« ヒア アフター | トップページ | ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島 »

ザ・タウン

アカデミー賞が発表になりましたね。発表になる前に、この週末に「英国王のスピーチ」を見ておきたいと思いましたが、忙しくて実行できませんでした。残念。受賞後しばらく混むかなぁ。。。

さて、先週見た映画は「ザ・タウン」。ベン・アフレック監督、主演。舞台は、世界中のどこよりも銀行や現金輸送車の強盗が多いという、ボストン郊外のチャールズタウン。冒頭いきなり緊迫した銀行強盗のシーンから始まり、度肝を抜かれます。

このタウンで生まれ育った仲間達と、強盗をして生計をたてている、主人公のタグ。父親は強盗仲間をかばって40年の収監、母親は幼い頃に家族を捨てて家出。アイスホッケーのナショナルチームに選ばれ将来を嘱望されたこともありますが、暴行事件を起こしてメンバーからはずされたという、荒んだ過去をもっています。

強盗の人質にとり無傷で解放した女性支店長に近づくうちに、聡明で敬虔な彼女と恋に落ち、タウンを出ようと目論むタグ。檻の中の父親も、仲間も、そんなことは無理だと否定し、ダグが足を洗うことを妨げます。タグは果たして、出自の宿命から逃れて新しい人生をやり直すことができるか-。

ダグと兄弟のように育ったキレ方の恐いジェム、どこかで見たと思ったら、昨年のアカデミー賞を受賞した「ハート・ロッカー」の主演俳優。その他俳優陣が秀逸で、銀行を襲う手口も今風でなくテーマは目新しくない映画ですが、切なくて心に残ります。ある意味普遍的な、生きるってどういうこと、って問う映画。

ベン・アフレックってまだ若いのに、芸達者だし深味がある。やっぱりハリウッドの人材層は厚いですねぇ。

« ヒア アフター | トップページ | ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒア アフター | トップページ | ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ