« グッドハーブ | トップページ | 人生、ここにあり »

山梨視察第2弾その2~ワイナリー ルミエール

Dsc_0427

あっという間に半月経ってしまいました。先日アップした、山梨視察第2弾の続きです。印傳屋の後は、創業125年のワイナリー、ルミエールを訪問。

文明開化の明治18年に降矢醸造場として創立され、大正天皇の時代から皇室御用達を賜ったという、ワイナリーのメッカ山梨でも有数の老舗です。原料となる葡萄作りから醸造まで、こだわりのワイナリーです。

Dsc_0428_2 Dsc_0433 

創業120周年を迎え代表者に就任した木田社長は、真面目で品の良いお人柄。伝統と革新をバランスよく取り入れて、甲州ワインを発展させていこうという意気込みに、静かな優しい語り口の中にも熱がこもります。

Dsc_0429見事なのは、1901年に日本で最初に造られた、花崗岩の石蔵発酵槽が今も使われていること。石蔵に棲む酵母がワインの味と香に深みを与えているそうです。

Dsc_0420_3

農場と醸造所を見学した後は、レストラン「ゼルコバ」で、楽しいお食事。和風モダンな建物のお庭には、樹齢900年という立派なケヤキの木。樹の真ん中には大きなホラがあるそうです。トトロが昼寝しているにちがいない。

社長ご夫妻のはからいで、冷えた甲州スパークリングワインをいただきながら、バイオリンの生演奏を楽しみ、山梨の食材を活かした美味しいお料理と、それに合わせたワインを味わいました。

勝沼のワイナリーは毎年のように訪問しますが、ルミエールは市が違っていたので、いままで知らなかったのが悔しい!日本のワイン、本当に美味しくて世界に誇れます。が、円高で輸出は苦戦しているとのこと。輸出にまで在庫が廻らないほど、国内で飲めばいい!これからはファンの一人として、応援したいと思います。

日本のワイン、バンザーイ!

« グッドハーブ | トップページ | 人生、ここにあり »

交流」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

飲むこと食べること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グッドハーブ | トップページ | 人生、ここにあり »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ