« 梅まつり吉野梅郷 | トップページ | スーパー・チューズデー 正義を売った日 »

さくらさくら

Dsc_1176

相変わらず寒い週末でしたけれども、日本中が待ちかねた桜の季節。開花とともに、世の中の動きが一気に活発になってきた気がします。

土曜日は、お世話になっている土井伸さんの書展「花も口実、今日も好日」を訪ねました。新宿から高速バスに乗れば、アクアライン経由で1時間で袖ヶ浦バスターミナルに到着。そこからタクシーで田園地帯を20分、里山を登ったところに会場は袖ヶ浦の真光寺があります。

Dsc_1187_2お寺は建物が池を回廊で囲うようにして建てられ、厳島神社のような佇まい。人は自然に生き自然に帰る、という考え方から樹木葬が行われているそうです。土井さんの書の数々もまた、自然な生き方を感じさせ、お寺の風情に違和感なく展示されておりました。Dsc_1186

書展を見学したら急いで都内に戻り、日本青年館で深川富岡八幡の葵太鼓のチャリティコンサート。

元気のよい祭りばやしから始まって、和太鼓に篠笛や笙、尺八、三味線などが加わり、力強い民族の響きを堪能。鍛え抜かれた身体をしならせて打つ様には、鳥肌がたちました。コンサート終了後、出口に並んで見送ってくれた奏者の方たちの上気した顔が、爽やかでした。Dcim0089


続いて日曜は、新宿ピカデリーで映画鑑賞。そのあと新宿伊勢丹で、ロゼワインとお寿司やおつまみを購入し、お花見をしに新宿御苑へ。ところがアルコール持込厳重禁止だったので、入口で諦めてUターンし、庶民のオアシス新井薬師へ向かいました。

475502_409106939118031_100000561855花の下でお酒を飲みながらワイワイ騒ぐのは無粋かもしれないけれど、家族や親しい人たちとお酒を酌み交わし、お弁当やおつまみをつまむことで、今年もまた生きて花を見ることができたことの喜びを実感するのも、大事なことに思えます。

お花見を完結して気が済んで、家族でぶらりぶらりと帰路につきました。近所の小さなお寺も桜が八分咲き。人のいない夕暮れの桜は、祭りではしゃいだ後の心にしんみりと沁みてくるのでした。

464897_409127359115989_1000005618_2




« 梅まつり吉野梅郷 | トップページ | スーパー・チューズデー 正義を売った日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅まつり吉野梅郷 | トップページ | スーパー・チューズデー 正義を売った日 »

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ