« 武蔵野巡礼その9~吾野 | トップページ | 武蔵野巡礼その10の1〜子の権現 »

原宿に出現したねぶたとせんべい汁

201011011922000 先日大塚の居酒屋で、ハマッてしまったせんべい汁。ああもう一度せんべい汁食べたい、と念じていたらチャンス到来。

明治神宮鎮座90年と青森新幹線開業を記念して、「とことん青森2010in原宿表参道」が開催され、青森の美味しいものを集めた屋台村が出現。しかも11/1の夕方には、表参道をねぶたが練り歩くと聞いて、喜び勇んで駆け付けました。

201011011832000_2 青森ねぶたは5時45分に明治神宮前を出発、約1時間かけて表参道ヒルズ前に到着して終わり。実にピンポイントです。5時半を廻ると、青森出身の社員が会社を飛び出し、私も後を追い掛けました。ヒルズ前は、まあまあの混み具合。イベントとしてはまだ認知度が低いようです。

娘も呼び寄せ、終点のヒルズ前でまだかまだかと待っていると、しゃんしゃんという囃子の音がだんだんと近づいてきます。201011011827000おお、先頭は青森新幹線開通のPR。JRの職員でしょうか、新幹線のかぶりものの人たちが連なって、嬉しそうに走り回り、ときどき連結しています。ヽ(´▽`)/

201011011825000 そして、跳人に先導されて青森ねぶたが登場。光々と輝きながら右に左に体躯をゆさぶっています。その後ろを囃子の人々。本番ではもっと華々しく、延々と続くのかと思うと、やっぱり本場で一度見物してみたいもんです。私の後ろに居た女性たちは青森出身者らしく、はねとの踊りにダメ出しをしていました。 201011011834001

201011011855000 ねぶたが通り過ぎて、明治神宮に行ってみると、90年のお祝いのアカリウムというイベントで、こちらも荘厳に飾られています。鳥居前には弘前ねぶた。鳥居をくぐると、参道の両サイドがろうそくでライトアップされた燈火会で、神宮の森の闇が強調されて幻想的。

201011011855001 201011011857000

明治神宮第一駐車場の特設会場には、五所川原の立ちねぶたがそそりたち、八戸の歌舞伎の山車が時々シャーと気を吐いています。こんな大きくて複雑な飾り物を、いったいどうやって青森県から運んできたんでしょう。

201011011905000 「青森ご当地グルメ屋台村」は、流行のB級グルメオンパレード。美味しそうなものいっぱいで、それぞれに長い行列ができて、30分待ちもざらです。私はもちろんせんべい汁に、娘は黒石つゆやきそばに並んで分担して調達。せんべい汁はイメージどおりの味で、甘辛い汁の中にぴろぴろしたせんべいがたくさん入って満足。つゆやきそばは初めての挑戦ですが、麺は平麺でつゆはソース味、まさにB級な味です。

忙しい平日の夜に慌ただしく地方の祭りを味わうなんて、面白いしかけ。大東京ならではのイベントでしたが、思ったほどの混雑ではなく、参加者にとっては大満足でしたが、主催者にとっては効果はいかほどだったのでしょう。知ってたら行きたかった!と言う声が私の周りにはたくさん。次はいつ開催されるかな。

201011011904000_2

« 武蔵野巡礼その9~吾野 | トップページ | 武蔵野巡礼その10の1〜子の権現 »

旅行・地域」カテゴリの記事

飲むこと食べること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵野巡礼その9~吾野 | トップページ | 武蔵野巡礼その10の1〜子の権現 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ