« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

レオニー

私にしては気が早いですが、ブログのデザインをサンタさんにしました。かぼちゃのテンプレートも気に入ってたのですが、突然改行スペースが入らなくなってしまい、いろいろいじってても直らないので、テンプレートごと変えてみました。サンタさんがいっぱいでちょっとうるさいかな。

天才彫刻家と言われるイサム・ノグチの母親の映画「レオニー」を観ました。もう1週間前ですが、母親という存在があまりにストレートに濃厚で、消化するのに1週間かかってしまいました。

名門女子大を卒業した才女レオニー・ギルモアは、日本から来た詩人野口米次郎とニューヨークで出会い、結ばれ身ごもるが、野口は日本に帰ってしまう。レオニーはカリフォルニアの母の元で子どもを生み育てるが、日本人に対する差別が強まる。

レオニーは幼い息子の幸せのために母の反対を押し切って来日するが、野口には正妻がいて屈辱的な立場を強いられ、息子もまた日本の社会になじむことができない。しかしレオニーは息子の才能を信じて、日本で毅然と生きていく。そして日本とアメリカの対立が激化する時下、アメリカで教育を受けることを望む息子イサムを、勇気をもって送り出す。。。

映画の中でのレオニーは、一貫して息子の幸せだけのために生きているように見え、それが息苦しくさえあります。100年も前の話ですが、子どもに対する母の強い愛に時代の差は感じられません。レオニーを見ながら自分のことを振り返っても、子どもに対する想い、母や祖母にもらった深い愛を思うと、胸が苦しくなるようで、なかなか客観的に映画を見ることができませんでした。

監督の松井久子さんは、原作に出会ってぜひ映画化したいと思い、実現するまでに7年かかったとういことです。封建的な家族制度と、西洋から流入した新しい価値観が入り混じり、なんとアンバランスで未成熟な100年前の日本社会が、女性の視点から描かれているのが見ものです。そういう時代があったから、今があり未来があるのだと感じさせられます。

一緒に映画をみたツレと娘は、暗い話だったねー、山場がなかったねーと話していましたから、やっぱり立場がちがえば、感じ方もちがうんでしょうね。母レオニーにフォーカスしていますので、イサム・ノグチの輪郭はぼんやりしています。今度は波乱の天才イサム・ノグチの視点からの映画も見てみたいなあ。

社長さん、社員のメタボを改善しましょう!協力企業の募集案内(無料)

いよいよパーティシーズンに突入。もうトシだからね・・・と自嘲気味に宴会をセーブするこの頃ですが、避けては通れぬ季節。摂取量をコントロールすればいいとわかっていても、美味しいお酒と肴を目の前にすると、タガがはずれてしまう、意志の弱い私。

40歳以上の男性の2人に1人、女性の4人に1人は、メタボかその予備軍とのこと。メタボと断定されるにはまだ余裕があると思うけど、予備軍のおそれはありますね。そろそろ健康診断に行かなくちゃ。最近では10代、20代・・・にもメタボ予備軍増加中とのことです。

メタボリックシンドローム改善のための保健指導プログラムでは第一人者である渡辺満利子教授から、研究の一環として社員の健康指導を無料で参加できるお知らせをいただきました。転載可ということですので、下記にお知らせします。企業経営者や人事総務ご担当の皆さん、ご検討下さい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

メタボリックシンドローム改善のための保健指導プログラムに社員の方のご参加を!!効果的な保健指導プログラムで健やかな人生をご提供!!

 昭和女子大学大学院公衆栄養研究室  教授・渡辺 満利子

実りの秋を迎え、ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。私どもは、メタボリックシンドロームのための保健指導プログラムにご参加の方を募集しています。健診で保健指導の必要な方を対象として、“すぐできる、効果的健康管理法”を職場で、短時間で、ご提供します。

食生活の変化、身体活動量の低下に伴い日本人のメタボリックシンドロームは男性の51%、女性の28%におよび、糖尿病(予備群含む)は2,210万人と急増しています。この世界に類を見ない深刻な健康問題に対し、国策として特定健診・特定保健指導が導入されました(厚生労働省、2007)。

そこで、私どもはこれまでの研究成果を活用し、特定保健指導プログラムPSMetS(Personal Program for Metabolic Syndrome)を策定しました。対象者お一人おひとりの状況に合わせて、ベテラン管理栄養士が効果的方法でメタボリックシンドローム改善サポーターとしてお役に立たせて頂きます。

PSMetSプログラムは、平成21~23年度文部科学省 科学研究費申請課題:【無作為化比較試験に基づくメタボリックシンドロームのための栄養教育効果の評価】の採択を昭和女子大学大学院教授・渡辺満利子が受けて実施します。これに拠り、PSMetSプログラムに掛かる費用(26,000円/1人)は無料で対応させていただきます。本対象者は先着150名様です。この際、ご参加くださるようお勧めいたします。 以下に、ご参加の手順をお示しいたします。

特定保健指導プログラムPSMetSの手順

御社、ご担当様に本プログラムのご説明

御社、社員様の健診データ一覧を参照し、25~64歳で、保健指導が必要な方を抽出します。
※本プログラムは本学倫理委員会の認証(08-05)を得て、個人情報管理、倫理的配慮に関する法令を遵守します。

保健指導該当者とは、メタボリックシンドロームのリスク個数に応じて、積極的支援が必要な方、動機付け支援が必要な方を抽出し、保健指導該当者を無作為に2群(前期介入群、後期介入群)に分けます。

前期介入群⇒PSMetSのプログラム(別添図ご参照)に基づき、初回面談・中間面談(初回面談より2ヶ月半後)と4回の電話支援を行います。面談は対象者の職場または指定の場所で行います。

後期介入群⇒食事診断結果と個別の助言を郵便でお送りします。翌年の健診受診後にご希望により、前期介入群と同じPSMetSプログラムを受けることができます。

以上

プログラム統括責任者・お問い合わせ先/昭和女子大学大学院 渡辺 満利子 E-mail:mariko_w@swu.ac.jp

講演会「妻・平山美知子が語る日本画家 平山郁夫」(11/28成城)

日本を代表する音楽家や作家、画家、映画監督などを輩出する、芸術と文化の街、成城。先日、その成城学園前駅に降り立ちましたら、私が世田谷に住んでいた20年前とは、駅の周辺がずいぶん変わっていました。駅がピカピカになっていて、とても便利になった感じです。でも一方で、街としての個性がなくなったなと感じ、ちょっと寂しい、というよりは、もったいないと思いました。

長年成城に住んでいる人たちは、もっと強く、歯がゆく感じていらっしゃるのでしょうが、土地は個人に帰属するものですから、如何ともしがたいですね。そこで、成城で生まれ育った若い世代の友人が、昨年から「成城響きあう街」プロジェクトを立ち上げ、手弁当で頑張っています。自分の故郷を大事にしようという思いには、都会も田舎もありません。ご案内を転載します。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

田子みどり社長さま

大変お世話になっております。お元気でいらっしゃいますか?またゆっくりとお会いしたいです。ご連絡が遅くなりまして、誠に申し訳ございません。

「成城 響きあう街」プロジェクトは、成城在住三代目の私が昔からあったお米屋さんや八百屋さんやお魚屋さん等がお店を閉じ、豊かだった緑もどんどん減る現状を憂えて、スタートしたものです。成城が音楽や文化と響きあう街になることを願って、昨年から始めました。

前回は、成城在住の山田洋次監督による講演会~家族を描きつつ~を開催しました。満員御礼で、大勢の方々が大変喜んでくだいました。一人一人が住む所や故郷で楽しいことを行ったら、活気のある街がどんどん増えていくと願って始めたことです。周りの方々にもお伝えいただければ、誠に幸いです。

様々なことが重なって、この十日間がPRの勝負の催しです。もし可能でいらっしゃいましたら、周りの方にもお伝えいただけると幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

来る11月28日(日)午後2時30分~、世田谷区の成城ホールで、講演会&コンサート「成城 響きあう街」第3回を開催いたします。

今回は、一年ほど前に逝去された日本画壇の最高峰 平山郁夫画伯と共に半世紀以上を歩まれ、シルクロードを130回以上も旅をした、美知子夫人(平山郁夫シルクロード美術館館長)をお招きしました。

「妻・平山美知子が語る 日本画家 平山郁夫~過去への想いと未来への祈り~」と題しまして、画伯の幅広い活動と、その想い等、子どもたちとの交流の映像も上映して、様々なお話をお伺いいたします。大変貴重な機会です。美知子夫人は、私は今まで出会った方々の中で、最もパワフルな方です。

その後、シルクロード出身のヴァイオリニスト劉薇(リュウ ウェイ)さんによる故郷ゆかりの音楽を中心としたコンサートを行います。

この催しは、公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館様のご後援を賜っております。

日 時: 2010年11月28日(日) 午後2時30分 開演(午後2時10分 開場)
場 所: 成城ホール (小田急線「成城学園前」駅)
入場料: 3,500円 (全席自由、前売り制)

詳細は、下記のホームページをご覧くださいませ。
http://www.seijo-hibiki.jp/

皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

「成城 響きあう街」実行委員会

≪お申込みの際はご住所、お名前、お電話番号、チケット枚数をお伝えください≫

MAIL: seijo.hibiki@gmail.com
TEL : 090-9827-5558
※留守電の場合は、メッセージをお残しください。
FAX : 03-3483-2206

クロッシング

週末は義父の3回忌でした。義父は96歳で他界、自宅で静かに終焉の日を迎え大往生でした。あれから2年、ひ孫ちゃんの人数が増え成長している姿を目にすると、時代は移り変わっているのだなあと実感しました。

法事の後に観た映画は、「クロッシング」。主人公は、ニューヨーク市警の3人の警察官。舞台は薄汚れ、終始暗くてやるせない映像ですが、良心を揺さぶるいい映画でした。

舞台は、ブルックリン、低所得者層が暮らす犯罪多発地域。人種差別や貧困にあえぐ人々の生活を支える警察官もまた、過酷な労働に見合わぬ待遇とストレスで、心に闇を抱えています。

無難な人生に空虚な気持ちを抱え、チャイナタウンの娼婦を心の拠り所にする、定年退職前の初老の警察官。子だくさんで病気の妻を抱え、広い家を買いたいが収入が伴わない麻薬捜査官。おとり捜査に呵責を覚え、捜査から外すよう申し出るが、受け入れてもらえない潜入捜査官。

交わることのない3人の警察官が、それぞれ良心に自問自答しながら、心理的に追い詰められていく過程を、リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルという3人の実力派俳優が、細やかに表現しています。3本の映画を一度に観ているようです。

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

ジョン・レノンが生きていたら、御年70歳。えーっ!ということはポール・マッカートニーも!?ビートルズは永遠だ。「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」。ビートルズの誕生につながる、ジョンが音楽に出会った、多感な十代のころのお話。

小さい頃に母に捨てられ、伯母夫婦に育てられたジョン。母代わりの伯母は厳格で口うるさく、落ちこぼれのジョンは叱られてばかりだが、それなりに幸せに育っていた。しかし、大好きな伯父さんが亡くなったことをきっかけに、実の母親に再会。優しくて可愛くて奔放な母親に、音楽との出会いを与えられる。

正反対の二人の母の愛情な板挟みになり、自分を制御できなくなるジョンは、バンド活動にのめり込み、運命の仲間たちとの出会いも始まる。誰にでも優しく、傷つきやすい、繊細なイメージのジョン・レノン。その音楽の原点は、マザコンだったのか。

たくさんの人に愛されるのに、心の真ん中には満たされない空洞。やっぱりジョン・レノンは淋しいスーパースター。見終わった後は、なんとも哀しい気持ちになりました。

ところで、監督はサム・テイラー=ウッド。長編映画は初監督ということですが、フォトグラファーとして大変なキャリアを有する女性だそうです。最近、女性監督の活躍が世界的に目覚しいですね。女性監督の作品の世界観は、包むような愛を感じるものが多いような気がします。

マザーウォーター

マザーウォーター

究極の癒し系映画。最初から最後まで何の事件も起こりません。街があって、川が流れて、生活の匂いや家族のしがらみもない、不思議な不思議な映画です。そこに居ついて営む人たちもまた、水のように透明感に溢れ、何かの前や後を感じさせません。

最近の映画は動きが激しいですが、この映画のカメラは静的です。定点で、ただ流れをとらえます。水の流れだったり、人の動きだったりを、近くの椅子に座ってじっと見ているような感じがしてきます。そして、中心に小さな子を置くことにより、未来への希望を象徴します。

館内の観客席のあちこちで、すやすや眠っている息遣いが満ち満ちていました。五感が疲れている人にオススメの映画です。

ナイト&デイ

ヒーロー&ヒロインがあまりにメジャー過ぎると、却って後回しになってしまうときがあります。ナイト&デイもそうなりそうな映画のひとつ。トム・クルーズとキャメロン・ディアスってのが、あまりに大味な組み合わせ過ぎて、今ひとつ興味をそそらず。公開ラッシュの狭間で見るべきものがなくなって、仕方ないモードで観たのでした。

で結果はというと、テンポがよくて、飽きさせず、とても面白い映画でした。娯楽映画としていい出来。二人の大俳優も生き生きとして魅力的。トム・クルーズなんてとても48歳には見えない若々しさだし、今やアラフォーとなったキャメロン・ディアスもチャーミング。

飲み物でいえばコカコーラみたいな後味の映画。あまり難しいことは考えず、スカッとしたいときにはオススメの映画です。

武蔵野巡礼その10の2〜結願・竹寺

201011031320000_2  子の権現から最後の竹寺までは、尾根伝いに下ったり少し登ったりしながら、約3キロの林を歩きます。山道は狭く、片側は急な斜面。行き交うときは道を譲り合います。眺めに変化が無いハイキングコースは先が見えず、いつまで続くのだろうとうんざりしかけたところで、竹寺の裏側に到着。

201011031416000_2 201011031422000_2

三十三番八王子、通称竹寺は、神仏習合。ご本尊は、牛頭天王(ごずてんのう)。その名の通り、牛の頭をもつインドの神様です。本堂の脇には、植わっている木をそのまま彫った、牛の姿をした象があります。丑年には、ご本尊のご開帳がおこなわれるようです。201011031424000_2本殿登り口には、茅の輪の鳥居。

201011031427000 そして今回の目的は、武蔵野三十三観音の結願。心をこめて、聖観音にお祈りします。7月10日にスタートして、約4ヶ月の間で、10回に分けて三十三ヶ所を廻りました。

今年の夏は暑くて、汗をダラダラと流しながら巡礼したなあ。ご開帳中には間に合わないのではと思いましたが、なんとかぎりぎりセーフでした。最後のご朱印をいただいたら、思わずヤッターとツレと娘にVサイン。 

さてそうこうしているうちに、もう3時近く。帰りはさらに1時間、山道を歩かなければなりません。暗くならないうちに、山道をまた登ったり下ったり。ひざがガクガクになったころに、名栗川側の車道に出ました。201011031541000

ちょうどやってきたバスに乗車して、結願のごほうびに、さわらびの湯へ。木材をたくさん用いた小綺麗な温泉です。湯に浸かると、窓いっぱいに名栗の山々が広がってのんびり。いいところだなあ~。

これでしばらく、西武線の巡礼の旅はおしまい。そしてそろそろ、挫折しかけている坂東三十三ヶ所巡りに戻ることにいたします。ご声援下さった皆さん、ありがとうございました。

武蔵野巡礼その10の1〜子の権現

いよいよ武蔵野三十三観音を訪ねる巡礼も最終日となりました。今や親より忙しそうな娘や、夏に足を傷めてしばらく遠出を控えていたツレも同行してくれます。飯能は最近、熊目撃情報が多いので、石井スポーツで熊よけの鈴とカウベルも買いました。おにぎりと温かいお茶を用意して、家を9時過ぎにいざ出発です。

電車を乗り継ぎ、西吾野駅に到着したのが11時過ぎ。西部秩父線はハイキング客でほどほどに混んでいましたが、西吾野で降りる人はあまりいません。国道からハイキングコースに入ると、しばらく民家が点在。そのうちに家もなくなり、ザアザアと川の流れの音だけが林に響きます。湿度が高く、倒木は苔むしています。

山道を約1時間登ると、アスファルトの参道に合流。12時半、三十二番子の権現天龍寺に到着。標高640メートル。西吾野駅からは、高さ400メートル、距離にして3、7キロを登ったことになります。

子の権現は、子の年子の日子の刻生まれの子の聖が911年に十一面観音を祀ったのが天龍寺の開創とされています。その後1012年に、恵聖上人が子の聖を大権現として本尊に祀ったことから、子の権現と呼ばれるようになったそうです。子年生まれの私には、なんだか親しみを感じるお寺です。

門前には、子の聖が食事に使った二本の箸を地面に指したところ根付いた、といういわれを持つ樹齢千年の二本杉。黒門をくぐると、赤く勇ましい仁王象が迎えてくれます。江戸時代末期に建てられたという庫裏は、見事な萱ぶき屋根。

201011031243000 201011031244000 201011031246000 201011031254000

石段を上がり本堂にお参り。子の権現は足腰にご利益があると言われており、境内には大きな鉄のわらじと夫婦下駄が目を引きます。奥の院がある山の上のカエデは、きれいに紅葉が始まってます。ベンチに座っておにぎりを食べていると、晴れていてもからだが冷えてきました。

201011031254001 201011031254002 201011031255000

さて、いよいよ尾根伝いに、結願の竹寺に向かいます。

原宿に出現したねぶたとせんべい汁

201011011922000 先日大塚の居酒屋で、ハマッてしまったせんべい汁。ああもう一度せんべい汁食べたい、と念じていたらチャンス到来。

明治神宮鎮座90年と青森新幹線開業を記念して、「とことん青森2010in原宿表参道」が開催され、青森の美味しいものを集めた屋台村が出現。しかも11/1の夕方には、表参道をねぶたが練り歩くと聞いて、喜び勇んで駆け付けました。

201011011832000_2 青森ねぶたは5時45分に明治神宮前を出発、約1時間かけて表参道ヒルズ前に到着して終わり。実にピンポイントです。5時半を廻ると、青森出身の社員が会社を飛び出し、私も後を追い掛けました。ヒルズ前は、まあまあの混み具合。イベントとしてはまだ認知度が低いようです。

娘も呼び寄せ、終点のヒルズ前でまだかまだかと待っていると、しゃんしゃんという囃子の音がだんだんと近づいてきます。201011011827000おお、先頭は青森新幹線開通のPR。JRの職員でしょうか、新幹線のかぶりものの人たちが連なって、嬉しそうに走り回り、ときどき連結しています。ヽ(´▽`)/

201011011825000 そして、跳人に先導されて青森ねぶたが登場。光々と輝きながら右に左に体躯をゆさぶっています。その後ろを囃子の人々。本番ではもっと華々しく、延々と続くのかと思うと、やっぱり本場で一度見物してみたいもんです。私の後ろに居た女性たちは青森出身者らしく、はねとの踊りにダメ出しをしていました。 201011011834001

201011011855000 ねぶたが通り過ぎて、明治神宮に行ってみると、90年のお祝いのアカリウムというイベントで、こちらも荘厳に飾られています。鳥居前には弘前ねぶた。鳥居をくぐると、参道の両サイドがろうそくでライトアップされた燈火会で、神宮の森の闇が強調されて幻想的。

201011011855001 201011011857000

明治神宮第一駐車場の特設会場には、五所川原の立ちねぶたがそそりたち、八戸の歌舞伎の山車が時々シャーと気を吐いています。こんな大きくて複雑な飾り物を、いったいどうやって青森県から運んできたんでしょう。

201011011905000 「青森ご当地グルメ屋台村」は、流行のB級グルメオンパレード。美味しそうなものいっぱいで、それぞれに長い行列ができて、30分待ちもざらです。私はもちろんせんべい汁に、娘は黒石つゆやきそばに並んで分担して調達。せんべい汁はイメージどおりの味で、甘辛い汁の中にぴろぴろしたせんべいがたくさん入って満足。つゆやきそばは初めての挑戦ですが、麺は平麺でつゆはソース味、まさにB級な味です。

忙しい平日の夜に慌ただしく地方の祭りを味わうなんて、面白いしかけ。大東京ならではのイベントでしたが、思ったほどの混雑ではなく、参加者にとっては大満足でしたが、主催者にとっては効果はいかほどだったのでしょう。知ってたら行きたかった!と言う声が私の周りにはたくさん。次はいつ開催されるかな。

201011011904000_2

武蔵野巡礼その9~吾野

201010311255000 台風一過を期待した日曜日、残念ながら霧雨交じりのぐずぐずしたお天気でしたが、予定どおり武蔵野三十三ヶ所巡りで、吾野に行きました。

まず西武秩父線武蔵横手駅で下車。「そら」と「みどり」にこんにちは。国道を西に約15分歩いて二十九番長念寺。1300年頃のお寺のようです。しみじみとしてよいお寺。201010311202000

さらに国道を西へと歩いていくと、途中で青空販売を見つけました。大根葉、ピーマン、里芋を購入。〆て300円なり。

東吾野駅を越えて、台風の後で水がひときわ豊かな小川に沿って里山を少し歩き、三十番福徳寺。1212年に開創。阿弥陀堂は国指定重要文化財。ご住職は不在で、納経は少し離れた興徳寺まで歩いていきます。

201010311248000 201010311255001

一旦東吾野駅までもどり、電車に乗ってひとつ隣の吾野駅に移動。駅のすぐ目の前に三十一番法光寺があります。201010311402000_2 1386年開創と伝えられています。 裏山を500メートル登ると、岩殿観音の洞窟があるので、少し登り始めましたが途中で挫折しました。 201010311413000_2 201010311414000_2 

結局この日の歩数は約15000歩。いよいよ11月3日は、結願の予定です!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ