« ザ・ファイター | トップページ | 八日目の蝉 »

トゥルー・グリット

アカデミー賞の数々にノミネートされながら、賞がとれなかった「トゥルー・グリット」。1968年に新聞小説として多くの読者を集め、1969年にジョン・ウェイン主演「勇気ある追跡」として映画化されたものを、コーウェン兄弟監督でリメイクしたのがこの作品。トゥルー・グリットとは、ありえないような困難な状況を乗り越えていく真実の勇気、というような意味です。

雇い人ネッドに牧場主である父親を殺された14歳の少女マティが、仇を討つために腕利きの保安官を雇おうとします。最初は子ども扱いして相手にされませんが、根負けして渋々引き受けます。そこへ、ネッドを追うテキサス・レンジャーが加わり、三人でネッドを追いかけて命懸けの過酷な旅に出ます。

渋い保安官を演ずるジェフ・ブリッジズ、若さゆえ未熟なレンジャーを演ずるマット・デイモンともに、深みのある存在ですが、特筆すべきは少女マティ役のヘイリー・スタインフェルド。意志の強さを表すきりりとした顔、相手をやりこめる堂々としたセリフ回し、ときどき覗かせる少女らしい不安を心の中に押し込めるときの切ない表情、まさに勇気ある少女を体現しています。

今回のアカデミー賞では助演女優賞のノミネートでしたが、映画の中では主演級の役回り。惜しくも受賞は逃がしましたが、この先を考えるとここは見送りでよかったかも。将来はきっと、アカデミー賞主演女優賞を獲得するに違いない。

この映画、私はかなり好きです。見終った後に、じわじわっと心に響いてきて、正直言って「英国王のスピーチ」や「ソーシャルネットワーク」よりも感動しました。原作は、アメリカの古典文学として教科書にも登場する長編名作なのだそうで、こちらもぜひ読んでみたいと思います。

« ザ・ファイター | トップページ | 八日目の蝉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「トゥルーグリット」、私もとても感動しました。
私はジョニー・デップファンで、彼の出演する映画は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド」以降全部観ているのですが、「トゥルーグリット」は主演級の少女に魅かれて観に行ったのですが、彼女の演技素晴らしいです。
ストーリーが難解な「ツーリスト」より分かり易いし重厚さもあります。
ジョニーファンのブログには他の映画の感動を書いてくれる人がいないので、感動を分かち合える人がいるこちらに書きました。

Yukiko様、コメントありがとうございます。ヘイリー・スタインフェルド、どんな女優さんに成長するのか楽しみですね。私も「西部劇」にはあまり興味がなかったのですが、この少女の存在に魅かれて見にいきました。いわゆる西部劇とは、趣向がちがいましたね。ところで「パイレーツ・オブ・カリビアン」の次回作も楽しみですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・ファイター | トップページ | 八日目の蝉 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ