« 食べて祈って恋をして | トップページ | 巾着田の彼岸花とコスモス »

「悪人」小説と映画

話題の「悪人」。小説「悪人」を読んでから、映画「悪人」を観ました。

小説は、朝日新聞に連載されてたのですね。朝日新聞は取ってないので知らなかった。作家の吉田修一は、2002年の芥川賞受賞作家。あまり関心がなかったので、初めて作品を読みました。

文庫で上下と結構ボリュームがありますが、工夫された構成、読みやすい文体で、あっという間に読み終わりました。大変面白かったけれど、読後感は妙に切なかった。印象に残りました。この作家の他の作品も、読んでみようと思った。

映画は、深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞し話題になったので観客も連日多いです。観客の年齢層も幅広く、新宿ピカデリーはいつも満杯なので、ユナイテッドシネマとしまえんで観ました。

映画も面白かったです。かなり、小説に忠実に映像化されていました。一緒に観たツレも、面白かったとひとこと。居眠りしなかったし。

ただ、先に本を読んでいると、映像を追いながら、頭が次へ次へとストーリーを先読みしてしまいます。どうしても小説のほうが情報が多いので、あ、今端折った、とかいちいち考えてしまう。ミステリーは、先に映画を観るべきですね。結末は、映画だけだと、なんで?と思う人もいるかもしれません。

それと、私はやっぱりさわやかなイメージの妻夫木聡が好きなので、貧しくてネクラで性欲を持て余している妻夫木クンを見るのは、ちょっと辛かった。その点深津絵里は、役になりきって上手です。

二人が逃亡した灯台の風景が、なんとも美しく寂しくて。行ってみたいような、みたくないような・・・。呼子のイカは美味しそう。九州北部のロードムービーでもあります。

« 食べて祈って恋をして | トップページ | 巾着田の彼岸花とコスモス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

吉田さんとはなぜかご縁があり、この作品も含め、過去に3度著書インタビューをしました。書くたびに上手くなっていく感がありますが、中でも『悪人』は出色です。映画もいい出来のようですね。吉田作品では、昨年出た『横道世之介』もいいですよ。著者の年齢が私たちとそれほど変わらないので、主人公の学生時代の描写に懐かしさを覚えます。

JUNKOさん、3度もインタビュー!それはかなりのご縁ですね。友人も、義理のお兄さんのお友達なんだ、と最近言ってました。関係ないけど、私まで親しみをなんだか感じてしまいます。
それと、舞台が九州北部で、故郷の山口県から近いので、な-んとなく感覚的に理解できる部分がありますね。小説も映画も、魂に触れて印象に残りました。JUNKOさんもぜひ映画を観に行かれたら、と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べて祈って恋をして | トップページ | 巾着田の彼岸花とコスモス »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ