« 武蔵野巡礼その10の1〜子の権現 | トップページ | ナイト&デイ »

武蔵野巡礼その10の2〜結願・竹寺

201011031320000_2  子の権現から最後の竹寺までは、尾根伝いに下ったり少し登ったりしながら、約3キロの林を歩きます。山道は狭く、片側は急な斜面。行き交うときは道を譲り合います。眺めに変化が無いハイキングコースは先が見えず、いつまで続くのだろうとうんざりしかけたところで、竹寺の裏側に到着。

201011031416000_2 201011031422000_2

三十三番八王子、通称竹寺は、神仏習合。ご本尊は、牛頭天王(ごずてんのう)。その名の通り、牛の頭をもつインドの神様です。本堂の脇には、植わっている木をそのまま彫った、牛の姿をした象があります。丑年には、ご本尊のご開帳がおこなわれるようです。201011031424000_2本殿登り口には、茅の輪の鳥居。

201011031427000 そして今回の目的は、武蔵野三十三観音の結願。心をこめて、聖観音にお祈りします。7月10日にスタートして、約4ヶ月の間で、10回に分けて三十三ヶ所を廻りました。

今年の夏は暑くて、汗をダラダラと流しながら巡礼したなあ。ご開帳中には間に合わないのではと思いましたが、なんとかぎりぎりセーフでした。最後のご朱印をいただいたら、思わずヤッターとツレと娘にVサイン。 

さてそうこうしているうちに、もう3時近く。帰りはさらに1時間、山道を歩かなければなりません。暗くならないうちに、山道をまた登ったり下ったり。ひざがガクガクになったころに、名栗川側の車道に出ました。201011031541000

ちょうどやってきたバスに乗車して、結願のごほうびに、さわらびの湯へ。木材をたくさん用いた小綺麗な温泉です。湯に浸かると、窓いっぱいに名栗の山々が広がってのんびり。いいところだなあ~。

これでしばらく、西武線の巡礼の旅はおしまい。そしてそろそろ、挫折しかけている坂東三十三ヶ所巡りに戻ることにいたします。ご声援下さった皆さん、ありがとうございました。

« 武蔵野巡礼その10の1〜子の権現 | トップページ | ナイト&デイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

武蔵野三十三ヶ所巡礼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵野巡礼その10の1〜子の権現 | トップページ | ナイト&デイ »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ