« 武蔵野巡礼その1の2〜保谷から清瀬へ | トップページ | インセプション »

シスタースマイル ドミニクの歌

先週の平日の夜、銀座シネスイッチで「シスタースマイル ドミニクの歌」を観ました。映画館はいつものとおりでガラガラ。10人くらいしかいません。

ここで映画を観るときはいつも、銀座4丁目の木村屋本店であんぱんを買い、さらに映画館でビールを買って、空腹を満たします。映画館で飲むビールはあまり美味しくないと思うのですが、ここのビールは観客が少なくて売れないのでよく冷えているからか、美味しいのです。この日はベルギーの映画だからか、ベルギービールが販売されていました。

さて、ドミニクの歌。ドミニーク、ニク、ニク、それはー昔のー、えらーいヒートーよ~~~♪

いつどこでだれが作って歌った歌なのか、これまで全く知りませんでしたし、興味もありませんでした。ただ、知らず知らずに口ずさむことはできるので、相当ポピュラーな歌であるとは思っていました。まさか、シスターがシンガーソングライターで、全世界でヒットした曲だとは。

ドミニクを作ったジャニーヌ・デッケルスは、保守的な母親に反発して修道院に入りますが、抑圧的な生活に耐え切れず問題児。そんなとき歌でカソリックをPRする手法を見出し、歌う謎のシスターとしてまたたくまにスターダムへ。しかし自由に歌うことを阻害する教会やレコード会社の思惑に、次第に疑問を感じ・・・。

決して明るい映画ではないのですが、ヒロインを演ずるセシル・ドゥ・フランスのファニーフェイスが明るくて救われます。1960年前後のヨーロッパの社会が女性にとってどのようであったのか、ということの一面を知ることができた映画でした。

« 武蔵野巡礼その1の2〜保谷から清瀬へ | トップページ | インセプション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵野巡礼その1の2〜保谷から清瀬へ | トップページ | インセプション »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ