« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ロボジー

今年5本目の映画は『ロボジー』。5本目にして最初の邦画です。ロボジーとはつまり、ロボット+ジジイ・・・。そう言われてみると確かに、二足歩行ロボットのちょっと腰を落としてガクガクと歩く姿は、「腰が弱ってきたお爺さん」っぽいではありませんか。

実は、この時期はゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞の発表に重ねて、見ごたえのある洋画が続々公開のシーズンなので、邦画にはあまり関心がなかったのです。が、FBやtwitterで、このロボジーを薦めてくれるオジサンが多かったので、これは珍しい現象だなと。

爺に近づいてきたツレと、筋金入りの婆(85歳の母)を誘って、新宿ピカデリーに見に行きました。

舞台はどろくさい家電メーカー、パッとしない窓際社員3人組が、話題つくりのために社長命令でヘロヘロになりながらロボットを開発する。ロボットに「ニュー潮風」なんて洗濯機のような名前をつけるセンスのなさです。やっと完成し、いよいよロボット博で発表しようという矢先に、アクシデントでロボットを壊してしまう要領の悪さ。ありえないけどありそうな、日本企業の風景。

このままではクビになってしまうとあせった3人は、とりあえず中に人間を入れてその場を凌ごうと考える。そこで白羽の矢が立ったのが、ニュー潮風に背格好が近い爺さん。うまくいったと3人が胸をなでおろした矢先に、爺さんの暴走が始まり制御不能に・・・という話。

高度成長時代に社会を支えたプライドと体力を持て余し、おかれている老人社会にはなじめないという73歳の鈴木重光を、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)が味わい深く演じます。愚直なまでに働く日本企業のありし日の姿を思って懐かしさを感じるとともに、高齢化社会の人間関係もよく表現されていて、笑いながらホロリとくる映画です。

『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』などをものした矢口史靖監督の作品。さすが目のつけどころがユニークで、オジサンたちの心を掴んでます。

デビルズ・ダブル-ある影武者の物語

今年4本目の映画は、『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語』。サダム・フセインの長男ウダイから、影武者を強要された本人であるラティフ・ヤヒアの手記が原作。

映画を観て、これが真実だとしたらなんて凄惨な話だと思いましたが、脚本家によると、ラティフ本人から聞いた真実はもっと残酷で、映画化に適さない部分がたくさんあったのだそうです。

主演はドミニク・クーパー。ロンドン生まれの若手エリート俳優が、ウダイとラティフの二役を完璧に別人格として演じます。卑劣で醜猥なウダイと、真面目で正義感があるゆえに苦悩し追い詰められるラティフ。

予告編を観たときは、別々の俳優かと思ったくらい、顔がそっくりでも全く別の人格を演じきっています。役者にとって、これは相当ハードなお仕事だったのではないかしら。

原作者であるラティフさん自身は、この映画の作成に関わったことで、心の中に長らく留めていた抑圧から解放された気分を味わったそうです。

イラク戦争の真実は今もってわからないことが多いけれど、ウダイ・フセインが葬られたことだけは間違いなく正義だった・・・と思わされた映画でした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今年になって、自分の映画の感想を★の数で表していましたが、やめました。みんな★★★になっちゃって参考にならないから。

2011年の総括(劇場映画)

映画ファンサイトで、2011年の映画ベスト10の投票するコンテストがありましたので、私もひとつ投票してみようと、昨年観た映画のタイトルを列挙してみました。

ブログを掲載したものが48本。ブログには書いてないけど、twitterにつぶやいたものも加えると57本平均すると1週間に1本以上観たようです。

こうやって羅列してみると、詳細に記憶があるのは、せいぜい昨年の秋以降に鑑賞した作品です。震災の前なんて、遠い昔のことのよう。

タイトルだけでは内容が思い出せないものもあります。記憶なんていい加減なものだなあ。55本のうち、邦画は10本、中国映画5本。アニメは2本。

★2011年に劇場で観た映画一覧(新しい順)

ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル
ラブ・アゲイン
リアルスティール
マネーボール
マーガレットと素敵な何か
孔子の教え
三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
ウィンターズ・ボーン
50/50
ステキな金縛り
ゴーストライター
ワイルド・スピード MEGAMAX
カンフーパンダ2
あしたのパスタはアルデンテ
日輪の遺産
ミケランジェロの暗号
モールス
復讐走査線
人生、ここにあり!
グッドハーブ
水曜日のエミリア
スーパー!
コクリコ坂から

奇跡
大鹿村騒動記
海洋天堂

サンザシの樹の下で
ハングオーバーⅡ
SUPER 8

マイ・バック・ページ
パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉
テンペスト
ブラックスワン
わたしを離さないで
チェルノブイリハート
母の道、娘の選択

アンノウン
キッズ・オールライト
八日目の蝉
トゥルー・グリット
ザ・ファイター
英国王のスピーチ
孫文の義士団
アレクサンドリア
ツーリスト

ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島
ザ・タウン
ヒア アフター
RED
イップ・マン
グリーンホーネット
わさお
アンストッパブル
しあわせの雨傘

アブラクサスの祭
エリックを探して
キックアス

宇宙人ポール

2012年3本目の映画は「宇宙人ポール」です。年明け最初の2本が深刻な内容だったので、わっはっは、と笑える映画が観たいと思い選びました。

地球に不時着し政府に匿われていた宇宙人ポールが、用済みで解剖されそうになったためエリア51から脱走、自分の星に帰ろうとするのを、たまたま通り合わせたイギリスから来たオタク二人組みが助けます。全編にSFの名作のエッセンスが満ち溢れ、SFファンならずとも懐かしさが満ち溢れています。

ポールを助ける二人組は、サイモン・ペッグとニック・フロスト。もともと大親友だっただけあって、息のあった掛け合い。それに絡むポールの言動行動がテンポ良く進みます。さらに、スティーブン・スピルバーグ本人やシガニー・ウィーバーまで登場して、3Dならずともこんなに夢があって楽しいSFが作れるとは。

ところで、小さなお子さん連れの観客もいましたが、子ども向けではありませんよ。大人向けのジョーク満載だから。

個人向けパソコンスクール事業は2月末で終了いたします

1996年に青山ビル1階でオープンしたコスモピアパソコンスクールは、2012年2月末日をもって、個人向けのレッスンを終了させていただくことなりました。16年の長きにわたりご愛顧いただきましたことを、心より感謝申し上げます。

そもそもをふりかえれば、1995年に都内の某区で、自治体主催区民対象の一太郎・ロータス123講座を担当させていただいたのが、設立のきっかけ。一太郎では日記やハガキを、ロータス123では家計簿を作りましたが、まだ家庭にパソコンはほとんどなかった時代。

いきなり家計簿つくりを習っても、何の役にも立たないのではないかしら。もっと基本的なリテラシーが必要なのではないかと思い、自前でパソコン教室を開こうと場所探しからスタート。オフィスのある青山一丁目の交差点に面するビルに作ったのです。

当初は集合形式をメインに考え、Windowsマシンを16台、Macを4台設置。スペースを有効的に活用し、少人数クラスを同時に開催できるよう、受講生にはヘッドホンをつけていただき、各講師が背後からピンマイクでささやくように授業をする、というのが当スクールのオリジナリティ。

パソコンの基本的な使い方や、ワード、エクセルの一般的な講座のほか、当スクールでの一番人気は、NHK文化センターと提携したシニアむけ講座。50代~80代の方が多数ご参加、クチコミでお客様を連れてきて下さいました。場所が良いとかインストラクターの質が良いとかの理由で、政治家・芸能人・事業家など有名人のマンツーマンレッスンも多くお引受しました。

その後時代は変わり、パソコンが一人一台の時代になってくると、集合よりもマンツーマンレッスンが主流に。お客様ご自身の目的が明確になり、習いたい機能やソフトが具体的になってきました。一方で、マシンのスペックがシーズンごとにどんどん上がり、OSやアプリケーションソフトも頻繁にバージョンがアップ、スクールの設備投資がどんどんかさみ、全てのバージョンに対応することは難しくなってきたのです。

本社とスクールを統合したり、ビル側の事情で1階から5階に移ったりする度に、そろそろ個人向けのスクールは終わりにしようか、と社内で話し合いました。しかし、コスモピアパソコンスクールを気に入ってくださって、ずっと通ってくださっているお客様のことを考えると止めるとは申し上げにくく、規模を縮小しながら続けてまいりました。

しかしこの度、創業30周年を迎え、混沌の時代にさらなる一歩を踏み出していくにあたっては、事業と体制の見直しを図ることが急務と考え、本社を移転するとともに個人のお客様向けのパソコンスクール事業の終了を決意いたしました。

コスモピアパソコンスクールに通うことを楽しみのひとつに加えていただいているお客様、困ったときに頼りにしてきたとおっしゃってくださるお客様には、大変申し訳ありません。今後は、ビジネス向けのITサポート・教育事業に特化するとともに、ノウハウを活かしたIT関連のマニュアルや書籍の企画制作に注力してまいります。今後ともよろしくご声援のほど、お願い申し上げます。

灼熱の魂

今年2本目の映画は、『灼熱の魂』。昨年のアカデミー賞外国映画賞ノミネートされつつ受賞を逃がした力作です。

カナダの双子の姉弟、ジャンヌとシモンは、亡くなった母の謎めいた遺言に従い、存在を知らぬ父と兄を探しに、母の故郷である中東の国に行きます。生存中は謎に満ち、決して子供たちにも心を開かなかった母の過去を辿る旅。やがて、母の過酷な人生が明らかになり、想像もしなかった結末にたどり着きます。

それは、同じ国民の間で繰り返される、宗教的対立による憎しみと復讐の連鎖。不条理な社会の中に浮かび上がった母親の姿は、姉弟の知っている母とは別の、壮絶な女性の姿。全てを受け入れた母親の深い愛に、人間とはなんと罪深い存在かと思い知らされます。

前日に見た『サラの鍵』に共通する部分がたくさんあるので比較されがちですが、こちらのほうがより現代の社会にも通じるリアル感があり、見終わったあとの衝撃も大きいです。家族で見るお正月映画としてはテーマが重過ぎて、みんなしばらく黙りこくってしまいました。

今なお世界中で、宗教対立や戦争が続いていることを考えると、胸をえぐられるようで辛い話ですが、みるべき価値のある映画だと思います。だから★★★です。

年末3本立『リアルスティール』『ラブ・アゲイン』『MIゴースト・プロトコル』

古い話で恐縮ですが、昨年末に見た映画、SF、ラブコメ、アクションを3本記しておきます。どれも、オススメしたいハリウッドの王道のような映画、ばかりです。

クリスマスイブに見た『リアルスティール』は、スティーブン・スピルバーグ総指揮のディズニー映画。格闘技ロボット全盛の時代に、落ちぶれたボクサーである父親と、かつてその父に捨てられた息子が、旧式のおんぼろロボット「ATOM」で最新最強のロボットと闘ううちに、心を通じ合わせていきます。クリスマスにふさわしい、心あたたまる勇気の出る映画でした。

ヒュー・ジャックマン演ずるダメ親父ぶりは魅力的だし、母親を失って落ち込みながらけなげな賢い息子も可愛らしい。どちらが大人だかわからないようなお父さんも、やるときゃやるというところを見せる映画ですから、父と息子で揃って見に行かれるもよかろう。ロボット描写はさすがスピルバーグです。

タイトルが安っぽいのが惜しいのは『ラブ・アゲイン』。幸せな中年夫婦のはずが、ある日突然妻が浮気して離婚宣言。理由がわからない夫は、バーで知り合った遊び人の指南のもと、男磨きを開始する・・・と書くとこれまた安っぽい感じがしますが、俳優陣の実力でとても味わいのある人間ドラマに仕上がっています。基本的にラブコメは幸せな気分にしてくれるから好き。

そして、年末押し迫った12月30日に見たのは、現在観客動員数1位の『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』。いやー、すごかった。どんな3Dの映像も、トム・クルーズがドバイの世界一高いホテルにぶらさがるシーンにはかないません。人間の能力って凄い、と思いました。これ、映画館の大スクリーンで見て欲しいです!歌舞伎町の東急ミラノなんて、穴場ですよ。

さて、以上で、2011年に観た映画の紹介は終わり。今ブログの記事を数えてみたら、1年間で50本は超えてました。だから今年の目標は60本に変更します。1ヶ月で5本ペース・・・できるかな。

サラの鍵

今年は映画を50本見ることが目標です。別に意味はありません。たくさん見ることで、見る目を養い、評価する力を養いたいと思います。2012年最初の映画は『サラの鍵』、いきなり★★★な作品です。

第二次大戦中、ナチスに占領されたフランスでは、7万人を超えるユダヤ人が収容所に送られ、帰らぬ人となりました。幸せな家庭が不条理にも壊され、家畜同様の扱いを受けて、小さな子供の命までもが軽々しく扱われた。

ジャーナリストのジュリアはその事実を調べるうちに、自分のアパートもユダヤ人家族の家だったのではと思いあたります。60年以上もの時を超えて、悲劇を甦らせずにはいられないジュリアに、家族は困惑します。

新年早々に見る映画にしては悲し過ぎるのでは、と足踏みしましたが、昨年までのお正月とは違うのです。うかれてはいられない、と思い、いささか心を奮い起たせて参りました。

それはそれは悲しい映画でしたが、悲しいだけでは終わらせない、ミステリー仕立の展開も見事でした。

どこの国にも、忘れてしまいたい歴史がある。でも私たちの幸せは、誰かの悲しみや苦しみの上に成り立っていることを忘れてはならない。この映画から、そんなメッセージを受け留めました。年の始めにふさわさい映画を見ることができた、と満足です。

あけましておめでとうございます

怒涛の2011年が過ぎ、新しい年を迎えて本日で4日目。一体どんな年になるでしょう。いえ、もはや他力本願では生きていけそうにはありません。どんな年にするか、しっかりと自分で考え行動して行かねば!

ところで良く考えたら、組織として初めてお金をいただいたのが1982年ですから、今年は創業30周年ということになります。30年間、何をしてきたのだろう・・・昨年はそれまでのすべての価値を覆されたような気がしています。

だから今年は、原点回帰。もう一度、一から価値を作っていきます。がんばるぞー!皆様、どうぞよろしくお願いします。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ