« 夏休み | トップページ | ミケランジェロの暗号 »

故郷で過ごした夏休み

Dsc_0677 今年の夏休みは、例年より一日長く、さらに連続して休暇を申請する人もいて、気分的にも長いお休みモードでした。私も、移動含め5日間の萩への帰省。夏に帰るのはいつ以来だろうと記憶を辿ると、9年ぶりのようです。

この度は、初めて母と二人だけの旅。85才の母と数日過ごし、思いのほか身体が弱ってきていることを認識しました。気持ちがしっかりしているうちに、こういう時間がとれてよかった。

Dsc_0598萩では車がなく、母は足が痛いと言って出かけたがらないので、親戚の世話になる以外はひたすらひとりで歩き回りました。

活動範囲はせいぜい3キロですので、一日歩いても一万歩強。まあ東京では健康維持の範疇ですが、萩の友人知人は車社会なので、歩いて行動してると、みんな呆れるのでした。そして、空気がきれいだからか、紫外線はサンサンと降り注ぎ、美容的には無謀だったかもしれません。

今回帰省するにあたって心がけたことは、観光客の視点に立つこと。見馴れた景色に対しては先入観があり、頭の中のイメージで見てしまっていて、本当の景色が見えてないかもしれません。頭を空っぽに五感を研ぎ澄まして、見るもの聴くものを心で感じようと思いました。

Dsc_0649そして久しぶりの故郷は、長らく無沙汰の私を、懐深く温かく包み込んでくれました。確かに私を作ってくれたのは、この水、この空気、この人たち。命の洗濯ができた、貴重な5日間でした。

« 夏休み | トップページ | ミケランジェロの暗号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み | トップページ | ミケランジェロの暗号 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ