« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

しあわせの雨傘

フランスの誇る大女優、カトリーヌ・ドヌーブ主演の映画「しあわせの雨傘」を見ました。60代後半のドヌーブ様、美しさはそのままに、年輪を感じさせる豊満さも愛らしく、うわー、女性としてすごいわ。

私は成熟した仏文化というものがよく理解できなくて、フランス映画もついていけないことが多いのですが、この映画は非常にわかりやすく、ほんわり楽しい気分にさせてくれます。1970年代の、ブルジョアと労働階級が対立する雨傘工場を舞台に、お飾りのような社長夫人がアイデンティティを確立していく様を、現代を生きる私達への楽しい応援歌のような映画に仕上げてあります。

ところでカトリーヌ・ドヌーブといえば思い出すのが、80年代前半ヨーロッパを学生旅行したときです。知人の紹介で、某大企業のパリ支社長ご夫妻にお世話になりました。いろいろよくしていただいて、パリで人気の和食レストランにも連れていってもらいご馳走に。そのとき、同じ店で、カトリーヌ・ドヌーブもお食事をしていました。

あまりに日本人と姿かたちが違いすぎて、感動と言うよりは、人形を見るような気持ちがしました。もちろん、非の打ち所のない美しさで、スポットライトも浴びていないのに、映画のワンシーンのようでした。

今回映画を見て、30年前の美しさがそのまんまと言う事実にびっくり。んー、まいりましたm(_ _)m

アブラクサスの祭

アブラクサスの祭」。現役の住職で芥川賞受賞作家である、玄侑宗久の同名の小説が原作の映画化。この作家の小説は読んだことなかったので、鬱でロックなお坊さんという設定を予告編で見たとき、てっきりコメディだと思ったんです。笑える映画を見よう、と思って入ったのですが、結構重いテーマの映画でした。

福島県の小さな町の禅寺の、通いの僧侶である浄念さんは、うつ病で入院したことがあり、今も薬が手放せない。地元の高校の進路指導講演会で大失敗、自分の役割が見つからずどんどん落ち込んでいく。自分の内面に深く対峙したときに、音楽への思いが断ち切れず、ライブをしようと行動を開始する・・・。

どこにでもありそうな田舎町の鬱的な要素のなかで、自分の存在をどう折り合わせて生きていくかを考えると、息苦しくなります。内面で身悶えする主人公浄念さんをスネオヘアーが熱演します。

またこの映画には、目も耳も弱くなった老いた犬南無(ナム)が登場します。浄念さんが、死に目に会えなかった父親の姿を重ね合わせ、思いを託す重要な役どころです。動物プロダクションにそんな犬を頼むわけにもいかないし、とスタッフが頭を悩ませていたとき、ロケ地で偶然にぴったりの飼い犬が見つかって、特別出演を依頼したのだそうです。その老犬が、なんともいえない救いを滲ませています。

決して明るくないストーリーですが、観終わった後はなぜか、すがすがしい気持ちになる映画でした。もう一回見ると、もっと深く感じることがあるかもしれません。

ガラパゴス、迷子になる

ガラパゴスがやってきました。スマートフォンです。

昨年からスマフォ購入にあたっては周囲の人をお騒がせし、この期に及んでそれでもまだiphoneじゃないの?とか言われながらも頑なに、Androidな赤いガラパゴスちゃんをゲットしました。

日本語入力ができない、から始まって、ひとつひとつハードルを稚拙にクリアしていくこと1週間。週末は、ずーーーーっと画面見てたら吐きそうになりました。あげくに、買い物から帰宅したら行方不明。お店で落としたかな?バスの中で落としたかな?1週間以内で紛失したら、目も当てられません。

そこで、初めてGPSによる捜索サービスというのを利用してみました。紛失盗難等に対応するサポートデスクに電話し、GPS捜索サービス依頼の番号を押すと担当者が電話口に登場し、電話番号を確認。GPS捜索を依頼すると、必ず一旦電話を停止することになるがいいかと念を押されます。はいよと了承すると、さらに捜索担当に電話を廻され、捜索を開始。

1分くらいで「お客様の携帯の居場所が見つかりました。メモをご用意下さい。」(・・・速い!)「申し上げます、東京都中野区」(・・・ふんふん、今日は中野区から出てないからね)、「○○町」(・・・あら、町内だわ。やっぱりバスの中かしら)、「×丁目付近です」(・・・あれ?うちの住所と丁目まで同じだ。家の前で落とした?)

するとツレが家の中の暗闇を見つめ、「おい、なにか今光ったぞ!」。近寄ってみると、散らかった荷物の下敷きになって、ピカーッ、ピカーッと慎ましくガラちゃん発光していたのでした。(´ρ`)

回線復旧は既に対応時間が終了していたので、家族に馬鹿にされながらも、所在が見つかって心安らかにその夜は就寝。翌日の朝、再びサポートデスクに電話して自動応答で実に簡単に復旧しました。それにしても、便利になったもんですな。

ノルウェイの森

昨年見た映画を紹介する記事は、これで最後になります。村上春樹の大ベストセラーを映画化した「ノルウェイの森」。かなり原作に忠実に映画化してある、と言われています。

でも私、原作を読んでないのです。IQ84も読んでない。読んでおいた方がいいですよーって、親切に文庫本を貸してくれた友人がいて、確かに食わず嫌いかもしれないので、とまずは「ねじまき鳥クロニクル」を読んでみましたが・・・。ああやっぱりこれはもう確実に、嗜好趣味として私向きではない、と感じてしまったのであります。

(物言いが遠まわしになるのは、なんたって日本で一番ノーベル賞に近い作家だからね、遠慮が働いて腰砕け。)

それで小説はおいといて、映画のほうはどうかというと、主題が心にストンと落ちてこないというか、登場人物の意識を共感できないので、やっぱり私の嗜好には合わないのだけれど、映像はすごくきれいです。どこで撮影したのだろう。全体にしっとり流れる官能的なムードも美しいです。

監督は、ベトナム生まれでフランスに学んだトラン・アン・ユン、撮影はリー・ビン・ビン。原作も舞台も俳優も日本だけれど、日本映画というよりは、アジア映画というべきでしょうか。映画にも新しい時代がきていることを感じました。

最後の忠臣蔵

年末に見た映画で、まだブログに書いてないのが2本あります。最近、日本映画で時代劇が増えていて、藤沢周平の映画化などよさげなのが多くて興味はあるのですが、どうしても、洋画>日本映画(現代)>日本映画(時代劇)の優先順位になってしまい、見ないまま終わってしまうことが多い。が、昨年の時代劇の中でもこれはナンバーワンとの声が多かった「最後の忠臣蔵」は、年の終わりに見に行きました。

見終わった印象は、とにかく、「ああ、日本はなんて美しい!」のひとこと。自然の美しさ、文化の美しさ、礼儀やふるまい、心持ち、全てが清廉で凛とした美しさで描かれていました。現代の日本はこんなに美しくはないでしょうが、そういうポテンシャルは残っているはずということを再認識しました。

制作はワーナー・ブラザーズ。日米同時に上映開始されたそうですから、当然、海外から見た日本の美しさを意識されてると思いますが、スタッフは大御所揃いで特に美術監督の西岡善信さんは88歳の重鎮。日本人が見て違和感のない、というかバタくさくない日本美で描かれています。

ストーリーも大変面白いのですが、ここに描かれている日本人が今もいると、外国で思われたらちょっと困るなあ。それと、役所広司演ずる主人公のセリフが、他の登場人物と比べて現代的だった印象があるんだけどなんでかな。安田成美がきれいでした。

ソーシャル・ネットワーク

早速行って来ました。映画「ソーシャル・ネットワーク」。学生起業家マーク・ザッカーバーグのFacebook創業の経緯と、その権利をめぐって彼をとりまくゴタゴタ。ハーバード大学という超エリートの集まる閉じた環境の中の、特異的な天才の話ですが、一般人のわれわれの感情にも届くレベルにまでブレイクダウンして描かれています。

ハーバードの天才プログラマーであるマークは女の子にこっぴどくふられてプライドを傷つけられ、腹いせに女子学生の品定めサイトを作って、ますますひんしゅくを買います。そしてそれをきっかけに、彼氏彼女をつくるためのコミュニケーションネットワークを作ります。

出会い系サイトや他のSNSとの違いは、実名や顔写真、ステイタスを明確にすること。そしてそのサイトはあくまで、クールであること。寮のルームメイトの協力を得て、ハーバードから他の有名大学、西海岸、そして世界中へと爆発的に登録者が増え、起業家や投資家の注目を集めます。しかしそれと同時に、周囲の人間関係は最悪の方向に向かいます。

今やマークは、世界最年少の億万長者。しかし全てのものを得ることはできない。成功と同時に友情や信頼を失っていくことが、幸せなのか不幸なのか。そもそもこのように描かれていることを、マーク自身は今現在、どのような感想をもっているか。

いずれにしろ、マークは若き起業家であり、Facebookは日々成長し、人も会社も運命がまだ始まったばかりに等しい。こんなに早い段階で、しかもアカデミー賞監督が人生を描くと言うこと自体、非常に稀な、それだけ社会的にインパクトのあるエポックメイカーであることは間違いありません。

シチリア!シチリア!

三ヶ日に3本観た映画の中のひとつです。「シチリア!シチリア!」。151分という長~い映画。これは好き!という人と、つまんなかったという人に分かれるだろうな。アカデミー賞を受賞したイタリアの映画監督の巨匠が、自身と父親の半生を投影したという、シチリアの町を舞台にした一人の少年が成長し老いるまでの大河ドラマ。

戦前のシチリア、貧しい労働者の家庭で、苦しいながらも家族や町の人々の愛に育まれ、のびのびと育つ少年時代。戦争が終わって平和が訪れたシチリア、恋をし、政治に燃え、未来の可能性に夢を膨らませる青年時代。そして、街並が発展するシチリアの町と現実に直面し苦悩する壮年時代。

公式サイトによると、2007年に監督が暴漢に襲われて生死の堺をさまよった後の最初の作品なのだそうです。人生は苦労が多く何が幸せかわからないけれど、そういうことも全て含めて人生は美しいのだ、生きててなんぼや、というような実感が底辺にずっと流れていますので、人肌のぬくもりのある映画です。

それから出演する俳優が、男性も女性もみな大柄で美しい。いつも砂ぼこりが舞う貧しい風景も貧しい服装も、若い主人公達の美貌を却って引き立てるほど。最近地球は狭くなってどこもご近所のような気がしますが、これはまあなんというか、やっぱり全てが異国だなぁと感じました。

キック・アス

三が日に見た映画をレビューします。立ち見が出てる面白い映画があるらしい・・・と聞き調べてみたら、「キック・アス」。あらすじ読むとなんかバカっぽい感じもするけど、ブラピがプロデュースし、ニコラス・ケイジが出演と、メジャーな匂いもするので、ノーマークでしたがハズレも覚悟で渋谷の映画館に行ってみました。

感想は、抱腹絶倒。アメリカンコミックらしい大味な面白さ。ストーリーははちゃめちゃだし、人間を残虐にもバッタバッタ殺すし、一歩間違えれば駄作になりそうなところをぎりぎりの線で品良く保っているのは、キャスティングがいいのでしょうね。

主役のキック・アス=ダメダメヒーロー高校生は、アーロン・ジョンソン。「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」ではナイーブなジョン・レノンを好演していて、大人っぽいなと思いましたが、本作ではドジで頼りなくてちょっとかわいい。

ヒットガール=スーパーヒロイン小学生が、なんちゃって制服みたいなの着てピストル撃ちまくる姿は、日本のロリコン系アニメオタクたちの胸キュンまちがいなし。でも本当にかわいいの。キレのいい演技。

そしていなくてはならない存在が、悪役?レッドミスト。これがまたほんと笑える!まだハタチくらいの俳優ですが、超売れっ子コメディ俳優なんだそうですよ。

もう、小難しいこと考えないでスカッとしたいときに見るといいんじゃないでしょうか。

古希お祝会と新年会

2011年の営業が始まって、ようやく1週間たったばかりというのに、なんだかもう1ヶ月くらい働いている感じで、お正月気分もふっとんでいます。とはいえ新春ですから、年の初めの宴会はきっちり開催です。

一昨日は、目黒雅叙園で、経営者として大先輩の古希お祝い会。福岡がホームベースの会社の会長さんで、東京を行ったり来たり。いつも可愛がっていただいてるので、仲間といっしょに世話人として準備を進めました。

皆さんにお声をかけたら、なんと85人も参加。人徳ですね。ワンステージ1500万という女性オペラ歌手も駆けつけてくださり、即興でアカペラ「鳥の歌」を披露してくださいました(もちろん無料で)。さすがです、会場に登場したときからすごいオーラ。

主役はとても喜ばれて、記念講演後突然舞台上で腕立て伏せを披露。みんなで声を合わせて数えれば、なんと、古希にちなんで70回!あとで、「50回のつもりが70回やっちゃった」と笑っておっしゃってました。いい会でした。

こんな風に、みんなに尊敬され愛される70歳になりたい。でもその陰には、ものすごい勉強と努力と気配りをされています。とても真似できませんが、少しでも近づく努力をしようと思いました。

そして昨夜はアークヒルズクラブで、加盟している団体の理事会のあと、理事新年会。さらに、友人宅に押しかけ二次会。三田の高層マンションで、足元までガラス張りの窓からの抜群の夜景に、酔いが早かったみたい。

今年は年の初めから、仲間と過ごす時間が濃密です。新年になってもう3回も一緒に飲んでる人が、しかもたくさんいます。まるで家族みたいだね。今年も友達に恵まれて、ほんと幸せ。

デザート・フラワー

2011年最初に観た映画は「デザート・フラワー」。ソマリア出身の黒人トップモデルであるワリス・ディリーの実話に基づくシンデレラストーリーなのですが、私にとってはかなりショッキングな映画でした。

映画の前半は、13歳のときに結婚から逃れるために家族のもとを離れ、やがてイギリスに渡ってホームレス同然の生活からトップモデルに登り詰めるまでが描かれます。ワリスを演ずるエチオピア出身のやはりトップモデルであるリヤ・ケベデがとてもチャーミングで抜群のスタイル。思わず魅き込まれてワクワクしながら観ました。

後半は、成功したワリスが、自分の生い立ちを見つめ、心と身体の深い傷となっている割礼(FGM)の事実を公表します。幼いワリスが石の上に寝かされ、麻酔もなしに、不衛生な道具で処置をされるシーンは、見ているほうも身を切られるようで、涙が止まりませんでした。

私は、割礼(FGM)という儀式が、ある地域で行われていることは知識としてはありましたが、具体的には想像がつきませんでした。この映画を観たことで、それがどんなにむごいことであるかを知り、愕然としました。

ワリスの活動がきっかけで、アフリカではFGMを法律で禁止する国が増えましたが、実態としては今尚、多くの女児がその苦しみを受けているのだそうです。

私が映画を観たときには、ほとんどが女性で、ほぼ満席でした。男女に関わらず、ぜひ観て欲しい映画です。知らないことは罪深い。そんなことが、この世の中にはたくさんあるということに気づかされた映画でした。

アンストッパブル

年末年始に映画を6本観ました。順番に紹介しようと思いながらまだ記せていません。この際、昨夜観た映画を先に紹介。

面白かったよぉ。「アンストッパブル」。ドキドキハラハラワクワク。最初から最後まで目が離すせません。

危険な化学物質を積んだ貨物列車が、人為的ミスで無人のまま暴走。このままいけば、住宅地域で脱線し大惨事が。解雇目前のベテラン運転士と家庭に問題を抱えた若い車掌が、命を懸けて阻止に向かう。

暴走する貨物列車のプロセスが丁寧に描かれていて、臨場感が増します。一方で、登場人物をとりまくドラマは現代社会を反映していて、単なる娯楽映画に終わらずメッセージ性も高いです。

こういう映画が絵空事に思えないのは、チリの落盤事故などを見てるからかしら。アンストッパブルも実話がもとになっているそうです。勇気が出る映画です。オススメ!

初夢

もう過ぎたことだけど、今年の初夢のことを記しておきます。

登場したのは、雉(きじ)のつがい。穏やかに歩いておりました。

あ、私は初夢を見ている!夢うつつで気がつき、初夢で雉が歩いてるのー!と叫びました。

そのあと、うーんうーんと唸っていたようです。最近よく、唸ったりいびきかいたりしてるらしい。本当かな?

悪魔避けにパワーストーンつけてますけどね。

仕事始め、飲み始め

今年は毎日ブログアップしようと思ったのに、三ヶ日の三日坊主。かなり情けないです。やっぱり向かないことは考えちゃいけないな。気が向いたときに、、、ということに早速宗旨替えします。

弊社は昨日が仕事はじめ。お昼は恒例の新春昼食会、勤務時間中に胸を張って飲める日です。美味しい日本酒とワインとビールを用意して、近くの雲雀やに注文した特製弁当で、和やかに初春のご挨拶をしました。

ここのお弁当は見た目は地味ですが、野菜がたっぷりで健康的で美味しいので、今年のお正月はここのお弁当がいい、と社員のリクエストです。みんなで今年の抱負や目標を披露しあい、また年末年始の出来事などを報告しあいました。

夜は経営者仲間が約10名が集まって、11日に迫った大先輩の古希祝パーティの打ち合わせ。有志が発起人となって準備を進めていますが、70名くらいのお客様が集まるようです。それぞれにお土産も持ち寄って、むしゃむしゃ食べながら式次第や役割分担など決めました。

会議が終わったら、そのままビルの1Fの「Cafe&Dining SCENE」で初飲み。昨年の暮れもぎりぎりまで一緒に飲んで、今年も新年早々から一緒に飲んでるとはね、と笑いながらの飲み会です。11時くらいまでしっかり飲んで食べて語り合って、本当にいい仲間に恵まれて嬉しい。

今年は酒量をおさえようと思ったけど、ワイン結構飲んじゃった。やっぱり向かないことは考えちゃいけない。今年も美味しいお酒は大いに飲みます!(・・・でもほどほどにするよう心がけます(;;;´Д`)ゝ

箱根駅伝

本日は箱根駅伝復路。早稲田の優勝がかかっているとあって、朝から緊張。ゴールまで待つとまた日が傾いてしまうとあって、八区の途中で外出。例年参っている、深川不動と富岡八幡宮に行きました。

とはいえ気になる駅伝、ずっとtwitterでフォロー。東洋大学が迫ってくるのでどきどきしましたが、東西線で大手町を通る頃にゴールが確認できてほっとしました。

深川はそれなりに混んでましたが、なぜか進みが早く順調にお参り。深川めしも食べて、お正月らしい気分です。

もうお正月も終わり。駅伝の選手はみんな爽やかで謙虚で感動しました。さあ、私も今年は感動の一年を過ごそう!

初詣

2011年二日目。箱根駅伝が気になって昼過ぎまではなにもできず、元日も一歩も外に出ず、食べてばかりいたので太ってしまった。このままではいけないと、初詣に出掛けました。

今年の初詣は、世田谷の松陰神社。松陰先生が処刑されたあと、高杉晋作ら弟子達が長州藩の所有する土地に遺骸を運び、葬った場所です。龍馬伝の影響か、詣で客が多く少し並びました。

おみくじひくと大吉。萩でも同じ頃に、母と娘が松陰神社に参ってたはずです。千キロ離れてつながってる不思議な感じ。

それから新宿に出て花園神社に。ビジネスがうまくいきますように。こちらも夕暮れにも関わらずかなり並びました。お札を購入。

伊勢丹に寄ると、もう福袋は姿形もなく、お正月とか関係なく賑わってました。早速今年最初のお酒購入。純米無ろ過生原酒の雁木。今年もまた、相も変わらず始まっております。

明けましておめでとうございます

2011年を迎えました。こうして健康に新しい年を迎えられることがどんなに幸せなことか。深く感謝します。今年は一層努力を重ねること。そしてひとつでも社会に価値を提供できるよう、考えて考えて行動したい。笑って泣いて、感受性豊かに暮らしたい。愛が溢れる人になりたい。ハッピーニューイヤー。大好きなあなたに、幸せが訪れますように。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ