秋田視察~その2(八幡平・たざわこ芸術村)

Dsc_1371

温泉の朝は早い。5時半に起きて美肌の湯へ。もう先客がたくさんいます。温泉を浴びたら散歩に行こうと思ったら、二日前に熊が出たと。ここで出会って大騒ぎになると、熊に迷惑がかかるからやめました。

八時半に旅館を出発し、一路、八幡平へ。アスピーテラインを走ると、高度が上がるにつれ季節が逆行するのが興味深い。途中から雪が降り出して、標高1600mの頂上には、まだ2mくらいの積雪がありました。Dsc_1376

身体が冷えたところで、後生掛温泉にちゃぷり。ひなびた湯治宿で、泥湯や箱蒸しなど面白い温泉があります。お風呂上りに、1個食べれば3年命が伸びるという温泉黒たまごをぱくり。Dsc_1384

のんびりしたいところですが、スケジュールはみっちり。次は、今回のメインの訪問先でもある、劇団わらび座が経営するたざわこ芸術村へ向かいます。まずは、1997年に創立した地ビール工場に併設した田沢湖ビールレストランで昼食。田沢湖ビールは数々のコンペティションで上位入賞を果たしていますが、地産地消の精神にのっとったビール造りが美味しさの秘訣です。Dsc_1392_2

デジタルアートファクトリーを見学、小水力発電のプレゼンテーション。豊富な水資源を電力に換え、たざわこ芸術村の電力を賄おうという、まことに時宜にあった取組。さらにわらび劇場で、「アテルイ」を鑑賞。アテルイは新宿文化センターホールでも観ましたが、本拠地で見ると、役者さんとの距離も近く、またちがった感動がありました。

そして、欲張りツアーはこれで終わりません。銘酒「秀よし」の蔵元鈴木酒造を訪問。秀よしの創業は今から300年以上も昔の元禄2年。伊勢から移り住んで酒づくりを始めたそうです。秋田藩主佐竹公から、秀でて良しとのお褒めをいただき、「秀よし」と命名されたとか。できるだけ昔の蔵を守りながら、新しい技術や商品を生み出すことにも余念がありません。試飲もたくさん。ヽ(´▽`)/

Dsc_1397 Dsc_1410_2

さて濃厚な一日が終わったら、今夜の宿は、田沢湖高原温泉郷「ゆぽぽ山荘」。実は、ここに宿泊するのは2回目。長年尽力された管理人ご夫妻が引退される、記念すべき最後の夜に立ち会わせていただきました。山菜づくしの料理に、天然岩魚酒。みんな、ご主人自ら山に入って採ったものです。涙が出るほど美味しい。。。静かな森の中で、夜も更けるまで飲み、語り、素敵な夜を過ごしました。

Dsc_1416 Dsc_1420_2

山梨視察その2~キングズウェル

201009241604000_2サントリーの工場見学が終了すると、再び車に乗り込んで東に向かいます。富士山を目指すようにして向かい、到着したのは、甲斐市内のKINGSWELL(キングズウェル)。本格的なイングリッシュガーデンを中心に、すばらしいホールとレストランを備えた施設です。なぜここに、こんな施設を作ったのか、経営者の強い想いを学ぶために訪問しました。

201009241608000お城のような門からアプローチを抜けると、正面にレストラント棟が見えてきます。写真には写っていませんが、とんがった屋根の上の風見鶏が歓迎します。

KINGSWELLの中心は、 英国ザ・ナショナル・ガーデンズ・スキーム(The N.G.S)代表でガーデン・デザイナーである、ロジャー・プラッツ氏が監修した、イングリッシュガーデン。庭に出ると、ローズウォークや、小川が流れる白樺林、周囲より2m深く掘り下げたサンクンガーデンなど、3年をかけて造り上げられた庭をしばし散策。春にはお花が咲き乱れ、さぞや華やかなことでしょう。

201009241612000_3 201009241614000_4

自然で落ち着いたお庭にふさわしいコンサートホールは、大理石の床に、木としっくいの壁、高い天井。聞けば壁には、ウィスキーの貯蔵樽として役割を終えたオーク材が使われているそうです。

山梨の地で人々が癒され心を豊かにできる場所を作り、気軽に音楽に親しめる場所を作りたい、とのことで、じっくりと時間をかけて、オーナーがひとつひとつ吟味し、納得のいく施設を構築中。ステージの正面には、近いうちに大きなパイプオルガンが設置されるとか。

積年の夢が形になってきましたよ、この歳になってこんな冒険をと想われるかもしれませんがね、とお話されるオーナーは、74才には見えません。希望に燃える若々しい青年のように目をキラキラさせ、KINGSWELLの経営方針を熱く語って下さいます。実業で成功され、ご子息に経営を委ねたのちの、次なる挑戦です。

201009241632000ホールの暖かく荘厳な質感が、生の音をどのように共鳴させて耳に届くのか体感するために、仲間が舞台でチェロを演奏してくれました。30年ぶりだからね、耳障りだったらごめんね、としきりに謙遜する友人。ちょっとだけ、といってチェロが弾ける社長なんて、素敵!思わず羨望のまなざしです。

お庭とホールを堪能したら、レストランでお食事。イタリアのレストランで長年修行したシェフが、山梨の素材を生かして美味しいお料理をご馳走してくれました。特に、甲州牛のローストビーフが、やわらかくて絶品!201009241830000 201009241945000

ワインは、お料理に合わせて選んだ、ルミエールのスパークリングと、白、赤、そしてデザートに貴腐ワイン。ルミエールは、1885年からワインを作っている皇室御用達の老舗ワイナリーで、モンドセレクション等国際的なコンクールで数々の受賞を誇りますが、日本の食事に一番合うワインを作ることにこだわっているのだそうです。永田町にルミエールの直営店があるそうですので、買いに行かなくちゃ。

地元山梨の創業400年を越える老舗企業の社長さんも駆けつけてくれ、20名近い経営者で楽しく歓談。移り変わりの速い世の中ですが、新しい流れにのりながら、古きものを守っていくには、常にチャレンジが必要であることを伺いました。

東京からやってきた15名は、最終のスーパーあずさで帰京。慌しい日帰りの視察でしたが、実に濃厚で学ぶことの多い1日を過ごしました。迎えてくださった山梨の皆様に心から感謝です。

ベトナム料理講習

201008252037000_2

関東ニュービジネス協議会の国際委員会で、ベトナム研究をかねてベトナム料理講習会。なぜベトナム料理かというと、この秋国際委員会で、経済発展著しいベトナムはホーチミンの視察旅行が予定されているからです。

視察旅行の前に、食文化を押さえておきましょうという目的で、料理研究家山田玲子先生のサロン・ド・アール麹町をお訪ねしました。

会場となったサロンは、麹町駅から至近、新宿通りを1本裏手に入ったところにあるすてきな一軒家で、玄関に入って階段を上がった吹き抜けのダイニングキッチンが教室です。

到着早々、まずは、ベトナムビールで乾杯。あれ?労働してないのに食べていいの?テーブルの上にはすでに、チキンサラダや餃子が並んでます。餃子は中華風で、委員長の特別オーダーのようです。

日頃食べて喋ってが専門の健啖社長たちが、おとなしく料理を習うことはできないだろう、との委員長のご配慮で、すっかり段取りを整えてくれたようです。

しかし少しは料理した気分が味わえるようにと、パインセオ作りに挑戦。パインセオとは見た目はオムレツだけど、どちらかというとお好み焼きに近い料理で、米粉を溶かして卵とウコンを入れた生地を薄く焼き、ゆでたエビやもやし、炒めた玉ねぎ、チャーシューなどをはさみます。201008251815000

4組に分かれて各組代表選手が、下拵えされた具材を使って焼き、バジルやミントを添えて盛り付け。美味しく出来上がりました。そして、ほとんど玲子先生が作った料理とワインやビールで楽しく歓談。201008251840000

宴もたけなわな頃にはなんと、サプライズでバースデーケーキが登場!8月生まれの玲子先生と私が祝っていただきました。いつも顔を合わせているメンバーで気心が知れている上に、ホームパーティのような会場と料理の雰囲気もあって、家族でパーティしているような気分に。

せっかく習いましたから、家でもぜひ、パインセオを作ってみようと思います。

サムライブルーとらっきょう

W杯開幕。夜の街の様子は、電車が空いていたり、飲食店に人の気配がなかったりと、普通ではありません。8時ごろに青山通りを歩いていると、雨の夜空にこだまする喚声。パブリックビューイングからの轟きでしょうか。

そして日本VSカメルーン戦。やりましたね、まず一勝。今回は事前の報道が散々なのと、我が家にはTVがないということもあって、そんなに期待はしてなかったのですが、サムライブルーが勝てばやっぱり嬉しい。

昨夜はツレが泥つきらっきょうを買ってきましたので、ラジオを聴きながら、らっきょうの甘酢漬けを作りました。漬け汁となる酢、砂糖、塩、水を煮立たせ、冷ましている間にらっきょうの下拵え。水を張った洗い桶に入れてガシャガシャとこするように洗い、親指の腹を使って泥のついた皮を剥いていきます。

皮を剥くと、白くてきれいな肌が出てきてうっとり。猿になった気分で、狂ったように剥いていきますが、2kgもあると、剥いても剥いてもなくならず。ゲームが終わる頃に、ちょうど下拵えが終わり、漬け汁も冷めました。4Lの保存瓶にらっきょうと漬け汁を入れ、鷹の爪を入れて終了。美味しくできるかな。

時間は深夜となりましたが、日本は勝つし、生産性も高い(?)しで、満足して眠りにつきました。あとは梅だ。。。

み子ちゃんクッキー

私にとって第二の故郷とも言うべきは、現在暮らしている中野区。地域活動の洗礼を受けたのもこの地。学生時代も含めると20年を超え、生まれ育った故郷よりも暮らした年月が既に長くなりました。

今日のブログネタは、そのジモティな話題です。その名も「お菓子なみ子ちゃん

201005071005000

中野区が主催する「中野の逸品グランプリ2010」の最優秀逸品賞を受賞したクッキーです。神州一味噌の宮坂醸造が、国産大豆の普及活動の一環として開発したクッキーで、みそ味ときなこ味があります。名前のみ子ちゃんは、神州一味噌のキャラクター。

食べてみると、ほこっとして素朴な、懐かしい味。好き好きですが、私はきな粉のほうが好きかな。ひとつひとつがみ子ちゃんの顔で、なんともほのぼのとしたお菓子です。中野区内のセブンイレブンで販売とありますが、取り扱ってる店は少ない。でもさすがに、宮坂醸造の隣のセブンイレブンにはありました。

神州一って信州の会社じゃないのって思われるかもしれませんが、宮坂醸造の本社は意外なことに、中野区内、我が家の近所にあるのです。それで、ホームページを見ていて気がついたんですが、諏訪の日本酒「真澄」の蔵元は、同じグループなんだそうですよ。というか、そもそも1667年、上諏訪でお酒造りから始まった会社なんですと。

なんだ、クッキーもいいけど、真澄も近所で売ってくれればいいのにね、と思ったのでした。

水の都東京で桜を愛でる

早い早いといわれながら、寒い日が続いて、結局4月に見頃を迎えた今年の桜。母を連れて行くのに、隅田川沿いでおすすめのお花見スボットはどこ?とtwitterで尋ねると、水上から観るのがいいよとジモティも方からアドバイスをいただきました。そこで奮発して、憧れの屋形船に乗ってみることにしました。

201004041438000_2 手配したのは、中金という船宿。品川駅から第一京浜を海側に曲がり、旧目黒川を堰止めたところにあります。船宿の入り口から奥に入ると、裏側が運河に面して、堰を囲むようにして船宿が並びます。江戸情緒の風情があり、初めてなのに懐かしい感じがします。

201004041513000 中高年の団体やカップルなど約30人が同じ船に乗り込み、午後3時に出航。テーブルには美味しそうな料理がならび、よく冷えたビールが出てきました。早速乾杯し、卓に狭しと並んだお料理をつまみながら、運河の風景を眺めます。

201004041534000_3 船は、天王洲を右手に見ながら水上を左に曲がり、レインボーブリッジをくぐって、やがて隅田川をすいすいと上っていきます。水上から見るとどこを走っているかがよくわからず、あれはなんだ、これはどこだと、一生懸命考えました。その間も次々と橋をくぐりますが、それぞれの橋が色もデザインも個性的できれいなのに感心しました。

201004041559000 料理は十分に時間をとりながら、続いて揚げたての天麩羅が登場。まずは肉厚の海老。穴子、きす、さよりは江戸前でしょうか。いかとかぼちゃとししとうもあり、もうおなかいっぱいになったころ、メインステージの言問橋手前に到着しました。しばし川面でゆらゆらと、河岸の桜を愛でたり、東京スカイツリーを見上げたり。今日は思いのほか肌寒かったので、船の中から眺められたのは幸せでした。

201004041614000 201004041624000 201004041624001 201004041656000
5時になると舳先をターンして、再び隅田川を下っていきます。こうしてみると、川岸はどの地点もきれいに整備され、人々が犬を連れたり自転車に乗ったりして散歩しています。陸で生活していると見落としがちですが、東京は水辺の街であることがよくわかりました。

201004041731000 築地市場の前を通って天王洲に近づくころには日が沈み、夜景が浮かび上がるのも素敵です。今度は夜の屋形船で、お台場あたりをゆらゆらしたいな。水上交通機関の東京水辺ラインも近いうちに乗ってみよう。水の都、東京。新しい楽しみも見つけて、楽しい春の訪れを満喫しました。

ラ・ロシェルで雛祭り

Cimg0430_2 3月3日、今年は素敵なお雛祭りを過ごしました。フレンチの鉄人、ムッシュ坂井宏行がオーナーシェフを務める、La Rochell (ラ・ロシェル)で、NBCの女性会員の食事会です。

Cimg0440 La Rochelle 渋谷本店は、渋谷駅至近の渋谷クロスタワー32Fにあります。昔の東邦生命ビル、ですね。ワンフロア使ってゆったりとしたつくりで、東京の夜景がほしいままです。

ムッシュ坂井にもお出ましいただきましたが、経営者の集まりですから、経営の苦労や挑戦について少し話していただきました。青山に開店して30年、このビルに店を構えて25年。1980年代は、面白いようにお客さんが入った。しかし、バブルが崩壊してからは地獄だったそうです。

Cimg0425「高層ビルで窓が開かないから良かったようなものの、窓が開いたら飛び降りてたね。」笑いながら冗談のように話されますが、同時代に起業してますから、バブル前後の落差は実感としてわかります。もうだめだ、と思った最後の最後に頼った人に助けられたそうです。「人間あきらめるものじゃないね」。確かにそうですが、それもまたムッシュ坂井の人徳であり、運なのでしょう。

そして当時としては珍しかったレストラン・ウェディングスタイルを確立。ウェディングをあてこんだレストランが乱立し、淘汰されつつあるこの時代にも、La Rochelleはパーティの予約が1年半先まで埋まっているのだそうです。

そんなムッシュの一番の関心事は、世界の食材が、環境破壊などの影響でどんどん減ってきていること。幸いなことに、ムッシュの元には日本中の農家から、丹精こめて作った作物が集まってくるとのこと。日本国内には、まだまだすばらしい食材が活かされずに眠っている、地産地消を実践していきたい、とのことでした。

ムッシュ坂井の想いを聞いた後いただくお料理は、舌にも胃にも目にもやさしい品々。ゆったりとしたペースで、夜景を楽しみ会話を楽しみながら、お料理を堪能しました。家に帰ると娘が、なんでママだけ雛祭りなのよー、と怒ってましたが、ママにとっても雛祭りはお祭りなのだ。いつか何かの記念日で、家族で行きたいものです。

Cimg0434Cimg0444Cimg0446

春近し、ふきみそ

八百屋の店先に、たらの芽やふきのとうが顔を出しました。山菜が、一足先に春の訪れを告げています。早速ふきのとうを買って帰りました。

昨年ふきみそに開眼しました。日本酒のあてに、ひとなめふたなめしながらちびちびやると、お酒の旨味がいや増します。

昨年は味噌や砂糖、みりんの配分が定まらず、何度も挑戦し、居酒屋でも注文しました。不思議なことに、好きと思うと突然ふきのとうやふきみそが、身の回りに集まってくるのです。

今年最初のふきみそは、もうレシピも忘れてしまったので、Googleで検索してトッブに出てきた作り方を参考にしました。ふきのとうは3分茹でて水にさらす。味噌とみりんと砂糖と酒を煮立てて、細かく刻んたふきのとうを混ぜる、という簡単な料理。配分がいいようで、なかなか美味しく仕上がりました。

今日のお昼は、早速ふきみその焼きおにぎり。ふきのとうが苦手な娘は、ありがた迷惑のようでしたが。

今日の東京の天気予報は午後から雪。まだまだ寒さが続きますが、確実に春は近づいてますね。

五人つきのお餅

お正月ネタはこれで終わりにしますが、今年のお餅は新潟小千谷の東山杵つき餅保存会から取り寄せました。中越地震で大きなダメージを受けた、錦鯉の里です。

もともとは神事として行なわれていた伝統行事で、若者が五人で大きな臼を取り囲み、時計回りに回りながら間髪を入れずに餅をついていくのだそうです。しかも水を一切使わずにつくのだそうで、とてもコシの強いお餅です。

一昨年の4月、まだ地震の爪あとがあちこちに残る小千谷と山古志に行きました。養鯉業の再生を後押ししているN社のT社長に誘われて、NBCの仲間と視察に行ったのです。顧客になりそうにもない我々を、よくきたねと迎えてくれた当地のリーダーの方たちの温かさ。

そしてその地域では今年もち米が豊作で、たくさんお餅を着くから都会の人たちにも食べて欲しい、とT社長を通じて分けてくださいました。

8個入りを3袋買って母にも分けたので、ちょっと少な過ぎたかな、と思ったけれど食べてみたらとんでもない。1個がものすごいパワフル。粘りがあってお米の甘みのある、とても美味しいお餅でした。

これまで食べたお餅の中で最も美味しい、と家族にも大評判。これまでだって、そんなに悪いお餅は食べさせてないと思いますが、比べ物になりません。

昨年は、お米とお米を原料とする飲み物(つまり日本酒)にだけは、本当に恵まれたと思います。今年も、年の初めからお餅に感激し、お酒に感激し、そしてもちろん美味しいごはんにもありつけて、本当に幸せ。

お米の神様、今年もヨロシクおねがいします。一生懸命働きますよってに。

メリークリスマス!

クリスマスの夜、娘のリクエストに従って、丸の内のイルミネーション「光都東京・LIGHTPIA2009」を観に行きました。地球・環境・平和へのメッセージをこめたイベントで、今年で4回目になるんだそうです。

和田倉噴水公園では、キャンドルの周りの囲いの紙に、有名人や子供らが絵を書いた明かり絵が並べられて、荘厳な雰囲気をもたらしていました。

200912260932151また、皇居の周りの石垣は、白光LEDで飾られ、丸の内仲通りは生花とシャンパン色のLEDが華やかな美しさをもたらしていました。

和田倉公園のキャンドルは今夜まで、そのほかは29日(火)まで実施されているんだそうです。十数年前まで大手町で働いていた連れは、オフィス街の華麗な変貌に、隔世の感があると溜息をついていました。

そぞろ歩いた後は食事をしようと、丸の内ブリックスクエアに行きましたが、どこも満席。ようやく、沖縄風あるいは中華風居酒屋のTAMAに潜り込み、オリオンビールにふうちゃんぷるや、ジーマミ豆腐、腸詰などを食しました。

もうどこでもいいから、と入ったのであまり期待してなかったのですが、予想以上に美味しいしリーズナブルで満足。昨年のクリスマスは何してただろう。今年はなんだか穏やかに過ごしたのでした。

より以前の記事一覧

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ