« 梅雨の合間にシニア婚の佳き日かな | トップページ | 坂東巡礼その15~千葉県滑河と千葉市 »

マイ・ブラザー

最終日の最終回にぎりぎり間に合いました。

マイ・ブラザー

席数少ないとはいえ、満席でした。

完璧な家庭を営む夫婦に、ある日不幸が訪れる。家族の誇りである軍人の夫が、アフガニスタンで戦死。悲しみにくれる残された家族を、素行の悪い弟が癒し、少しずつ家族の支えになっていく。

ところが、死んだと思った夫が帰還。喜びも束の間、優しい夫は人が変わったようになり、常軌を逸した態度をとる。戦場で何があったのか、口を開こうとしない。

戦争の狂気が人間の心を壊し、幸せな家庭を壊していく恐さと哀しさを描く、重いテーマの真摯な映画。主人公サムを演ずるトビー・マグワイアは、ちょっとした表情だけで出征前と後の人格のちがいを演じ、人間の心のもろさと恐さを見事に表して見せます。

但し、妻のナタリー・ポートマンが美しすぎて、きれいごとに見えてしまうような気がします。テーマが重い割に、見終わったあと心にズーンと重さが残らないのは、ナタリーの美しさのせいだと思う。気が楽ではあります。それと、長女を演ずる子役は美人ではないけれど、少女の傷つきやすい心をよく演じていて感心しました。

いい映画です。

« 梅雨の合間にシニア婚の佳き日かな | トップページ | 坂東巡礼その15~千葉県滑河と千葉市 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨の合間にシニア婚の佳き日かな | トップページ | 坂東巡礼その15~千葉県滑河と千葉市 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ