« マイ・ブラザー | トップページ | 武蔵野巡礼その1の1~練馬高野台から石神井公園 »

坂東巡礼その15~千葉県滑河と千葉市

201007041433000先週末の日曜日。日中はなんとかお天気もちそうだったので、思い切って坂東札所三十三ヶ所めぐりに出掛けました。夕方には雨との予報なので、近そうな二ヶ所に。

まずは東京駅から総武線快速エアポート成田まで 、眠くて眠くて、からだが斜めに傾きながらほとんど眠って行きました。成田線に乗り換え滑河駅で下車。見渡すかぎりの水田が広がっていて、千葉って農業県なんだと実感。

周囲は田んぼしかない、照り返しの強いアスファルトの道をてくてく。坂東を巡って何が辛いって、何もない舗装された道をひたすら歩くこと。太陽がじりじりと照り付けるのを感じて、慌てて首にタオルを巻き、20分くらい歩くと、二十八番札所龍正院に到着しました。

201007041445000_2201007041444000_2 このお寺は、838年慈覚大師によって開創と伝えられます。入り口には藁葺きの、堂々たる仁王門に、大きな注連縄がかかっています。この注連縄は、江戸時代の火災のとき、仁王尊が屋根の上から大きな扇で風であおいだお蔭で集落の人々は延焼を免れ、それ以来毎年お正月八日に集落の人々によって奉納されることになった、という由来があります。

境内はきれいに手入れされ、立派な観音堂を中心に、芭蕉が句に詠んだ夫婦松や、銅製の宝篋印塔など文化財が並んでいます。納経をお願いしている間、ご利益の飴を頂戴し、暑いですからゆっくり休んでいらっしゃいと親切にしていただきました。

201007041458001 201007041456000 201007041459000 201007041458000_2

201007041645000 とはいえ、電車は1時間に1本しかありませんから、乗り損ねたら大変です。そそくさと滑河駅に戻り、再び成田線に乗って千葉駅へ。下車して気がついたんですが、稲毛とか津田沼には何度か来ていたけれど、千葉駅で降りたのは初めてでした。駅前が大都会なのにびっくり。そりゃそうですね、百万都市のメイン駅なんだもの。

すでに午後4時を回っていましたが、さすが千葉市の千葉寺。5分おきくらいに出ているバスで10分という、浅草寺に並ぶ足の便の良い都会の名刹です。市の中心部を抜け、静かな文教地区と住宅地区に、街並みになじむようにして山門が現れました。

二十九番札所千葉寺は、行基の開創と言われ、時の施政者の庇護の下に繁栄してきました。境内には樹齢1000年と言われる大銀杏があります。木の幹からたくさんの垂乳根(たらちね)状の柱が下がり、お乳の出が良くなるご利益があるとか。こんな街中で1000年も人々の営みをみてきたのかとじっと見つめていると、なにか語りだしてくれそう。千葉市民から長らく親しまれてきたであろうことが、十分にうかがえる佇まいのお寺です。

お参りして納経したら、もう5時。空がだんだん曇ってきて、今にも雨が降り出しそう。急いで電車に乗ると強い雨。しかし歩いているときは雨に降られず、帰ってからまた雨。これも観音様のご利益でしょうか。思いがけず梅雨の時期に2箇所も廻れて、充実した日曜となりました。残るはあと8ヶ所、今年で結願できそうな気がしてきました。

201007041643000 201007041634000

« マイ・ブラザー | トップページ | 武蔵野巡礼その1の1~練馬高野台から石神井公園 »

坂東三十三ヶ所巡礼」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイ・ブラザー | トップページ | 武蔵野巡礼その1の1~練馬高野台から石神井公園 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ