ゴーヤ日記その3~花が咲きました!

Dsc_0466_2 朝早く、行ってきますと出かけたはずの娘が、またドアから顔を入れて叫びました。

ママー、ヘチマの花が咲いたよー!ヽ(´▽`)/

・・・ヘチマじゃないよ。ゴーヤだってばー(-ε-)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

5日前のゴーヤ日記その2では、花が咲くのはまだまだ当分先のことだと思ってたんです。

ところが、梅雨明け後の猛暑続きで、ゴーヤは水をゴクゴク飲んで、すくすくと伸びてます。そして今朝(7月13日)、待望の最初の花が咲きました。うれしいなぁ~~~

想像に反して、最初に花を咲かせたのは、ダントツに伸びてる第1号ではなく、そのとなりの第2号でした。

ゴーヤは雄花と雌花があって、受粉して結実するそうです。中心の形状から、この花は雄花と見た。雌花の出現が待ち遠しいです。

緑のカーテンにはまだ程遠いけれど、ここ数日のゴーヤの成長の速さには目をみはります。種を蒔いてからほぼ1ヶ月。次は、実がなったらご報告しますね♪

ゴーヤ日記その2~プランター植え替えとネット張り

Dsc_0341_1_2 6月4日から育て始めたゴーヤ。根が出たゴーヤの種を、6月10日に育苗ポットに植え、発芽させた経緯は先日のブログで述べました。ポットに植えた種は20個。発育の悪い種は間引きを覚悟して、15ポットに植えました。それから約2週間、最終的に双葉の間から本葉が出たのは16株。早い株はもう、本葉も3~4枚、つるも出始めています。そこで6月26日、まず半分、成育のよい8株のプランター植え替えを実行することに。

その日はとても暑い土曜日で、高校の同期が青山一丁目に集まり昼食会でしたが、私はアルコールを封印。帰りに中野の島忠に立ち寄りました。必要なものは、長さ65cm プラスチック製のプランター、鉢底石、園芸用土。ひとつのプランターに約12リットルの土が必要ですが、これが重いのなんの。8株分4個のプランターと土を用意するのに、土曜日2往復では間に合わず、翌日の午前中も土を買いに西友に。もうそれだけでぐったり。費用も4千円くらいかかりました。

Dsc_0343_1 Dsc_0345_1 Dsc_0353_1 Dsc_0354_1

植え替えは、まず水はけをよくするために、プランターに底石を敷き、その上に土を7割くらいまで入れます。育苗ポットは土に帰る素材のもものなので、プランターの両端に軽く穴を掘って、そのままポットごと埋めます。さらに土を加えて軽く押さえて終了。水をたっぷりやって、家の塀の前にプランターを4つ並べると、なかなか気持ちのよい眺めです。Dsc_0357_1

そこからさらに1週間は、連日30℃を越える真夏日。プランターの株がどんどん成長して、つるが伸びて地面を這い出すものも出てきました。ネット張りを急がなくちゃと焦るものの、世の中はグリーンカーテンブームで、ゴーヤ用は欠品続出。ゴーヤ仲間と情報交換しながら、アマゾンと楽天で見つけて早速注文。ネット代は余分なものも含めて結局1万円くらいかかってしまった。

7月2日、最初に残りの8株をプランターに植え替え。途中石と土が足りなくなって、西友へ。これが一番つらい作業。重い土を運ぶと腰にきます。全部植え終わったら、ネット張り作業。アマゾンで買った支柱とネットのセットを、娘に手伝ってもらって組み立て、西日のあたる壁にセット。一番成長の早い4株のプランター2個をネットの押さえになるよう置きました。これを、1号~4号と呼ぶことにします。Dsc_0380_1

翌日曜日は朝から残りのネットの設置。なかなか引っ掛けるところがないので、二階から吊るし、横幅は180cm を3枚つなぎました。なんとも大げさな、壁一面のネット。果たしてこんなに育つんでしょうか。ともかくも、5号~一番貧弱な16号まで、カーテンの準備万端です。

ついでに、本葉が6枚くらい出た株は摘芯という作業をしました。親芽の成長点を摘むことで、脇芽に栄養を与え、子つる、孫つると増やしていくのだそうです。Dsc_0397_1

さて、種を育て始めてネットを張るまで約1か月。子育て同様、ワクワクドキドキでしたが、これからどんな風に育つんでしょうか。とにかく水をたっぷりとは、先達のアドバイス。花が咲いたら、またブログでご紹介いたします。

ゴーヤ日記2011その1~種から根が出て芽が出て・・・

2011061317060000
節電で、昨年に増す猛暑が予測される今年の夏。そうだ、ゴーヤを植えようと思いついたのは5月。DIY ショップにはゴーヤの苗がたくさん並んでましたが、無謀にも種を二袋、購入しました。

その後、面倒臭くて放っておいたらあっという間に6月。これじゃ肝心の真夏に間に合わなくなると慌てて取り掛かりましたが、種の袋の説明書を読んでもよくわかりません。ネットで調べると、成功失敗、いろんな経験談が見つかりましたので、参考にしながらいざ挑戦。
Dsc_0237ゴーヤの種は、一袋に10個入ってて、2袋につき計20個。殻が堅くてゴツゴツしてます。形はカメムシみたい。殻に切り目を入れると育ちやすいというので、ハサミで適当にパチンパチン。カメムシの頭みたいな方に根の元があるらしいと途中で気付きました。早く言ってよ 。

下ごしらえしたら、プラのトレイにティッシュを敷いて水をひたひたに。2社の種を使ったのでエリアを分けて置きましたが、運んでるときに種が泳いでしまい判別不能に。

Dsc_0265 種子は水を吸ってふくらみ、殻に割れ目が入ります。そのうち、カメムシの頭から白いトンガリが…根が出てきました。ここでまず興奮。程度の差こそあれ、1週間でほぼ全部に根が出たら、育苗ポットに植え替えです。

土の中に根を下にして種一個分の深さに埋め、土を被せておくと、一日たつと種が土の中から頭をもたげ、二日たつと緑色の双葉がのぞき、三日目には殻を脱ぎました。種を袋から出し水に浸して ここまで約10日間。

さて、これから本葉が出てきたらプランターへの植え替えです。いつになったら収穫できるかな。子育てが終わって、ペット、さらに園芸、とお約束どおり邁進してるこの頃てす。
Dsc_0266 Dsc_0272

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ