生きるとは愛すること、思いやりと想像力と文化

なんど、半月ぶりのブログになってしまいました。具合でも悪くなったか、あるいは会社はだいじょうぶか、などご心配下さってる方もいるかもしれませんね。反省反省、元気です。

先週、社団法人関東ニュービジネス協議会の通常総会の記念講演で、瀬戸内寂聴さんのお話をうかがいました。高齢になられて、もうあまり講演はされていないと聞いていますので、貴重なチャンスと大変楽しみにしていました。

ご自身が書かれた遣唐使を題材にしたオペラが、ドイツで公演されたのを観てきたところなのよ、という寂聴先生は、とても88歳には見えません。背筋のしゃんと伸びた袈裟姿、張りのある明瞭な声、会場の空気を見ながら早口で喋る頭脳の明晰さ。すごいです。

「皆さん、死ぬことは恐いことではないですよ、隣の部屋のふすまを開けるくらいのことなんだから」と先生は言います。

「死んだら肉体は滅びるけれど、魂は愛する人の所に行きますよ。だから恐がることはない。私も死んだことはないから確かなことは言えないけれど。私が死んだら、極楽があるかないか確かめて、知らせてあげます。右の足の親指を引っ張ったら極楽はある、左の足の親指を引っ張った極楽はない。覚えてらっしゃいよ。。。」

とても軽妙洒脱な語り口に会場中が引きこまれ、お腹を抱えて笑いながら、直球が心の中にストンと落ちます。

「生きるということは愛すること。愛するとは、相手の気持ちを思いやること。思いやるには、想像力を鍛えなければなりません。そのためには、文化を高めなければならない」

これは経営者へのメッセージでありましょう。この国は今、大変な時期にある。あななたちがリスクをかけて動き出しなさい、と言われているような気がしました。

「常に挑戦の心を持ちなさい。挑戦した結果、成功しないかもしれないけど、それでも常に挑戦しなさい。心をワクワクドキドキさせること。感動しなくなったときから、年寄りになるのです」

講演そのものにワクワクドキドキした、すばらしい時間を頂戴いたしました。

歩け歩け~サムライブルーと神田明神

5月1日より、健康保険組合の「生活習慣病半減運動」に参加しています。貸与された万歩計を身につけて、3ヶ月間毎日1万歩をノルマにしています。仕事のある平日に1万歩はなかなか高いハードルです。そこで平均値を上げるために、GW中は1万5千歩を目標にしっかり歩きました。

この週末も、遠出は控えましたが都心を歩きました。土曜は新宿から青山一丁目まで歩け、歩け。新宿高島屋の横を通って、明治通りを北参堂で左折、JR総武線沿いに歩きます。途中、千駄ヶ谷駅の手前に、キリンがプロデュースする、「SAMURAI BLUE CAFE」を発見。W杯の応援をコンセプトとする、ガラス張りの気持ちの良いカフェです。

97406527_2 せっかくなので、ここで停泊。キリンですから、生ビールでしょ。スタッフのユニフォームも、日本チームのウェアです。おススメにより、応援セット(1000円)を注文。生ビールとナッツと応援キットのセットです。

応援キットは公式応援グッズのブルーリングと、ブルーの折り紙。折り紙は、メッセージを書いて日本チームのシンボルのやたがらすを折ります。やたがらすは、南アフリカまで連れて行ってくれるそうです。97412602_2

一杯飲んだら、神宮外苑の中を歩いて青山一丁目のオフィスまで。11時近くまで仕事をしましたが、土曜のオフィスは快適で、やるべきことを完了することができたので、日曜は心置きなく休むことにしました。

日曜は、神田祭りに出かけてみることに。銭形平次で有名な神田明神のお祭りです。時代小説を読んでいると、深川の富岡八幡宮、浅草の浅草寺と並んでよく出てくる神田明神ですが、じっくり着目したのは今回が初めて。

201005091551000 201005091555000

神田明神は、神田、日本橋から築地の魚市場まで、お江戸の中心地の総氏神様。730年より、大黒様やえびす様が祀られている由緒正しき神社です。さらに時を下って、1309年には平将門も祀られました。将門首塚を中心に天変地異が頻発したため、鎮守したといわれています。

201005091620000 今年のお祭りは、その将門公命奉斎700年のお祝いということで、将門塚保存会のお神輿も揃い踏み。4時ごろ、ちょうどそのお神輿が宮入するということで、境内で待ち受けました。担ぎ手は大手町のサラリーマンが中心というお神輿は豪華でスマート、さすが日本一のオフィス街のお御輿です。

本堂の前に到着したら、その場にあつまったわれわれ民もともに、頭を垂れて参拝し、神主のお祓い、実行委員長による一本締めなど。はからずも、参加しているような気分を味わえました。ビルの谷間の都心のお祭りは、境内も狭く露天も少なく、お祭りというにはとても品よく静かなものだっただけに、神様も手の届きそうなところにいそうな気がしました。

お神輿を見たあとは、新宿に向かって歩け歩け。御茶ノ水から水道橋、飯田橋を越えて市谷まで歩いたところで日が暮れてきたので電車に乗りました。これで、土日も15000歩は軽くクリア。さてさてこの調子を3ヶ月続けたら、なんかいいことあるでしょうかね。

ほったらかしで富士を眺める

年が明けてから、ずいぶんと心のゆとりのない日々をすごしました。例年のことですが、今年は特に、時間のなさを痛感しました。それだけ前向きに生きているからなのかもしれません。

今年は年初に、「頭と体と心を鍛える」という目標を掲げました。頭は、いろんな刺激を受けることで鍛えられると思います。からだは、taikoビクスを始めたので、文字通り鍛えています。心はどうやったら鍛えられるのだろう・・・。ずっと考えている毎日です。

先週イベントがひとつ終わったので、少し肩の荷が下りました。そこで、ひさしぶりに土曜日に家族で出かけることにしました。本当は泊りがけにしたいところですが、仕事が溜まっているし、犬のこともあるし。最初は練馬の「庭の湯」で一日のんびりしようかな、と思いましたが、外に出たらあまりに空が青いので、中央線に乗って山梨に向かうことにしました。

山梨に出かけるときはいつも、高尾乗換で各駅停車で向かいます。ゆったりしたペースで風景を眺めると、眼の細胞を通して、脳に自然が行き渡っていくような感じがします。頭の中の錆が、ポロリポロリと剥げていくようです。

山梨市駅で下車したら、タクシーでまっすぐ「ほったらかし温泉」へ。ほったらかし温泉には、「あっちの湯」と「こっちの湯」があり、多少眺めが違います。今回は、最初にできた「こっちの湯」に入ることにしました。

「こっちの湯」は富士山を真ん中に、右手に兜山、眼下に甲府盆地が見えます。富士山の真っ白な頂が、青空に映えて輝きます。どうしてこんなに美しいシルエットの山ができたのでしょう。富士山は、日本人の魂です。

最近はお互いに忙しくて、ゆっくり娘の話を聞く間もなかったので、久しぶりにいっしょに湯に浸かりながらたっぷりおしゃべりをしました。湯から上がったら展望テラスで富士を眺めながら、蒼龍の無ろ過ワインと焼き芋。

その後、電車で勝沼ぶどう郷に移動、勝沼町営の「ぶどうの丘」へ。家族のお気に入りは、レストランです。小高い丘の上にあるので、甲府市街を超えて遠く南アルプスの山並みまで見渡せます。

ワイングラスを傾けながら、山の端が夕陽に縁取られ赤く染まる様から、宝石をちりばめたような夜景に変わるまでを楽しみました。有機野菜のサラダ、鹿肉のソーセージ、馬肉のカルパッチョなど、素材の良いおつまみもグッドです。

食事が終わったら、今度は温泉の「天空の湯」。一日で二箇所の温泉に入るなんて、これまた贅沢な気分。下を見れば夜景の煌き、空を見れば星の煌き。からだじゅうがとろけそう。

ゆっくりお湯に浸かって、年明けからの疲れを癒したら、電車で愛犬の待つ家へ。夜更けて玄関を開けると、いったいみんなでどこ行ってたのよと、ポメがきゃんきゃん怒りながら纏わりついてきました。なんだか長いながーい一日でしたが、精気を養える小旅行でした。

心の余裕

ここのところ、時間がなくて、ブログがご無沙汰になってしまいました。ブログが空いてしまうと、生きてるかな、と心配してくださる方がいらっしゃいます。そういうときは次の3つのどれかです。

1)心身不調で、元気じゃない。
2)心は元気だけどブログを書くネタがない。
3)身は元気だけど、ブログを書く心の余裕がない。

ここのところのオサボリの原因は3)です。忙しいです。いいことも悪いこともいっぱいあって、頭の中がスパークしてます。落ち着けません。気が散って仕方がない。こういう時期は、本も読めません。目は字面を追っていても、内容が頭に入らないので、本を開くたびに、ページを遡ってめくることになります。

今気がかりなことは3つあります。

1)お手伝いしている「やまぐちビジネスマッチング2010」が成功するだろうか・・・ガラガラだったらどうしよう。気が気ではありません。

2)月末に引越しを控えている・・・フロアが変わるだけなので、レイアウトはほとんどそのままです。でも、少しだけ買い足さなくてはならない什器の手配が終わっていない!私が、自分でやる!と言い張ったからです。

3)景気の動向は仕事にどう影響がでるだろうか・・・わが社の決算は9月です。3月まではもうほとんど売上が見えていますが、昨年よりは多少の減少あり。ほとんどの業務が契約更新する4月以降は、いったいどうなるでしょうか。

ふうっ。考えていると家に帰ってる暇もない気がしますが、まだ考えてみれば1月。お正月です。

昨日は日本ニュービジネス協議会・関東ニュービジネス協議会共催の賀詞交換会でした。会場いっぱいに凄いたくさんの人が集まり、熱気に溢れました。(実際暑くて、汗が出ました。)

終了後、大先輩経営者に赤坂の料亭に連れて行ってもらいました。料亭といっても、併設の割烹で軽く頂戴しただけですが。踊りの名手の芸者さんが、お座敷の合間に挨拶に来られました。本物の芸者さんと同席するのは初めて。不躾ながらおことわりした上で、シゲシゲ見つめてしまいました。

私から見ても、お姐さんと呼ぶベテランの方で、艶やかさと貫禄と可愛さが同居する不思議さ。額縁に入れたらそのまま日本文化を体現!そして知的な会話のやりとり。うーん、おもてなし文化、学ぶべきものがあります。

私のビジネス上では、料亭で接待、なんて却って相手にご迷惑かかるのでありえないし、個人的に楽しむなんてもっとありえないし。なかなかに縁のない世界でありますが、先輩のコバンザメでよい経験をさせていただきました。

あけましておめでとうございます

2010年初ブログです。本日仕事始めの会社が多いようですが、わが社は今日は有給指定消化日にしているので、実質的には明日からの始業です。

今日は午前中ゆっくりして、午後から渋谷の法務局に立ち寄り、昼下がりに会社にやってきました。ひさしぶりに渋谷の公園通りを歩きましたが、思ったより人が少なかった。あちこち冬物バーゲン商戦中ですが、値段を下げてもあまり売れないのでしょうか。

私も例年福袋を買っているのですが、今年は買いませんでした。いつも期待しつつ開けてみると半分は不要なものだから、結果的にそう安いわけでもないのでは?いえいえきっと、本当に良い福袋は並ばなければ入手できないんでしょうね。そうまでして欲しいものもないし・・・。

今年の初詣は元旦に行きましたよ。まず近所の氷川神社に行ったら行列ができていて1時間待ち。日が暮れるので、近場は後回しにして電車に乗って、門前仲町に行きました。

まずは深川不動尊。成田山新勝寺の別院です。江戸は元禄時代、成田のお不動さんに参りたいという人々の熱意により、出張して開帳されたというのが由来のお寺です。1時間くらい並びましたが、門前のお店を眺めるだけでも楽しくて苦になりません。

次に、富岡八幡宮。この神社には、大鳥神社、鹿島神社、大黒社、恵比寿社、金刀比羅社、富士浅間社などたくさんの神社の末社があります。一度にたくさんの神さまが拝めて得した気分。ご本尊は応神天皇です。おみくじひいたら、大吉でした。

そして最後に、ご近所の氷川神社。大晦日に立ち寄ってみたら、ずいぶんきれいに整備され、新しい七福神も登場。不況のときは、神社が儲かる?今年は参拝客が多かったようです。

毎年初詣に行ってますが、元旦に三社参ったのは初めて。ご利益はあるかしら。今年の三が日は、初詣以外は家でおとなしくしていました。

さて、今年がいい年になりますように。皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。 

あと少しでハッピーニューイヤー

あと少しで2009年が終わろうとしています。

来年はどういう年になるでしょう。このまま時が止まってくれたら。

つらいことも悲しいことも知らずにいられるのに。でも、誰も時をとめることはできないから。

勇気をもって、新しいドアを開いて一歩を踏み出そう。

臆病で怠惰な私の背中を押してください。

今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

仕事納め・・・個人的にはまだ納まってません

昨日で、2009年の営業を終了いたしました。17時から、会議室に集まってささやかな納会。ネギトロ巻や鶏の唐揚、餃子など、近くで調達したものと、ビール、ワインで乾杯しました。

昨年の納会、一昨年の納会、と思い起こすと、あまり顔ぶれは変わっていません。でも、それぞれ公私共に変化があったことと思います。

私もいろいろありましたが、今年一番大きかったできごとは、手術をして健康体に戻ったことです。昨年や一昨年の今頃はひどい貧血で、青白い顔をして病院に通って鉄剤を注射してました。会う人ごとに色白ですね~と言われましたが、最近は血の気がもどって、もうすっかり色白な人ではなくなったようです。

やはり健康になって一番違うのは、やる気が出てきたということです。本当に申し訳ないことですが、体力がないときは、何事もなく時が過ぎ行くことのみを願っていました。

そういう意味ではここ数年は、残念ながらチャンスロスしたといえます。しかし、立ち止まった時間があったから、日々を大事に生きなくてはという思いが強くなったようにも思います。

来年は、厳しい年になりそうな気がします。でも、負けずにがんばるぞ。そのために、「体力」と「脳力」と「精神力」を鍛えます。どうやって鍛えるか、また来年、ブログで報告しますね。

今日は休みですが、まだ整理できていなかったここ1ヶ月の名刺を整理して年賀状を出すために出勤しました。年賀状は完了。あと、机の整理もしなければいけなかったんだけど、この後予定があって時間切れ、持ち越しです。あーあ、掃除はきらいです。

想像インフルと猿橋

先週は、「想像インフルエンザ」で1日休んでしまいました。別に、身近に患者が出たわけではないのですが。朝起きて、なんとなく体内に熱の玉みたいなのを感じ、頭痛もしてきたので、これから高熱が出るに違いない、と勝手に予測して出勤を控えました。

しかし結果はシロ。夕方には微熱でおさまり、頭痛もなおりました。アポイントメントを変更させていただいた方には申し訳なかったのですが、この時季ちょっとでもインフル?と思ったら、他人様にはお会いしないほうがいいと思ったので。

その前の週は出張も多く、不特定多数の人々と対峙する時間が多かったので、その間絶対にウィルス接しているに違いない、いやむしろ早くかかっておいたほうがいいんじゃないか、と思ったのです。微熱が出たと言うことは、実際ウィルスが体内に入ったけど退治して終わったのかもしれないし、いやいや、実のところは肝臓が燃焼していたのかもしれません。

とにかく、体力第一と考えるこの頃。週末も体力増強のためにお出かけ。といってもせいぜい1万歩の行動ですが、中央線大月駅のひとつ手前の猿橋駅まで足を伸ばしてみました。

200911151238000200911151237000 駅名にもなっている「猿橋」は、日本三奇橋のひとつと言われ、桂川の深い渓谷の上にかかるため橋げたを立てず、両岸から突き出した4層のはね板の上に渡した木の橋です。

その歴史は奈良時代まで遡り、百済から来た志羅呼という人が、猿の王が藤の蔓をするする登って断崖を渡るのを見て思いついた、という伝説が残っているそうです。

渓谷の紅葉の間に浮かぶ木の橋は美しく風情があり、安藤広重も「甲陽猿橋之図」という浮世絵を残しています。猿橋が落ちれば甲州街道200911151232000_3200911151233000_3が途切れるという重要なポイント。何百年もの間、大勢の旅人がこの橋から渓谷美を堪能したことでしょうね。   

米ぬか

定期購読している秋田の渡部勉さんのお米に、米ぬかが付いてきました。舐めてみると、甘くて美味しい。きなこのようです。洗い物や入浴に使うと、茶碗も肌もスベスベになりますが、今回は微生物農法で作った無農薬の新米のぬかですから、ちょっともったいない。

先週、友人と飲んでて、白米と玄米とどちらが美味しいか、と議論しました。私は白米派。白米の美味しさは手離せません、百歩譲っても発芽玄米まで。と言うと、彼は玄米のほうが歯ごたえがあって美味しい、といいます。そりゃあ慣れだよね。

まあ、玄米のほうが圧倒的に身体にいいのはわかるけど。美味しさをとるか、健康をとるか。そうだ、白米といっしょに米ぬかを食べればいいんじゃん。

というわけで、大根葉の残りとしらすと米ぬかでふりかけを作ってみました。油はつかいません。熱したフライパンでカラカラ煎って、仕上げに塩とゴマを少々。炊き立てのご飯にふりかけて食べました。香ばしく、口当たりも優しい。

それから、手作りの犬の餌にも、米ぬかを少し加えています。いつも肉野菜スープにご飯を加えたリゾットが基本。今朝は、それにトマトと米ぬかを加えました。調味料は入れません。はっきりいって、人間が食べても美味しいです。米ぬかをたすと甘みが出ます。

手作りの餌にしてから、元気になって毛艶もよくなりました。今度米ぬかを加えたら、どんな効果があるでしょう、楽しみ。

米ぬかは、いろんな料理に入れて使うことができるようです。古くならないうちにどんどん使おう。

紅葉にはまだ早かったですが

突然真冬が訪れたかのような寒い文化の日。でも、空は青空、そろそろ紅葉。私はここのところいろんなところに行きましたが、その間家族は悶々として、ずるーい、という声が上がっていたので、お出かけすることにしました。さてさて、どこに行こうかな。とはいえもう昼近くなってましたので、近場で高尾山に行くことにしました。

最近高尾山はブームですごい人、と聞いていたのでちょっと心配したのですが、寒かったこともあってか、まあまあの人出というところ。高尾山はいろんな登り方がありますが、今回はびわ滝コースと言われる6号路を登りました。

200911031254000 このルートは沢沿いに登る山道で、ずっとせせらぎを聞きながら歩きますので、マイナスイオンを身体中に浴びているような清らかな心地になります。途中、岩屋大師のびわ滝で一息。3.3km約90分で頂上に辿りつくコースです。

夏に手術を受ける前は、鉄欠乏製貧血で、傾斜のある道を10メートルも歩くと息が切れ、座り込んでしまう状態でした。高尾山に来ても、ケーブルカーで上り下りするだけ。体力だけは自信のある私がなんてことだろう、とりえがなくなったとと落ち込んだりしましたが、現在は貧血もすっかり癒えて、山道をスキップして登るほど元気です。

とはいえ、運動不足は否めず、最後の段々では足がよろよろに。さすが、バレーボールで鍛えている娘の足取りは軽く、敗北を認めざるを得ません。

頂上は、いろんなルートから登ってきた老若男女で賑わしい状態。紅葉にはまだ1~2週間かかりそう。遠くにくっきりと、富士の白峰。この冷え込みですっかり冬化粧ができあがった感があり、美しきかな。

そして、またまた天然キノコを購入。今朝とったから新しいよ、と老夫婦。くりたけとならたけを買って900円、ゆずをおまけに2個もらい、ご機嫌。今年はキノコに恵まれています。家に帰って早速キノコご飯を炊きました。

帰りは、薬王院の表参道1号路コース。このコースはずっと舗装してあり、結構急な勾配なので、膝にきます。下山する頃はすでに3時を過ぎて日も傾きかけて寒々としてきましたが、まだ登ってくる人たちがちらほら。高尾山口のおそばやさんで、ざるそばとおでんと岩魚酒を食べてハイキング終了。新宿まで熟睡して帰りました。

より以前の記事一覧

Twitter

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MyFavorite 

  • やまぐちビジネスマッチングin東京ブログ
無料ブログはココログ