« 山梨視察その1~サントリー白州蒸留所と天然水白州工場 | トップページ | 山梨視察その2~キングズウェル »

ミックマック

以前はたくさんの映画館が集まっていた新宿歌舞伎町。伊勢丹周辺の新宿ピカデリー、新宿バルト9に押されて、すっかり廃れてしまいました。寂しいなあ。ひとり気を吐くのは、東急ミラノビル。久しぶりに、シネマスクエアとうきゅうで映画を観ました。

ミックマック

フランス映画です。監督は「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ。シュールでファンタジックな独特の作風で有名です。・・・って、私はアメリを見てないのですが。

実のところ、フランス映画はちょっと苦手。フランス人の、ウィットに富んだ風刺というのに、ちょっとついていけないことが多いのです。何を言わんとしているんだろう、と一生懸命考えて、疲れて眠くなることが多いのです。恥ずかしながら。。。

で、この映画もとても不思議。頭に流れ弾を受けて、九死に一生を得たものの、脳に弾を残したまま失業しホームレスになってしまった主人公と、彼に同情し力になる、廃品回収で暮らす仲間たち。登場人物がみんな不思議なキャラです。からだを折りたためる軟体女だったり、首にギロチンの後が残る男だったり。

ミックマックとは、フランス語でいたずら、という意味。主人公と仲間たちが力を合わせ、主人公の頭をぶちぬいた弾丸の会社と、戦場で主人公の父親が爆死した地雷の会社に、いたずらをしかけます。それはまあ、普通は報復というんでしょうが、ここではそれをあくまで平和的に、いたずら、と呼びます。

武器を作って売る会社があるから、この世から戦争はなくならず、そのために弱者が亡くなったり手足を失ったりしているという深刻なテーマを、笑い飛ばして風刺してしまうところに、フランス人の文化の高さを感じます。私には難度が高かったけれど。うーん、やっぱり、不思議不思議・・・。

« 山梨視察その1~サントリー白州蒸留所と天然水白州工場 | トップページ | 山梨視察その2~キングズウェル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山梨視察その1~サントリー白州蒸留所と天然水白州工場 | トップページ | 山梨視察その2~キングズウェル »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ