« 故郷で過ごした夏休み | トップページ | 日輪の遺産 »

ミケランジェロの暗号

ひさしぶりのブログです。いい映画を観ました。「ミケランジェロの暗号」、オーストリアの制作スタッフ、主演のモーリッツ・ブライプトロイは、ドイツの俳優です。

時代は、ナチスがオーストリアに侵攻した時代。ユダヤ人画商一家は、ミケランジェロの絵を代々所有していたがために、ドイツとイタリアの同盟の取引材料として、全ての財産を没収され、収容所送りとなる。画商の父親を殺された息子ヴィクトルは、母を救うために一計を案じ、一世一代の大勝負にでるが・・・。

ドイツ、オーストリアにとって暗い歴史である、ナチスによるユダヤ人迫害の事実を、ぎりぎりのところで、ユーモア交えたセンスのよいストーリーに仕上げてあります。決してハリウッド的な派手な映画ではありませんが、脚本と演技の質の高さを感じました。

上映劇場が少ないのが残念。私にとって、今年見た映画のTOP5には確実に入る映画です。

« 故郷で過ごした夏休み | トップページ | 日輪の遺産 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 故郷で過ごした夏休み | トップページ | 日輪の遺産 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ