« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

3・11震災その後

10日ぶりのブログです。

3月11日午後2時46分三陸沖を震源地とするM9.0の大地震。その後の大津波。さらに福島原発の事故。これでもかというほどの大災害が連続的に起こりました。あまりの出来事の連続に、生きていることを感謝する以外に、なにがあろうか、という思いにとらわれました。忙しいということもありましたが、1000年に一度と言う天災のことを、書いておく気がしないのです。

映画や本の中で、悲惨な出来事はたくさん仮想体験しました。がどれも、所詮は想像の出来事だったんだ、ということを思い知りました。そしてこの大災害においても、自分に直接にはふりかかっていない、といことが、逆に恐さを誘うのです。どうして私ではないのでしょう。次はお前の番だよと、示されているような気がして仕方ないのです。

地震が発生したとき、私はビルの5階にある青山のオフィスにいました。体験したことのないような揺れに、飲みかけのコーヒーがPCにかかってはいけないと気をとられ、コーヒーカップを持って隣の給湯室にいこうとしたら、「社長あぶない!」と、後ろから社員にむんずとつかまれました。

そのうちミシミシと音がし、壁にメリメリとヒビが入ってホコリが落ちてきました。ニュージーランドの地震が頭に浮かび、ああ、天井が落ちてつぶれてしまうかな、と一瞬覚悟もしました。社員は慌てて外に逃げ出した人と、ビルに留まった人の二つに別れ、外に逃げた人はしばらく戻ってきませんでした。

Dsc_0033 Dsc_0038 Dsc_0039

その後の1週間の東京のパニックについては記すまでもありません。アチコチの派遣先、請負先に社員が分散していますので、毎朝毎夕メールや電話で報告を受け動向を確認する日々。一方で、被災地へ一日も早く食料を届けるための支援活動にも取り組んでいます。ひびだらけの会社の壁も、応急手当をしてもらいました。

Dsc_0047_2 Dsc_0048 

多くの人が、何かしていないと悶々としてしまう、と言っています。本日埼玉の創業ベンチャー支援センターに毛布を届けがてら、埼玉アリーナに立ち寄りましたら、まるでイベントのときのようにたくさんの人が集まり、物資の請け渡しや仕分けをしていました。統制のとれたボランティアの人たち。何かで役立とうと毛布や日用品を届ける人たち。みんな優しい顔をしていました。被災者の方たちが、心と身体を休めることができるといいけれど。

まだ雪の降る被災地で、暖房もなく食べるものもなく、震えている人たちがたくさんいると思います。一日も早く、暖かいところで美味しいものを食べられる日が来ますように。私もできることをしたいと思います。

Dsc_0056

我が家のゴミ問題

我が家の前は、ゴミ収集所。ちゃんと分別していないゴミを出されると、収集車はシールを貼ってそのまま放置していきます。

特にこの季節は引越しが多いので、ゴミ収集日と引越しの日が折り合わないのでしょう。ここのところ、ビン・カン回収ボックスに、対象でない不燃物を入れていく族が2週連続で発生。

今朝は、食器、中身の入った調味料のビン、オーブントースターの金属トレイ、鍋のふた、傘、小さい掃除機、ヘルスメーター・・・大学生が卒業してアパートを引き払った、という風情のゴミが放置されていきました。しかも回収業者が放り投げたのか散乱し、食器は割れています。

あ~あ、朝からなんてこった。リサイクルできない不燃物は、2週間に1回の収集。家の前だからそのままというわけにはいきません。それらを分別し、我が家の敷地内でお預かりです。

監視カメラでもつけて、いい加減なゴミを出す人がいたら取り締まろうかしら。意地悪ばあさんみたいに、腕組みして嫌味を言ってやろう。などとおばさんらしく、プンプン怒りながら掃除してたら、マスクをつけるのを忘れていました。

あーーーー。目が痒いーーーー。朝から泣きっ面に蜂なのでした。

ツーリスト

春はいい映画が多くて楽しい。ナルニアを見た翌日は、アレクサンドリアか英国王のスピーチを見ようと目指しましたがいっぱい。そこで、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの「ツーリスト」を見ました。

アメリカ人の数学の教師がイタリアを旅していると、謎の美女に誘われてベニスを舞台にトラブルに巻き込まれ、命からがら大立ち回り・・・という映画です。

二人の主演俳優に加え、スタッフもアカデミー賞揃いで、全てにおいてギャラがとても高そう。美しい水の都ベニスでのテンポの良いストーリー展開、とてもおしゃれな映画。

どんでん返しも用意されているのですが、途中で想像がついてしまうのよね。なにせジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが濃すぎるのです。太陽が二つある空って感じ。あるいは、メインディッシュがいっぺんに二皿出されたコース料理とでもいいましょうか。ちょっと残念。

ところで、私の映画のホームベースは新宿。ピカデリーや武蔵野館によく行くのですが、混んでるときは歌舞伎町に行きます。歌舞伎町の映画街はもう見る影もなく、東急ミラノビルだけが頑張ってます。昔ながらの大きな映画館で、スクリーンが大きくそれなりに迫力があり、座席も広々として結構好きです。

映画の後、近くの台湾料理「中国菜館」で食事。日曜の夕方と言うのに空いています。新宿コマをはじめ歌舞伎町の映画館がみんな閉鎖してしまって、お客の入りがさっぱりだ、とお店の名物お母さんが嘆いてました。早くにぎわう町に戻るといいね。

ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島

ファンタジー小説を映画化したものは数々あり、最近は製作技術の向上もあって、原作のイメージをさらに膨らませてくれるものも少なくありません。ナルニア国物語のシリーズもその一つ。

ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島」も、原作に忠実でありながら、ダイナミックな場面展開と美しい映像で、かなり見ごたえがあります。

主人公は、ペベンシー四兄妹の次男エドマンドと次女ルーシー。あのちっちゃかったルーシーが成長して、自分の容貌にコンプレックスを抱いたりとお年頃になっていることに、まずびっくり。カスピアン王子とともに勇敢に闘います。

そして今回は新しい主人公の一人として、従兄弟のユースチスが登場。わがままでどうしようもなくいやなヤツですが、冒険の中で試練を浴びながら成長し、未来につなげます。

作家であるCSルイスはキリスト教の伝道師であり、その教義を子供たちにもわかりやすく伝えるために、この小説を書いたといいます。

ナルニア国王の上には創物主であるアスランがライオンの姿で存在し、全てを見透して、温かく時には厳しく見守っています。王や人々は、欲望や妬みや怯えなど自分の弱い心と闘いながら、自分の本文を全うし、役割を担います。

こう書くと実に説教くさいのですが、作品のキャラクターや舞台がとても魅力的で、夢が溢れるので、世界中で愛され続けています。

ぜひとも大人、特に政治家の方々に見ていただきたい映画です。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ