« 坂東札所巡り17〜千葉県木更津 | トップページ | ヒア アフター »

ふくの日

20110221_130443_2

冬になると食べたくなるもののひとつ・・・ふぐ。あの、淡白なのに旨みのある、透き通るような身のてっさ。ポン酢醤油に小口ねぎともみじおろしをちょっと添えて。ああ、こうして文字にするとたまりません。ふぐを食べないと、春が来ない。

そこで、毎日萩から新鮮な魚を空輸している土龍のシェフに、「ふぐを仕入れて食べさせて欲しい!」と頼みました。するとシェフは、

「とらふぐですか?真ふぐですか?」

ふぐといっても、種類がたくさんあって、値段もピンキリ。その王様格、とらふぐの天然物というと、目玉が飛び出ます。ここは、ふぐの女王様と呼ばれる真ふぐの天然ものでいきましょう。とらふぐに勝るとも劣らない、と地元の漁師さんもお墨付き。

日にちは2月9日。あれ・・・。偶然ですが、ふぐの日だ。山口県では、ふぐのことをフク(=福)といいます。フクの日に萩の真ふぐを食べる会、と称して、六本木に9人仲間が集まりました。

20110221_130523_3   20110221_130544  20110221_130502 20110221_130424 

20110221_130350_3写真は肝心の、唐揚、てっちり、雑炊、ひれ酒などを撮り忘れてしまいました。ふぐではないけど、最後のデザートがこれまた絶品。イチゴのカスタードソース和えと一緒に食べる、甘さ控えめの焼きたてふかふかスフレ。もう、満足満足です。お腹がはちきれそう。

子どものころ、海岸べりで群れて泳いでいる小魚を網で救うと、ふぐの稚魚が網に引っかかってました。ぷくっと膨らんで真珠のようだった。あれは、なんていう種類のふぐだったのだろう。

萩の真ふぐについてはコチラをご参照下さい。

« 坂東札所巡り17〜千葉県木更津 | トップページ | ヒア アフター »

旅行・地域」カテゴリの記事

飲むこと食べること」カテゴリの記事

コメント

先日は、ご来店ありがとうございました(≧∇≦) 料理写真が何品か無いのが残念ですが、満足して貰えたみたいで良かったです。
土龍に何回も足を運んで貰ってますが、デザートの記憶がある社長は初めてです!!
本当にありがとうございました。

モグラの親方様。あんなに美味しいデザートがいつも記憶にないなんて、なんと不幸な人生でしょう。今後は心を入れ替えて、お料理を堪能するように誓います!本日も美味しいランチ、ご馳走様でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂東札所巡り17〜千葉県木更津 | トップページ | ヒア アフター »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ