯千円買うと、おまけにザル3杯くらい追加してくれます。はまぐりも同様。ここらでは有名なおじさんなのだそう。銚子に行くなら、これはおススメ。

帰りははまぐりとしじみに氷を入れて手提げ袋に入れ、銚子から成田線で成田まで行き、京成線に乗り換えて日暮里経由で3時間かけて帰りました。そして夕飯はもちろん、はまぐりの食べ放題。一人20個ずつ3人で食べて残りは冷凍。さすがにしじみまで食べる余裕はなく、半分ニンニク醤油に漬けて、やはり残りを小分けし冷凍。201007251959000

坂東札所巡りで海の幸を楽しめるのは、千葉県の数ヶ所のみです。古の人も、最後のほうでこうやって、魚や貝で舌鼓を打って、旅の疲れを癒したのでしょうか。この猛暑に札所めぐりするなんておバカね、と母には呆れられましたが、どうしてどうして苦あれば楽あり、楽しみも付いてくるのでした。

« インセプション | トップページ | 武蔵野巡礼その2の1~武蔵大和 »

坂東三十三ヶ所巡礼」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インセプション | トップページ | 武蔵野巡礼その2の1~武蔵大和 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ